恋、ちゃんと選んでいますか?意外に知らない恋愛の選び方、これからの「恋愛」の話をしよう。そんなあなたの恋のミカタ

 

意外に知らない恋愛の選び方

https://koinomikata.com/blog/20170812133935.html
元彼からもらったぬいぐるみを残す女性の心理

元彼からもらったぬいぐるみを残す女性の心理 | 恋のミカタ

恋のミカタ
元彼からもらったぬいぐるみを残す女性の心理

元彼からもらったぬいぐるみを残す女性の心理とはどんなものがあるのでしょうか。



  • ぬいぐるみが好きだから
  • 物に罪はないから
  • 元彼のことがまだ好きだから
  • 捨てるのがもったいない
  • 捨てるのが面倒くさい
  • より気に入ったぬいぐるみだから
  • 貰ったものだから捨てられない
  • 想い出にたまにひたりたいから
  • 捨てる機会を逃してしまった
  • また会いたいと願掛けの道具にしている
  • 高かったから

1. ぬいぐるみが好きだから

ぬいぐるみが好きだから

ぬいぐるみそもそもが好きだからです。

フワフワとした可愛いデザインをしたぬいぐるみが多いですが、側にいるだけで癒されてしまいます。

そんなぬいぐるみをいつまでも手元に置いておきたいと考えるので、捨てられません。

たまにぬいぐるみを衝動的に抱きしめるなど、可愛さに圧倒されてしまいます。

女の子でぬいぐるみを好む人が多く、男性よりも夢中になる傾向があります。

2. 物に罪はないから

物に罪はないから

ぬいぐるみ自体に罪はなく、別れてからも平気で使えるタイプです。

別れただけでぬいぐるみを手放してしまうという事実をバカらしく感じています。

どちらかというとドライなタイプなので、友達間の印象もクールな人と見られやすいです。

デートで行った思い出の場所にも直ぐに行けたり、あまり気にしないタイプなので落ち込んだりしても立ち直りも早い傾向があります。

感情論で行動する事はありません。

3. 元彼のことがまだ好きだから

元彼のことがまだ好きだから

実は元彼のことがまだ好きで密かにやり直したいと感じています。

でもその願いが叶う事は稀なので、ぬいぐるみだけでもと結局捨てられなかったりします。

ぬいぐるみを見るたびに彼のことを思い出すので、時には目に涙を浮かべる事もあります。

ヒートアップしてしまうと過去の思い出が全部蘇るなど、気持ちの振れ幅も激しいです。

なるべく後ろ向きなことは考えないようにして前向きなことを考えるように努めましょう。

4. 捨てるのがもったいない

捨てるのがもったいない

もったいない精神が強いため物をむやみに捨てられません。

なので部屋の中は着ない服で溢れかえっていたり、断捨離をするのが非常に苦手です。

掃除を始めても無難に埃やゴミを取るだけで物自体を捨てる事はあまりありません。

要らないもの、使わないものがあったら勇気を出して捨てるという選択肢を取る事も時には大切です。

またスッキリした気持ちを味わうことができます。

5. 捨てるのが面倒くさい

捨てるのが面倒くさい

掃除そのものが苦手で、捨てる行動すら面倒だと感じています。

面倒という気持ちが積み重なり、いつか捨てようと思っていたぬいぐるみですが、そのまま何年も経ってしまうこともあります。

面倒という気持ちから上手く抜け出せるように楽しんで断捨離にかかるなど、自分の尻を自分で叩くように努力しましょう。

そうすることで面倒だと感じていた気持ちもいつか無くなって楽しく掃除に取りかかれます。

6. より気に入ったぬいぐるみだから

より気に入ったぬいぐるみだから

お気に入りのぬいぐるみで、元彼に貰った他の物は捨てましたが、どうしても好みのデザインだったので捨てられなかったパターンです。

気に入った物は残しておきたいというポリシーの持ち主で、こっそり使っている傾向があります。

ぬいぐるみは大抵家にあるもので、周りに使っていることがバレにくいです。

その部分も置いておいても大丈夫だろうという安心感に繋がってきます。

7. 貰ったものだから捨てられない

貰ったものだから捨てられない

人から貰ったという部分に絶大的な価値を感じるため、なかなか捨てるという選択肢にもっていけません。

自己評価が非常に低く、人から優しくされた事は全部覚えています。

感謝しているからこそ捨てられなくて、捨ててしまったらバチが当たるのではないかと思い込んでいたりもします。

また、あげたものも覚えている傾向があるので、元彼側は捨てただろうかとふと思い出す事もあります。

貰ったという事実はとても嬉しいですが、囚われすぎてしまうと動きにくいので視野を広くした上でもう一度考えてみましょう。

8. 想い出にたまにひたりたいから

想い出にたまにひたりたいから

過去を思い出すことが好きで、ぬいぐるみを見るたびに楽しかった日々が蘇ってくるからです。

元彼に未練が少し残っていますが、大抵は吹っ切れている人が多いです。

吹っ切れているからこそ想いとは別物で、凹んだ時に思い出すと元気を貰えるという人も中にはいます。

9. 捨てる機会を逃してしまった

捨てる機会を逃してしまった

捨てようとずっと前から思っていたけど結局機会を逃してしまった人です。

ぬいぐるみは普通のゴミのように捨てることが困難であり、人によっては呪われるのではないのかと過剰に不安になります。

なので掃除のたびに捨てることを思い出すのですが結局行動に移せません。

機会を先送りにし過ぎて結局、捨てるという選択肢に踏み切れなかったパターンです。

10. また会いたいと願掛けの道具にしている

また会いたいと願掛けの道具にしている

ぬいぐるみを持っているとまた会える気がすると願掛けの道具にしています。

他にも一日無事でいられる、のように元彼と切り離した願いをぬいぐるみに願掛けしている事もあります。

元彼のことがまだ好きで、占いなどスピリチュアルなことも好みます。

本当に会いたいならぬいぐるみを介さず、友達に協力してもらうなど実力行使の行動を取るようにしましょう。

11. 高かったから

高いぬいぐるみだと知っているからこそ、処分する事ができません。

ブランド名のあるぬいぐるみなので、何となく売るのも捨てるのも気が引けてしまい残しております。

値段が安ければ安いほど処分に対して前向きになれます。


この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!