恋、ちゃんと選んでいますか?意外に知らない恋愛の選び方、これからの「恋愛」の話をしよう。そんなあなたの恋のミカタ

 

意外に知らない恋愛の選び方

https://koinomikata.com/blog/20170825144641.html
彼女がいるのにボディタッチする男性心理7選

彼女がいるのにボディタッチする男性心理7選 | 恋のミカタ

恋のミカタ
彼女がいるのにボディタッチする男性心理7選

彼女がいるのに、ほかの女性にボディタッチする男性って一体何を考えているのでしょう。 女性からしたらちょっと戸惑ってしまいます。 それではそんな男性の心理を見ていきましょう。



  • 単純に好意はある
  • 友達感覚で浮気心からではない
  • 彼女がいるという余裕から
  • 女性慣れしているように見せたい
  • 彼女と上手くいっていない
  • つい触れたくなってしまう
  • 浮気しようと狙っている
  • まとめ

1. 単純に好意はある

単純に好意はある

彼女がいるのに他の子に気軽にボディタッチをするのは、その相手の女性に単純に好意はあるからです。 男性だって好きではない女性の近くに寄りたくはありませんし話もしたくないものです。

ボディタッチができるということは生理的に無理ではない、単純に人としての好意はあると思って良いでしょう。

2. 友達感覚で浮気心からではない

友達感覚で浮気心からではない

ボディタッチを日頃からし慣れている人というのは実は挨拶みたいなものだったりします。 何気なく相手の体に触れる人って男女問わずいます。

特にスポーツなど楽しむタイプはハイタッチやハグなどは深い意味はありませんし、当然浮気心からではないといえるでしょう。 みんなの前で堂々とボディタッチするのであれば友達感覚からくるものと判断できます。

3. 彼女がいるという余裕から

彼女がいるという余裕から

彼女ができたことで男性としての自信がついてくるタイプ、彼女がいるから~、奥さんがいるから~とそれとなく話す人に多いです。

彼女がいるという余裕からつい他の女性とも気軽に話したり、ボディタッチしたりとできるようになるのです。 下心からではない、自分には彼女がいるからという思いがあります。

4. 女性慣れしているように見せたい

女性慣れしているように見せたい

男性とはカッコつけたい生き物です。 さりげなく女性に触れたりするのはいかにも女性の扱いに慣れている男性のようで本人が満足しているだけだったりします。

彼女がいるのに他の女性の肩や背中にさらりと手を添えるようなタイプです。 気軽にボディタッチできる自分がカッコいいとうぬぼれているところもあります。

5. 彼女と上手くいっていない

彼女と上手くいっていない

彼女がいるのに他の女性に必要以上にボディタッチが多い男性、彼女と上手くいっていない、疎遠になっているという可能性もあるでしょう。

また長くつきあっているとだんだんお互いが冷めてくるということもあって触れ合いがなくなることもあります。 そうしますと、どうしても他の異性に興味が移るのはこれは男女共に仕方ないことなのです。

6. つい触れたくなってしまう

つい触れたくなってしまう

彼女がいるのにボディタッチする男性心理につい触れたくなってしまった、無意識のうちに手が動いていたというものもあります。

そんな馬鹿なことと女性は思うかもしれませんが、男性はそういうところがあります。 魅力的だから、寂しかったから、何となくボディタッチしてしまうことはあります。 本人にも親しみなのか下心なのかよくわかっていない場合が多いのです。

7. 浮気しようと狙っている

浮気しようと狙っている

彼女がいて上手くいっている様子なのにボディタッチしてくる男性心理、ちょっと怪しいのが下心からという場合です。

ボディタッチして嫌がる様子があるかないか見極めていて、いけそうかどうかチェックしているのです。 またはボディタッチ自体がちょっとした浮気感覚ということもあります。 二人きりになると多くなる場合は要注意です。

まとめ

以上が彼女がいるのにボディタッチする男性心理7選の紹介でした。 彼女がいるのにどうして他の女性にボディタッチするのだろうと女性からしたら戸惑うわけですが、男性心理としては彼女がいてもいなくても下心というのは常にあるものなのです。 彼女と別れることはないけど安定していてちょっと物足りないという男性、浮気心が芽生えた男性もボディタッチをする場合が多いです。

もちろん浮気心がなく友達感覚の場合もありますので一概に決めつけはできません。 いずれにしても共通するのは「嫌いではないこと」でしょう。 嫌いなタイプの女性にわざわざボディタッチする意味はありません。


この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!