恋、ちゃんと選んでいますか?意外に知らない恋愛の選び方、これからの「恋愛」の話をしよう。そんなあなたの恋のミカタ

 

意外に知らない恋愛の選び方

https://koinomikata.com/blog/20170820130708.html
彼女に束縛されたいと思う心理

彼女に束縛されたいと思う心理 | 恋のミカタ

恋のミカタ
彼女に束縛されたいと思う心理

彼女に束縛されたいと思う心理を8選まとめました。



  • 極度の寂しがり屋
  • 自分に自信がない。
  • 自分だけを見て欲しい
  • 愛されていると言う実感が欲しい
  • 自分も束縛したい
  • 女性思考
  • エムの素質
  • 彼女に束縛されていると、人に言いたい

恋愛において、束縛されたいと言う男性の方は非常に少数であると思います。 しかし、中には束縛されたいと言う想いを持っている男性もいます。 では彼らの心理はどういうものなのでしょうか。 8つのパターンを挙げてみたいと思います。

1. 極度の寂しがり屋

極度の寂しがり屋

おそらく愛情に飢えているのではないかと思います。 人は幼少期から、親からは束縛を少しでも受けています。 それは人からの愛情を信じる心も培います。 しかしそれが足りていないと愛情を感じられず、極度の寂しがり屋になってしまいます。 彼は幼少期に充分なに愛情を注いでもらっていなかったのではないでしょうか。

2. 自分に自信がない。

自分に自信がない。

例えば彼女に長年の片思いをして行ってやっと実った恋であったり、自分自身が彼女に不釣り合いだと思っていたりすることが原因に挙げられます。 自分を愛していると言うわかりやすい行動として、束縛という形を望み、彼女からしてもらいたいと思っているのかもしれません。

3. 自分だけを見て欲しい

自分だけを見て欲しい

独占欲が強く、彼女に自分だけを見てほしいと思っている場合があります。 一般的に独占欲が強い男性は彼女を束縛すると言う傾向にありますが、性格的にすることができないと言う男性もいます。 その場合は彼女から逆に束縛してもらうことで、彼女が自分だけのものと言う独占欲を満たす手段にしているのかもしれません。

4. 愛されていると言う実感が欲しい

愛されていると言う実感が欲しい

愛していると言う言葉で言ってもなかなか伝わらない感情は、何らかの形にしなければ実感することができません。 そこで彼女からの束縛を受けることで、自分は愛されていると言う安心感を得たいと言う心理が働きます。

5. 自分も束縛したい

自分も束縛したい

自分も束縛する代わりに、彼女からの束縛も欲しがる男性がいます。 また、自分が束縛してしまうと、自分自身が余裕がないように見えるということで、そのプライドを崩さない為にも逆に束縛されることで安心するということも考えられます。

更に、彼女から言われないでも女性と遊びに行かないなどというような、自分自身に束縛をかけてしまう男性もいます。 こういったタイプには真面目で、曲がったことが許せないタイプに多いでしょう。

6. 女性思考

女性思考

女性にはよく、男性にからは少し束縛して欲しいと言う方がよくいます。 それは自己愛という心理から、相手にもも同じものを要求します。

自分だけを好きであるべきといった欲求や、自分だけを見ていて当然であるなどという決めつけは我儘な考え方ですが、裏を返せば自分のことを大好きなのです。 女性は共感を求める動物です。 なので相手にも自分のことを好きだという共感を求めたいのです。

7. エムの素質

エムの素質

エムの素質を持つ男性は、自虐的で、相手にいじめられたいと言う感情を持ちます。 また、相手の欲求を満たし、尽くすと言うことに精神的な喜びを感じます。

なので、彼女から束縛されると言う事は、彼女に尽くし、また、彼女にいじられていると言う快感を持ちます。 こういった感覚を持つ方は、少し変態的で、個性的な方に多いでしょう。

8. 彼女に束縛されていると、人に言いたい

男性は、束縛していると言うことよりも、彼女から束縛されていると言うほうが男性の価値を上げます。 束縛する男性は、DVなどの暴力的な要素もあると言われているので、あまりイメージが良くありません。

逆に、彼女からの束縛は、彼女からこんなに愛されている、自分より彼女からの愛情の方が強いなど、モテる男性像を築き上げます。 よって、友達や親戚に話す際、彼女の束縛が厳しいんだと言う話をするのを好きな男性も多いと思います。


この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!