恋、ちゃんと選んでいますか?意外に知らない恋愛の選び方、これからの「恋愛」の話をしよう。そんなあなたの恋のミカタ

 

意外に知らない恋愛の選び方

https://koinomikata.com/blog/20170908183633.html
連絡先を聞いてきたのに連絡しない男性の心理

連絡先を聞いてきたのに連絡しない男性の心理 | 恋のミカタ

恋のミカタ
連絡先を聞いてきたのに連絡しない男性の心理

みなさん、こんな経験はないでしょうか。

飲み会の席で、または職場のデスクで、連絡先を男性から聞かれて期待して家に帰ってきたのに待てど暮らせど連絡が来ない…。

連絡先聞いてきたくせになんで男性は連絡してこないのだろうか。

今回はクリスマスなどの冬のイベントに向けてお相手を見つけるべく、そんな男性の心理について挙げたいと思います。



  • よくよく考えたら好みではなかった。
  • 興味はなかったけど流れで聞いただけ。
  • 連絡するのが怖い。
  • 急に面倒くさくなってしまった。
  • 連絡先をなくしてしまった。
  • 実は彼女がおり、その彼女に連絡先の交換がばれてしまった。
  • 連絡したいが仕事が忙しく連絡する暇がない。
  • 他に気になる人がおり、その人との関係が好転した。
  • 共通の友人から良からぬ噂を聞いてしまった。
  • SNSで幻滅するような内容の投稿を見た。
  • 連絡した気でいた。
  • もう少し仲良くなってから連絡しようと思っている。
  • 普段から誰にでも連絡先を聞く。
  • まとめ

1. よくよく考えたら好みではなかった。

よくよく考えたら好みではなかった。

これはお酒の席などで多いのではないでしょうか。

アルコールも程よく入り、気分も高揚したタイミングで連絡先を聞いたものの、後からよく考えてみれば大して好みな感じではなかったというものです。

アルコールは人を惑わせる。

男性はアルコールが入り女性に手を出すハードルが下がるものです。

もしかしたら、それは男性だけでなく女性にも言えることなのかもしれませんね。

2. 興味はなかったけど流れで聞いただけ。

興味はなかったけど流れで聞いただけ。

合コンなどでよくある連絡先交換タイム。

正直、興味は一切ないけれど自分だけ聞かないのも感じが悪いし、流れでなんとなく…といったパターンですね。

男性からしても女性を気遣い、空気を読んだ優しさなのかもしれません。

3. 連絡するのが怖い。

連絡するのが怖い。

今の時代、「草食系男子」と呼ばれるような自分からはオフェンスしない男性が多いです。

もしかしたら、連絡したいけれど女性にいきなり連絡するという行為に後ろめたさを感じており、臆病になっているだけなのかもしれません。

見た目は肉食系でも、実は草食系だということもよくあるものです。

4. 急に面倒くさくなってしまった。

急に面倒くさくなってしまった。

これは、気まぐれでまるで猫のような男性に出会ってしまったときですね。

案外、連絡先を聞いたはいいものの連絡する手間が面倒だと後から感じる男性は多いのです。

そんな時は、自分から連絡してみるのも一つの手かもしれません。

5. 連絡先をなくしてしまった。

連絡先をなくしてしまった。

せっかく紙に書いてもらったのに、どこか外出中に紙をなくしてしまったというパターンです。

しかし、直接スマホで連絡先を交換したのであればこのパターンは当てはまりませんね。

こういう時は、連絡先を教えるだけでなく自分のも教えてお互いに交換しておくことが必要です。

6. 実は彼女がおり、その彼女に連絡先の交換がばれてしまった。

実は彼女がおり、その彼女に連絡先の交換がばれてしまった。

プレイボーイな遊び人相手の場合はこのパターンかもしれません。

男性はたまにほかの女性とのロマンスを楽しんでみたいという欲求にさいなまれることがあります。

自分以外の女性との連絡先交換を彼氏が勝手にしていると知った彼女がそのような行動に出るのは十分考えられます。

しかし、そんな男にはまるきっかけを摘んでもらったとプラスに考えたほうが今後の身を守るという点では良いでしょう。

7. 連絡したいが仕事が忙しく連絡する暇がない。

連絡したいが仕事が忙しく連絡する暇がない。

バリバリに仕事をしている男性であれば、連絡するのは仕事の取引先が一番で、プライベートは時間があるときで二の次だと考えるのかもしれません。

しかし、女性からしたら、期待させといて何よ、となりますね。

心を寛大にして待ってあげましょう。

8. 他に気になる人がおり、その人との関係が好転した。

他に気になる人がおり、その人との関係が好転した。

男性はだれか気になる女性にアプローチをかける際に、もし関係性が崩れてしまったら辛いと考えて別の人で保険をかけておくということがよくあります。

世間的にいうキープというものですね。

しかし、意中の女性とうまくいきそうとなったら、そのキープ枠だった女性は完全に眼中から排除されるのです。

何だか勝手な生き物ですね。

9. 共通の友人から良からぬ噂を聞いてしまった。

共通の友人から良からぬ噂を聞いてしまった。

いい人だと思って連絡先を聞いた後に、その人がどんな人なのかと情報収集しているうちに「あの子は性格悪いよー」であったり「あの子は軽い女だから気をつけたほうがいいよ」などと共通の友人からの話を耳にしたら、やっぱり連絡して近づくのはやめておこうと思ってしまいます。

日ごろからの振る舞いから気を付けていきたいものです。

10. SNSで幻滅するような内容の投稿を見た。

SNSで幻滅するような内容の投稿を見た。

今の時代、若い人のほとんどがTwitterやFacebookといったソーシャルネットワークを使っています。

気になった女性はSNSでエゴサーチしてみる男性は案外多いものです。

実際会ったらいい人だったけれど、裏ではこういう感じなのかと思ってしまい連絡する気が失せてしまうこともあるのです。

普段からの投稿はよく考えてするようにしましょう。

11. 連絡した気でいた。

連絡した気でいた。

自分では連絡したつもりでも実はできていなかったというものです。

忙しい人にはよくあることかと思います。

男性も返事を待っているのに全然来ないなと思っていることもあります。

12. もう少し仲良くなってから連絡しようと思っている。

もう少し仲良くなってから連絡しようと思っている。

やはり、職場などで話すのと個人的に連絡するのではハードルが全然違うものです。

いざ、連絡してみて気まずい雰囲気になったら嫌だと思い、もう少し直接会って話して距離を縮めてから仲良くなり、連絡しようと思っているのです。

13. 普段から誰にでも連絡先を聞く。

普段から誰にでも連絡先を聞く。

人とコミュニケーションをとるのが好きな人、普段営業職として勤めている人は特に何も意識せずに連絡先を交換するのです。

数を打てばいつか当たるだろうという考えの一発に過ぎなかったのかもしれませんね。

まとめ

やはり、女性としては連絡先を聞かれたら、「あれ、もしかして私のこと気になってるのかな」と考えてしまうものですよね。

しかし、男性にとって女性に比べて連絡先の交換というものはもっと気軽に、フランクでいいじゃないかと思っているのです。

あまり期待をしないほうがいいというのは無理がありますが、男性と女性は連絡先の交換という行為への捉え方が異なるという意識を持っていおけば、連絡が来なくて待っているときも楽な気分でいられるのではないでしょうか。

もし、どうしても気になって連絡が待てなくなったら女性のほうから連絡をしてみるというのも一つの手です。


この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!