恋、ちゃんと選んでいますか?意外に知らない恋愛の選び方、これからの「恋愛」の話をしよう。そんなあなたの恋のミカタ

 

意外に知らない恋愛の選び方

https://koinomikata.com/blog/20170905135614.html
すぐ遠慮する人の心理

すぐ遠慮する人の心理 | 恋のミカタ

恋のミカタ
すぐ遠慮する人の心理

すぐ遠慮する人の性格や心理を13選まとめました。



  • 自分に自信がない
  • 申し訳ない気持ちが強い
  • 親から教わっている
  • 人と関わりたくない
  • 一人で抱え込む
  • 自分に厳しい
  • 相手のことを優先してしまう
  • 我慢強い
  • 迷惑をかけてしまうと考えている
  • 空気が読めない
  • 謙虚な人というアピールをしたい
  • お返しをしたくない
  • まじめな性格
  • まとめ

1. 自分に自信がない

自分に自信がない

自分に自信がない人はよく遠慮する傾向があります。

自分なんかよりもという考えから遠慮してしまうのでしょう。

遠慮するということは時に相手を不快な気持ちにさせてしまいます。

なので、あまり遠慮するというのはよくはありません。

時には素直に受け取ったりするようにしましょう。

そこから仲良くなることもあります。

2. 申し訳ない気持ちが強い

申し訳ない気持ちが強い

申し訳ないという気持ちが強い人は基本遠慮しがちな人が多いです。

こういった人はわざわざ自分なんかにという考えを持っている場合があるため、十分気を付けるようにしましょう。

申し訳なく思う気持ちはとても大切なことです。

ですが、あまり思いすぎるのはよくありません。

思いすぎることで相手に不愉快な気持ちにさせるだけでなく自分のストレスになってしまう場合もあります。

少し気楽に考えることも大切です。

3. 親から教わっている

親から教わっている

小さいころから親に遠慮するように言われている人は、大人になっても遠慮してしまう人が多いです。

小さいころから教わっているだけあってこういった癖はなかなかすぐに直るものではありません。

なので、時間をかけて直していきましょう。

遠慮しすぎるのもよくはないのです。

4. 人と関わりたくない

人と関わりたくない

人と関わるのが嫌いな人は、何でもかんでも遠慮する傾向が見られます。

人と関わりたくないと思っている人は社会で生きていくことはできません。

社会人になればいやでも人と関わらなければいけません。

なので、人と関わらないということは絶対にできないのです。

また、社会に出れば遠慮する場面遠慮してはいけない場面を見極めなくてはいけないことがあります。

なので、すぐに遠慮するという癖は絶対になくすようにしましょう。

そうしなければ社会人としてやっていくことは難しいと考えてもよいでしょう。

社会人としてやっていきたいと考えているのであれば、まずは人と話をするところから始めていくようにしましょう。

5. 一人で抱え込む

一人で抱え込む

何でもかんでも一人で抱え込んでしまう人はすぐ遠慮してしまう傾向があります。

自分で解決しなければいけないから相手に頼ってはいけないという考えから、相手が手伝おうかと聞かれても遠慮してしまう人がいるのだと考えられます。

人の好意は素直に受けるようにしましょう。

遠慮しすぎるというのは時に相手を傷つけてしまいます。

なので、十分気を付けるように普段から心がけるようにしましょう。

6. 自分に厳しい

自分に厳しい

自分に厳しい人は人に甘えることを嫌う傾向があります。

そのため、手伝いなどを遠慮する人が多いです。

こういった人には何を言っても無駄です。

自分が間違っているということに気づくまでほっといてあげましょう。

7. 相手のことを優先してしまう

相手のことを優先してしまう

相手のことを優先する人はお礼に手伝うといっても遠慮する人が多い傾向があります。

そのため、何でもかんでも一人で抱え込んでしまうことがあります。

何でもかんでも一人で抱え込むことは避けましょう。

一人で抱え込んでしまうと自分自身が後から苦しい思いをします。

それだけでなく手伝うと言ってくれた人にも苦しい思いをさせてしまう可能性もあります。

十分気を付けるようにしましょう。

8. 我慢強い

我慢強い

すぐ遠慮する人は我慢強いことがあります。

何でもかんでも我慢してしまい、人の好意も遠慮してしまうことがあります。

社会に出れば確かに我慢しなければいけないことがたくさんあります。

ですが、我慢のし過ぎは自分の体を壊してしまう可能性が非常に高いです。

我慢のし過ぎには十分気を付けるようにしましょう。

9. 迷惑をかけてしまうと考えている

迷惑をかけてしまうと考えている

遠慮しなければ相手に迷惑をかけてしまうと考えている人も中にはいます。

はっきり言ってこういう考えをされると相手が迷惑をしてしまうのです。

相手は好意でやっているのに、何度も何度も遠慮されてしまうと傷つきます。

遠慮されるほうが迷惑と考えている人も大勢いるのです。

なので、遠慮しなければいけない時とそうでないときの区別をきちんとつけられるようにしましょう。

そのためにもまずは迷惑をかけてしまうという考えを変えるようにしましょう。

10. 空気が読めない

空気が読めない

空気が読めない人は、遠慮しなければいけない時とそうでないときの区別を理解していない人が多いです。

この区別がきちんとできていないと社会人として生きていくことは困難でしょう。

今からでも遅くはないのでまずは空気を読めるようになりましょう。

11. 謙虚な人というアピールをしたい

謙虚な人というアピールをしたい

遠慮することで相手にこの人は謙虚な人だなというアピールをしている可能性があります。

ですが、遠慮しすぎるのもよくはないのです。

特に相手がまだ話をしているのにすぐに遠慮してしまうと相手はいい気持ちはしません。

十分気を付けましょう。

12. お返しをしたくない

お返しをしたくない

プレゼントを渡されてしまうとお返しをしなければいけないと考えてしまい、遠慮してしまう人が中にはいます。

要は少しケチな思考を持っている人に見られるといってもいいでしょう。

相手の気持ちを踏みにじってしまう場合もあるのでこういったけち臭い考えをするのは控えるようにしましょう。

相手の気持ちのことをきちんと考えるようにしましょう。

13. まじめな性格

まじめな性格

まじめな人は基本遠慮する人が多いです。

ですが、何度も言うように時には遠慮してはいけないことだってあります。

そこをきちんと理解しなければ社会で生きていくのは難しいです。

社会人は遠慮しなければいけないことのほうが多いですが、遠慮したせいで相手に不快な思いをさせてしまう恐れだってあります。

なので、きちんと相手の話を最後まで聞いてから遠慮するかどうかの判断をするようにしましょう。

じっくり考えることが大切なのです。

まとめ

すぐ遠慮する人は相手に迷惑をかけてしまうと考えている人が多いですが、その考えは少し危険です。

相手はあなたに好意をもっている可能性だってあります。

そこで、すぐに遠慮してしまうと感じが悪いと相手に思われてしまうことだってあります。

その結果、孤立してしまう恐れがあります。

社会に出て孤立してしまうととても苦労します。

社会人は必ずコミュニケーションをとらなければいけません。

なので、孤立してしまうと社会で生きていくことが難しくなってしまう恐れがあります。

最後まで相手の話を聞いてから決めるようにしましょう。

すぐ遠慮する癖はなくすようにしましょう。


この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!