恋、ちゃんと選んでいますか?意外に知らない恋愛の選び方、これからの「恋愛」の話をしよう。そんなあなたの恋のミカタ

 

意外に知らない恋愛の選び方

https://koinomikata.com/blog/20170826153631.html
野球のセンスのある人に共通する8の特徴

野球のセンスのある人に共通する8の特徴 | 恋のミカタ

恋のミカタ
野球のセンスのある人に共通する8の特徴

ボールとの距離感をつかみやすい、下半身がしっかりしているなどの、野球のセンスのある人の特徴についてまとめました。



  • 動体視力にすぐれている
  • 下半身がしっかりしている
  • 肩から背中周りにかけて柔軟性にすぐれている
  • 器用である
  • 頭が良い
  • 体力がある
  • 握力がある
  • 足が速い

1. 動体視力にすぐれている

動体視力にすぐれている

野球のセンスがある人は、動体視力にすぐれいます。 守備にしろ打撃にしろ、動いているボールを正確に捉えなければ、上手く扱うことはできません。 守備の時は最短距離で、ボールが転がる地点を予測し動かなければなりません。

打撃の時は、ボールの速度はもちろんのこと、ゾーンや変化なども見極めて打たなければなりません。 そうした視力と共に、ボールの動きを予測する力や経験値も必要なのです。

2. 下半身がしっかりしている

下半身がしっかりしている

下半身がしっかりしている人は野球のセンスがあります。 特に打つ場合は、腰からお尻にかけて筋肉を増強し鍛える必要があります。 ある程度なら太ることもアスリートには大切なのです。 もちろん贅肉ではなく、筋肉を増やす努力をしなければなりません。

たくさん食べてたくさん動くことが必要でしょう。 プロの選手は腰回りから、お尻、太ももにかけてががっしりしています。 反面、ふくらはぎはほっそりとしていることが多いです。 打つための筋力作りをしているからなのです。

3. 肩から背中周りにかけて柔軟性にすぐれている

肩から背中周りにかけて柔軟性にすぐれている

野球のセンスがある人は、柔軟性にすぐれています。 特に、肩から背中周りの筋肉が柔軟であると、ケガをしくく、良いボールを投げやすくなります。

いくら力があっても、肩周りが硬いと力みやすくなり、思うようにボールに力を伝道することができません。 思わぬ暴投や失投、悪送球などに繋がるでしょう。 特にピッチャーはこの柔らかさが必要で、さらに長い腕のしなりもあると効果的です。

4. 器用である

器用である

野球は様々な道具を使うスポーツです。 ある程度器用さがなければ、野球をすることはできないでしょう。

ボールを握って投げる、グローブでボールを獲る、バットでボールを打つ、など基本的な動作は全て道具が必要です。 バットコントロールや、ピッチングコントロール長けた人がセンスがあると言えるでしょう。

5. 頭が良い

頭が良い

野球をするには、頭の良さが必要です。 単に座学で、知識があるだけでは意味がありません。 学校の成績が良くても、野球が上手く結果が出せない人も多くいます。 いかにルールを理解し、利用するか、状況に応じてどう作戦を練り、どう動くか、とっさの判断ができ、行動できるか、など多くの分野に渡って脳を使うスポーツが野球なのです。

通り一辺の作戦では負けてしまうでしょう。 特にキャッチャーや監督はそうした立案力が必要ですが、他の野手や投手も、考えて行動ができなければ、ゲームを作ることはできません。

6. 体力がある

体力がある

野球のセンスを生かすには体力が必要です。 いくら技術力やセンスにすぐれていても、体力がなければ生かしきることはできません。

トレーニングを積まなければケガをしやすくなりますし、多くの練習をしなければ技や経験、思考は身に付かず、実践では役に立たないでしょう。 たくさんのキツイトレーニングや練習に耐えられる体があることもまた、才能の1つなのです。

7. 握力がある

握力がある

野球をする時は、ある程度握力が必要です。 バッティングは握力と言うよりも、バットスイング時の腕力や、柔軟性、下半身の力など方が必要です。 しかし、ピッチングの時は握力が大いに必要になります。

ボールの速さや変化をコントロールする時は、さまざまな握り方をしなければなりません。 その時に握力や指の力弱いと、思うようにボールを操ることができなくなるのです。 手が大きいこともまた、大切でしょう。

8. 足が速い

野球をする時は、足の速さも大切です。 単に短距離走が得意なだけでは足りません。 ベースランニングをいかに早く、的確に行い、次の塁を狙える人が、野球には必要なのです。 盗塁をする時は、速さだけではなく、投手や、捕手のクセや思考を読み、味方のバッターとも連携しながら成功させなければなりません。 そうした走塁技術や走塁センスに優れた人が重宝されるのです。

野球にはさまざまな能力が必要です。 センスはもちろん大切ですが、最終的に必要なのは、練習に耐えられる体作りをすることです。 どんなに上手くても、ケガをしてしまえばおしまいです。 頑丈な体であることもまた才能であり、努力し続けられることが、最高の能力なのです。


この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!