恋、ちゃんと選んでいますか?意外に知らない恋愛の選び方、これからの「恋愛」の話をしよう。そんなあなたの恋のミカタ

 

意外に知らない恋愛の選び方

https://koinomikata.com/blog/20170820160419.html
人の彼氏を取る女の心理7選

人の彼氏を取る女の心理7選 | 恋のミカタ

恋のミカタ
人の彼氏を取る女の心理7選

人の彼氏を取る女の心理を7選まとめました。



  • 嫉妬対象の彼氏を取ることで自己満足する
  • 身近な相手の彼氏を取ると高揚感がある
  • 自己評価が低くコンプレックスの塊
  • いつも興奮していたい刺激型
  • 子供のまま大人になったタイプ
  • ドラマの主人公に憧れる
  • 破滅願望が強く、自己破壊したい

1. 嫉妬対象の彼氏を取ることで自己満足する

嫉妬対象の彼氏を取ることで自己満足する

女性の敵は女性といいます。 自分が勝てない、でも勝ちたいと思う相手の大切な人、すなわち彼氏を奪うことで、自己満足する女性がいます。 この場合、本当に奪い取った彼氏が好きなわけではないので手に入れると満足して、簡単に手放す可能性もあります。

嫉妬対象の女性が苦しむ姿をみれば、それで満たされていくのです。 人の彼氏を取る女性で、もっとも多いのがこのタイプの女性とも言えます。

2. 身近な相手の彼氏を取ると高揚感がある

身近な相手の彼氏を取ると高揚感がある

例えば、姉の恋人であるとか、親友の恋人など、自分にとって身近な相手の彼氏にしか愛情を持てない女性もいます。

ほかにも沢山、男性がいるのに身近な相手にしか思いを傾けられないそんな屈折した女性の心理は、「高揚感が欲しいから」に尽きます。 背徳的な行為をしていると気持ちがだんだんと高まっていくのです。 抑えられない感情の昂ぶりは性的興奮にも似ているようで、動物的本能が発達した女性に多いです。

3. 自己評価が低くコンプレックスの塊

自己評価が低くコンプレックスの塊

傍から見たわまったく分からないのですが、コンプレックスの塊という女性にも注意です。 自分の劣等感に雁字搦めになっている女性は、そのコンプレックスを払拭したいが為に、人の彼氏を取り、自分が価値ある人間であると思い込みたいのです。

自己評価が低く、普段卑屈にも思えるのに突然自分の彼氏を奪った・・まさかあの女が?というパターンです。 上目遣いに彼氏を品定めする地味な女性には気をつけましょう。

4. いつも興奮していたい刺激型

いつも興奮していたい刺激型

退屈な毎日に嫌気がさして、刺激的なものに飢えている女性。 富裕層のマダムなどに多いですがこうした女性は、興奮を求めていますので、不道徳感に酔いしれたい願望があります。

誰かのものを自分のものにしたとき、相手の女性はどんな顔をするだろう?このような刺激に飲み込まれている、欲求不満型の女性は意外にも上品な立ち振る舞いの女性に多いのが特徴です。 物は全て持っているから、人の心を弄びたいという心理です。

5. 子供のまま大人になったタイプ

子供のまま大人になったタイプ

無邪気なのかなんなのか、欲しいものは欲しい。 この真っ直ぐな気持ち。 純粋とも言える気持ちを持つ女性は、平気で人のものを取っても平然としています。

小さな子供が、友達のおもちゃに関心を示し奪い取り喜んでいる姿を想像してもらえればいいと思います。 天然系の女性に多いのでピュアに見える女性こそ、危険をはらんでいるのかもしれません。 本人に罪悪感はその時点ではあまりありません。 そこも恐ろしいところです。

6. ドラマの主人公に憧れる

ドラマの主人公に憧れる

世の中「ゲス不倫」などと不倫が処罰される風潮ですが、それでも不倫ドラマが流行るのはそこにニーズがあるからではないでしょうか。 ドラマが好きで、ドラマに影響されやすい特に主婦層は別に現状に不満などないにもかかわらず、不倫に走る傾向があります。

または、ドラマ好きの二十代独身女性も、乾いた心をドラマで満たし、気付けば人の彼に興味津々なんてこともあります。 現実と虚構の区別がつきにくい、感受性の強い女性に多いです。

7. 破滅願望が強く、自己破壊したい

文豪など文学肌の人に多いのですが、自分を破壊したい。 破天荒に生きたい。 波乱万丈に満ちた恋がしたいと思う人もいます。 太宰治タイプです。

人生を勝手に難しくしているのは自分なのに悪いことをして、最後は自分をも壊してしまいたい・・そんな女性は人の彼氏を奪う素養が高いと見ていいでしょう。 悪いと分かってやっているので、始末に負えません。 けれど、聡明な人が多いのも事実なので、倫理観を言い含めれば、あっさり気持ちを切り替えられる理性も持ち合わせています。


この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!