恋、ちゃんと選んでいますか?意外に知らない恋愛の選び方、これからの「恋愛」の話をしよう。そんなあなたの恋のミカタ

 

意外に知らない恋愛の選び方

https://koinomikata.com/blog/20170819155715.html
すぐ指図してくる人の心理

すぐ指図してくる人の心理 | 恋のミカタ

恋のミカタ
すぐ指図してくる人の心理

すぐ指図してくる人の心理を10選まとめてみました。



  • 自己中心的
  • 自分に自信がある
  • プライドが高い
  • 自分に自信がない
  • 小心者
  • 感謝の気持ちがない
  • 上下関係に厳しい
  • 使命感がある
  • 注目を集めたい
  • モラハラ

1. 自己中心的

自己中心的

指図をしてくる人の大半は、自己顕示欲が強く、相手のことを考えない自己中心的な言動をとります。

また、もたもたとしている人がいる場合には、自分が人を動かしているということに優越感を抱くため、上から目線で指図を出してきます。

これは、自分が指示をすることで、周囲に偉そうな態度をとって優越感に浸り、自分のストレスを解消しているだけにすぎません。

こういった人は、基本的には人を褒めることがありません。

2. 自分に自信がある

自分に自信がある

自分の考えが一番正しい。

自分は仕事ができると思っている人は、自分に自信があるため、相手に指図をしたり、意見を言ったりしてしまいます。

こういったタイプの人は、自分がリーダーだと感じていますから、他人の意見を聞くことはありませんし、偉そうな態度をとってしまいます。

また、周囲の人を下に見ることが多く、偉そうな態度をとることになります。

3. プライドが高い

プライドが高い

プライドが高い人というのは、周囲の人から下に見られることを嫌い、自分の間違いも認めません。

また、自分の考えが正しいと思っていますから、人に指図をしてくる場合もあります。

プライドが高い人は、自己に対する評価が高く、実際の出来事よりも話が大きくなっていることも少なくありません。

行動上の傾向として、自慢話や自分の話を中心にはなし、問題が起こっても自分が悪いとは思わないのが特徴です。

このタイプの人は、自分が持ち上げられることに弱いため、持ち上げると動いてくれることがあります。

そのため、普段の話の中から、どんな風になりたいと思っているのかを聞いておくとよいでしょう。

4. 自分に自信がない

自分に自信がない

プライドが高い人だけではなく、自分に自信がない人も、人に偉そうな態度をとることがあります。

これは、自分の能力のなさを人に悟られたくないという心理から起こる行為で、偉そうに指図をしたり振る舞うことで、自分に自信を付けようとしています。

5. 小心者

小心者

周囲にどう思われているのか、自分の評価を気にしてしまう人というのも、偉そうな態度をとることがあります。

このような小心者の人は、偉そうな態度をとることで、自分を必要以上に大きく見せたがるというのが特徴となっています。

6. 感謝の気持ちがない

感謝の気持ちがない

自分よりの下の立場にいる人に対して、感謝の気持ちをもてない人というのは、自分が何かをしてもらっても、それが当たり前だと思いお礼を言うことはありませんし、何か頼みごとをする場合でも、謙虚さもなく、命令口調で指図をしてきます。

7. 上下関係に厳しい

上下関係に厳しい

職場で指図をしてくる人というのは、必要以上に上下関係に厳しいという特徴があります。

こういった人は、自分よりも下の立場の人に対して、上から目線の態度をとりますが、自分よりも上の立場の人に対しては、こびることで特別扱いされることを望んでいます。

そうすることで、自分は上司から気に入られていると感じて、安心することができます。

8. 使命感がある

使命感がある

自分がいないとこの場はまとまらないという使命感を持っている人は、指図をしてくる人でもあります。

実際は、その人はいなくても場はまとまりますが、本人は真剣にそう思っています。

9. 注目を集めたい

注目を集めたい

他人の注目を集めたいという人は、人の気を引くことに長けています。

ただ、度をすぎてしまうと、周囲を疲れさせてしまい、敬遠されてしまう結果になってしまいます。

こういった、極度に注目を浴びたいという心理は、子供の頃に両親から十分注目を得られなかったり、感じられなかったということが大きな原因だと考えられています。

人間には、基本的に愛されないという欲求がありますが、幼少期に注目を得られないと、肉体は大人になっても、愛されたいという欲求は子供の頃と同じままずっと愛情を求め続けています。

このように、他人から極端にちやほやされない人や、注目されたいと思っている人は、他人から無視されることを苦痛と感じてしまいますから、人を指図したりわざと人と違う行動をとって目立とうとします。

10. モラハラ

自分の思い通りに人を動かしたくてパワハラやいじめを繰り返したり、指図をしてくる人というのは、モラルハラスメントにも該当していることがあります。

自分よりも立場の弱い人間は、すべて自分の思うように動くはずだという考えをもっている、自己愛的な人間は、そもそも思いやりが欠けています。

こういった人は、周囲は自分の思うように動くはずだという気持ちがをもっていますから、相手が思うように動かないと不満に感じてしまいます。

ターゲットになりやすい人は、・自分と比べて立場の弱い人マイペースな人

  • 友達が少なく助けてくれるような友達がいない人
  • こびない人
  • 正義感の強い人

支配欲が強い人は、自分が優位に立ちたいと思っていますから、自分のコントロールがききそうな人をターゲットとして選びます。

一度ターゲットにされると、精神的に崩壊するまで、激しく攻撃して、自分の言うことをきかせようと画策します。


この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!