恋、ちゃんと選んでいますか?意外に知らない恋愛の選び方、これからの「恋愛」の話をしよう。そんなあなたの恋のミカタ

 

意外に知らない恋愛の選び方

https://koinomikata.com/blog/20170912091350.html
一緒にいると落ち着く男のメリット13選

一緒にいると落ち着く男のメリット13選 | 恋のミカタ

恋のミカタ
一緒にいると落ち着く男のメリット13選

恋人にするならいっしょにいると落ち着く男性の方が良いでしょう。 ドキドキしずぎなくていい、ストレスが少ないなど、そのメリットについてまとめました。

  • ストレスが少ないから
  • 特にPMSや月経時は落ち着くような男性の方が害がないから
  • 喧嘩になりにくいから
  • 落ち込んだり悩んでいる時に傍にいるとほっとするから
  • いつもドキドキしてしまうのは神経や精神に悪いから
  • 一緒にいておだやかになれる男性の方が結婚に向いているから
  • 無理にデートをする必要がないから
  • ありのままの自分でいられるから
  • 恋に盲目的にならないから
  • 穏やかな気持ちでいられるから
  • 意見がぶつかることが少ないから
  • 現実的な思考ができるから
  • 恋が長続きしやすいから
  • まとめ

1. ストレスが少ないから

ストレスが少ないから

いつも騒がしく落ち着きのない人が恋人だと、ストレスになる場合も多いです。 いくら恋愛上手で、話し上手でも、そうしたせわしなさを嫌う女性はたくさんいます。 それよりも、一緒にいて落ちつける様な関係を選らぶ人も多いのです。

恋の刺激とは瞬間的で、持続的ではありません。 穏やかでストレスのない恋こそが、長続きし幸せになれる関係なのです。

2. 特にPMSや月経時は落ち着くような男性の方が害がないから

特にPMSや月経時は落ち着くような男性の方が害がないから

女性には毎月のバイオリズムがあります。 一緒にいて落ち着かないような相手だと、さらにイライラしてしまう場合もあります。

特に、PMS(月経前症候群)や月経が酷い時は、だるくて、イライラしやすくて、本当に辛い人もたくさんいます。 そんなに時に、そわそわ落ち着かない行動をしたり、声が大きかったり、刺激のある恋愛を求められたりしたら、彼女はうんざしてしまったり、ケンカになることも多いでしょう。 傍にいて、落ちつける男性の方が害がなくて済むことが多いのです。

3. 喧嘩になりにくいから

喧嘩になりにくいから

一緒にいて落ち着ける男性とは、ケンカになりにくいのも魅力言えるでしょう。 気持ちが落ち着くということは、心の刺や波も静まるということです。

心が躍るような恋も良いですが、心が動く分だけ疲れやすくもあり、角が立ったり、刺が出たり、波が立ったりと、お互いの想いがぶつかり、争いが起きやすいのです。 そうした苛立ちや諍いを避けたいのであれば、心穏やかになれる恋人を選ぶべきでしょう。

4. 落ち込んだり悩んでいる時に傍にいるとほっとするから

落ち込んだり悩んでいる時に傍にいるとほっとするから

自分が落ち込んだり、悩んでいたりする時に、穏やかな性格の男性が傍にいると、それだけで癒されることも多くあります。 言葉ではなく、空気や優しさに触れて、気持ちが落ち着くこともあります。 いるだけで、落ち着くパートナーというのは、とても大切な存在なのです。

5. いつもドキドキしてしまうのは神経や精神に悪いから

いつもドキドキしてしまうのは神経や精神に悪いから

刺激的な恋に溺れ、いつもドキドキしているということは、実は、体や心に大きな負担をかけている場合が多いのです。 心臓に負担を欠けたり、自律神経を狂わせたり、脳に刺激を与え過ぎたりと、すぎる快楽や刺激と言うのは、悪影響の方が大きいです。

もちろん恋愛をするなとはいいません。 しかし、刺激に慣れると、もっと大きな刺激を求めてしまうのが人間の常です。 こうした刺激に心身を傷つけられないように気をつけましょう。 だから、穏やかな恋の方が、体にも心にも優しいのです。

6. 一緒にいておだやかになれる男性の方が結婚に向いているから

一緒にいておだやかになれる男性の方が結婚に向いているから

一緒にいて、落ち着く、穏やかな気持ちになれるという相手は、結婚のパートナーにも向いているということです。 恋愛では、一緒にいる時間は限られ、お互いの生活のすべては見えません。

そして、結婚してからも、常にドキドキしていては、生活は成り立ちませんし、体にも負担がかかります。 穏やかな気持ちで過ごし、暮らせる相手こそが、最上のパートナーなのです。

7. 無理にデートをする必要がないから

無理にデートをする必要がないから

一緒にいるだけで落ち着く。 おだやかな気持ちで幸せになれる。 そのような場合は、無理に出かけたり、デートすることもなくなるでしょう。

デートに気負いせず、いつものように一緒にいられるだけで幸福を感じられるのですから、ストレスも少なく、浪費も減るでしょう。 現実的な関係であるとともに、疲労の少ないゆったりとした関係を結べるのです。

8. ありのままの自分でいられるから

ありのままの自分でいられるから

一緒にいて落ち着く彼の前では、自分を着飾ることをしないので気持ちが楽になれるでしょう。 メイクに気を使ったり、ファッションに悩んだり、変にかわいこぶったりと、無理をしているような恋は、自分にとって毒でしかないのです。

ありのままをさらけだしても受け入れてくれて、穏やかな気持ちになれる様な相手との方が、幸せな関係を続けることができるのです。 嘘や虚飾ばかりでは、自分を見失い、関係も崩壊してしまうでしょう。

9. 恋に盲目的にならないから

恋に盲目的にならないから

刺激的で、ドキドキするような恋と言うのは、盲目的になりやすいです。 冷静な判断力を失い、彼の悪い所も、「好きなんだから仕方ない」肯定してしまうこともあるでしょう。

あばたもえくぼとは言いますが、盲目が過ぎた恋は、依存的な関係になりやすく、お互いのためになりません。 心穏やかだからこそ、彼との関係や自分の人生について、落ち着いて思考し、判断することができるのです。

10. 穏やかな気持ちでいられるから

穏やかな気持ちでいられるから

つねに、穏やかな気持ちでいることはとても大切なことです。 自分の心や体にとっても、周囲にとっても、怒りや悲しみで荒んだ心は害にしかなりません。 そうした暗い恋しかできないのであれば、縁を切った方が良いのです。

逆に、穏やかでいられる相手というのは、とても貴重な存在です。 彼を大切にし、優しさや気配りを忘れないようにしましょう。

11. 意見がぶつかることが少ないから

意見がぶつかることが少ないから

一緒にいて、落ち着く相手と言うのは、それだけ、自分と相手の意見が衝突しない、あるいは意見が違っても、譲り合ったり、妥協できる関係と言えるでしょう。

お互いに意見をぶつけることは、時に大切なことですが、常にそうした衝突があると精神的に疲弊してしまうことが多いでしょう。 許しあったり、受け入れあえる仲こそが、継続するものなのです。

12. 現実的な思考ができるから

現実的な思考ができるから

一緒にいてもドキドキせず、穏やかにいられるということは、それだけ冷静に、現実的な思考ができる余裕があるということでもあります。

結婚について、生活について、仕事について、出産や育児についてなど、さまざま面で、落ち着いて話しあうことができるでしょう。 刺激的な恋ばかりに向かっていると、そうした現実面が見えず、結婚やその後の生活で問題が起きてしまうことも多いのです。

13. 恋が長続きしやすいから

恋が長続きしやすいから

刺激的な関係よりも、穏やかな関係の方が続きやすいです。 刺激というのは一瞬で終わってしまいますし、刺激の閾値が上がると共に、幸せの感度も下がってしまいます。 もっともっとと求めるあまり、泥沼な恋愛にハマってしまうこともあるでしょう。

逆に、一緒にいて落ち着く相手とは、恋愛から結婚へと発展しやすく、信頼の築かれた関係が長続きしやすいのです。 長いスパンでの幸福を求めるのであれば、穏やかな恋愛を選びましょう。

まとめ

一緒にいて、落ち着く男性との恋はたくさんのメリットがあります。 刺激が少なく、マンネリに感じてしまう場合もありますが、緩やかで長い幸せこそが、人にとって一番よい幸せなのです。

恋人にするならいっしょにいると落ち着く男性の方が良いでしょう。 ドキドキしずぎなくていい、ストレスが少ないなど、そのメリットについてまとめました。


ストレスが少ないから

いつも騒がしく落ち着きのない人が恋人だと、ストレスになる場合も多いです。 いくら恋愛上手で、話し上手でも、そうしたせわしなさを嫌う女性はたくさんいます。 それよりも、一緒にいて落ちつける様な関係を選らぶ人も多いのです。

恋の刺激とは瞬間的で、持続的ではありません。 穏やかでストレスのない恋こそが、長続きし幸せになれる関係なのです。

特にPMSや月経時は落ち着くような男性の方が害がないから

女性には毎月のバイオリズムがあります。 一緒にいて落ち着かないような相手だと、さらにイライラしてしまう場合もあります。

特に、PMS(月経前症候群)や月経が酷い時は、だるくて、イライラしやすくて、本当に辛い人もたくさんいます。 そんなに時に、そわそわ落ち着かない行動をしたり、声が大きかったり、刺激のある恋愛を求められたりしたら、彼女はうんざしてしまったり、ケンカになることも多いでしょう。 傍にいて、落ちつける男性の方が害がなくて済むことが多いのです。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!