恋、ちゃんと選んでいますか?意外に知らない恋愛の選び方、これからの「恋愛」の話をしよう。そんなあなたの恋のミカタ

 

意外に知らない恋愛の選び方

https://koinomikata.com/blog/20170804131826.html
社内恋愛しない主義の人の心理

社内恋愛しない主義の人の心理 | 恋のミカタ

恋のミカタ
社内恋愛しない主義の人の心理

社内恋愛しない主義の人の心理を10選まとめました。



  • 仕事に集中したい
  • 本性を見ている
  • 異性として見れない
  • 社内恋愛禁止
  • 自分の格好悪い姿を見られたくない
  • 職場の人間からネタにされる
  • プライベートがない
  • 恋人が視界に入ると集中できにくい
  • 嫉妬対象がたくさんいる
  • 別れた理由によっては職場の全員が敵になってしまう

社内恋愛一昔前までは多かったそうですが、いま現在では少なくなっています。

同性同士の職場が多いという事もあるのですが、どうやらそうではないそうです。

社内恋愛しない主義の人の心理について解説いたします。

1. 仕事に集中したい

女性(仕事16・電話・笑顔2)

男女ともに多い職場だと社内で好みの異性や、あこがれの先輩も居るはず。

しかし仕事場に来ているのは遊びではなく、仕事をしに来ているので、どうしても切り替え出来ない方が多いハズです。

特に男性は職場恋愛をしない人が多いですが、反対に女性は感情的なのでありえないと思っていても仕事のかっこ良い姿を見てあこがれてしまう人も多いかと思います。

2. 本性を見ている

女性(暗・横・ピアノ譜面)

家族よりも長く一緒にいる分、本性は中々隠し通せるものではありません。

しかも仕事場にいると、とっさの対応や焦ってしまいミスをするなどもありますが、いざという時人は本性を見せます。

上手く対応出来るひとや、リカバリー能力が高い人ならありえますが、必ずしも良いものでないでしょう。

3. 異性として見れない

男女(不仲2)

家族より長く入る分、お互いのことは理解し合えますが、ただし長く入る分では異性としてみる事ができにくいです。

四六時中ずっといるので、ドキドキしながら仕事をするのも面倒くさいですよね。

4. 社内恋愛禁止

女性(仕事16・電話・笑顔2)

今時あるの?と思う人もいるでしょうが、社内恋愛禁止な所はあります! 職場の雰囲気もありますし、また医療系など患者さんの目もあるので体制としてはあまり良いものではありません。

嫌な事を言ってしまうと、もし上手く行ったとして別れてしまった場合、事情を知っている人だと凄く気まずいですよね。

男性なら良いとはいいませんが、女性はもっと風当たりがきつくなるので、最悪の場合職場に通えなくなり、転職するしかありません。

元の恋人なんて毎日見たくはないですし、必要事項で話しかけないと行けない時気まずくてしかたないですよね。

そんな状態で次付き合うとか相手には知られたくないですし。

円満な別れなんてないですし、後々友達になれたとしても友達にはなりたくないですよね。

もろうわさのネタにされてしまう事は間違いありませんからね。

5. 自分の格好悪い姿を見られたくない

女性(悩み5)

家族より長く居る分、お互いの悪い所や良い所はたくさん見られます。

しかし恋人が職場内でできた場合、自分のミスした姿や、上司に怒られる姿なんて見られたくないですよね。

特に男性はプライドが高い生き物ですので、見栄をはる事はできにくいです。

6. 職場の人間からネタにされる

男女(スーツ・上司・笑)

間違いなくネタにされますし、うわさの対象になりやすいのは事実でしょう。

例えばちょっと仕事の事で話していたのに、いちゃついていたよねとからかわれたりする事は増えてしまいます。

特に職場でおばちゃんが多いとあることないこと言われてしまうので、凄く迷惑です。

7. プライベートがない

風景(ビル・エンタメ)

お互いの事を把握している分、仕事の状況や忙しさなどは自然に耳に入ります。

なのでもしちょっと連絡がおくれてしまった場合など、仕事が忙しくてむりという言い訳が使えなくなってしまうのです。

嫌な言い方をすれば四六時中監視されている状態なので、心が休まる状態ではないのです。

ゆっくりさせてほしい時は男女ともにありますよね。

8. 恋人が視界に入ると集中できにくい

女性(仕事6・テーブル座り)

やはり恋人なので、視界にはいるとつい目でおってしまいますよね。

鋭い人なら何かあると感づかれてしまうものです。

プライベートタイムなら良いかもしれませんが、仕事に支障をきたす恐れがありミスを招く原因になります。

特に恋人だと二人きりの空間があれば楽しみたいという人がおり、ひどい話所構わずイチャイチャされてしまうと悪い噂が立ちやすくなるので、非常にやっかいです。

空気を読んでくれる人ならいいですが、全く空気を読んでいない人だと所構わず喋られてしまうと自分にも悪い噂がついてしまいます。

集中したい人には職場恋愛は向いていません。

9. 嫉妬対象がたくさんいる

風景(地下鉄・人込み)

人の性格は様々ですが、中には異性の先輩や上司、お客さんと話しただけで切れられたという人がいます。

自分としてはあくまでも仕事の話をしていただけなのに、グチグチいわれてしまったらとても迷惑どころかただの営業妨害でしかなりません。

最悪なケースをあげてしまうと、その嫉妬対象にされた人に嫌がらせをしたり・・なんて事もあります。

そうなってしまうと確実に自分も巻き込まれてしまうので、人は選ばないと大変ですよ。

10. 別れた理由によっては職場の全員が敵になってしまう

仕事靴・ネクタイ

正当な理由で別れるのなら特にありませんが、浮気や心変わりで別れてしまった場合、職場に速攻で悪い噂をながされてしまいます。

特に女性の場合は連帯感が無駄に強すぎるので、一気に立場が悪くなるでしょう。

そうなると職場の雰囲気だけではなく、立場が悪くなってしまいます。

そもそも浮気してしまう人が悪いのですが、人によっては正当な理由で別れても嘘をつかれたり、あることないこといわれてしまう可能性があります。


この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!