恋、ちゃんと選んでいますか?意外に知らない恋愛の選び方、これからの「恋愛」の話をしよう。そんなあなたの恋のミカタ

 

意外に知らない恋愛の選び方

https://koinomikata.com/blog/20170723131030.html
友達以上恋人未満な女性への男性心理

友達以上恋人未満な女性への男性心理 | 恋のミカタ

恋のミカタ
友達以上恋人未満な女性への男性心理

友達以上恋人未満というのは、まさに言葉通りで友達よりは親しいけど、恋人とまではいかないという関係を指しています。

この状態は男性心理としてみると、どんな状態なのか考えてみましょう。



  • お互い恋愛感情がないパターン
  • どちらかが恋心がある場合
  • 異性として見れなくなった!
  • 複数の人から好意をもたれていたい。
  • 本命の女性が既にいる!
  • 楽しいけど恋人にはしたくない
  • 趣味に付き合ってくれる人として考えている
  • デートや旅行に行く関係
  • 相手が既婚者であった場合
  • 利用されている!

1. お互い恋愛感情がないパターン

女性(髪・目隠れ・掌上向き)

男女間で恋愛感情がなく純然とした関係というものも、珍しいことではありません。

こうしたことは、男女間に成立しないことはないでしょう。

男女の当人たちは、単に仲良しなだけというパターンも見られます。

原則的に、この状態が楽しくさわやかな関係ならば、傍から何か言うことはありません。

幼ななじみなどの関係ならば、一緒にいると安らげるし故郷にいるように居心地がいいという感情は理解されるでしょう。

ただ、もし男性に恋人が本当にできた場合は、現在の「友達以上」恋人未満の生活は解消されるでしょう。

2. どちらかが恋心がある場合

手アップ(女性牽引3)

友達以上恋人未満の関係においても、女性の場合が恋心を持っている場合に問題となりがち。

というのも、こういうケースでは、男性が女性の倍くらい友達以上恋人未満状況をキープしているケースが多いからです。

このケースは、最初は仲の良い男友達だったけど、次第に彼に心を惹かれていったケースが多いということなのです。

もし自分に恋心があることが彼に知られたら、今のこの関係が壊れてしまうんじゃないかと女性は悩みます。

従って、次の一歩を踏み出せず、友達以上恋人未満な状態が継続してしまうというわけです。

男性心理としては、今の関係が長く続き過ぎているため、今更どう言えばいいか分からないという状態になってしまっているのです。

3. 異性として見れなくなった!

風景(空1・暗)

長く付き合いすぎていると、恋愛に発展しない理由としては案外多いのです。

一緒にいる時間が長くなり、余りいろいろお互いに知りすぎると異性として見えなくなってしまうというケースです。

こうした場合、一緒にいればいろいろ気配りもしてもらえるし、あえて「恋人未満」の状況を解消気もなさそう…。

4. 複数の人から好意をもたれていたい。

男女(眺める・夕日)

男性心理として男である以上、複数の異性から好意を持たれていたいという願望は常に誰もが持っているといわれます。

まだ結婚して一人の女性に縛られたくないというか、まだ「楽しんでいたい」というか「まだ遊んでいたい」という心情もあって、好意を持ってくれている女性を複数自分の周りに置いておきたいという男性心理が働いています。

5. 本命の女性が既にいる!

足アップ(男性・歩行2)

女性が、いろいろアプローチをしても付き合うことにはならないケースとしては、もしかしたらその男性には、すでに本命の彼女がいるという可能性もあります。

そうなってくると、当然あなたは恋人にはしてもらうことにはならず、ずっと恋人未満の関係が続いていくことになるでしょう。

6. 楽しいけど恋人にはしたくない

男女(ハグ・暗・目線下)

あなたのことを恋人とは違うと男性が感じているケースもあります。

友人として一緒にいるのは楽しいけれど、恋人にしていざ結婚にまで行くには違うと思っているのかもしれません。

その理由は人により違ってくるのでしょうが、金銭感覚が違ったり、育ちが違ったりと、今後恋人として一緒に過ごしていくのには難しいと男性が感じてしまう場合は、恋人へと進展させないようにする男性の心理もあるものです。

7. 趣味に付き合ってくれる人として考えている

風景(空・草原・暗)

趣味が同じでその趣味をめぐって話すことがたくさんあり、一緒に行動すると楽しいという関係。

例えば美術が趣味ならば、一緒に展覧会や陶磁器を見て回ったりとか趣味の部分でつながっている関係。

こういう接点を持つカップルですが、男性にとっては自分の好きな分野で、心が安らげるという心理状態があります。

こういう場合ならば、この女性のアプローチ次第で恋愛に変わり得るかもしれません。

8. デートや旅行に行く関係

手アップ(女性・鞄・お出かけ)

デパートや旅行にいく「友達以上恋人未満」として付き合ってきた関係。

そのことが楽しい関係でした。

けれど、現実的には、キープされた彼女の一人でしかなく「都合のいい女子」の一人としか扱われていない可能性もあります。

9. 相手が既婚者であった場合

男女(男性頼り)

「友人以上恋人未満」の状態に男性が女性に置いておくということは、その男性は既婚者である可能性もあります。

既婚者なので、女性を恋人にはできないのです。

もし、恋人にすれば、後々さまざまな問題が浮上してくるからです。

男性はその女性に「恋人未満」で耐えてもらうしかないのです。

10. 利用されている!

男女(ベッド3・読書)

友達以上恋人未満の関係から進展しないのは「利用されてる」というケースもあります。

「友達以上恋人未満」の関係なら、恋人ではないので心理的に束縛もされず、男性にとっては都合良い関係となります。

都合のいい曖昧な関係は、男性にとってはうってつけの関係であり、いつでも逃げられる関係なのです。

「友達以上恋人未満」から進展しにくいのが現状ですが、本気で付き合いたいなら、振り向かせるための戦略を練れば先もあるかもしれません。


この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!