恋、ちゃんと選んでいますか?意外に知らない恋愛の選び方、これからの「恋愛」の話をしよう。そんなあなたの恋のミカタ

 

意外に知らない恋愛の選び方

https://koinomikata.com/blog/20170722161203.html
人見知りのメリット、デメリット10選

人見知りのメリット、デメリット10選 | 恋のミカタ

恋のミカタ
人見知りのメリット、デメリット10選

人見知りにはメリットとデメリットが存在しますが、ここではそれらについて考慮しています。

  • 軽い人間に見られない
  • 危険を回避
  • おとなしさが魅力
  • 恥をかきにくい
  • クールな印象を与える
  • じっくりと友達を作れる
  • 愛想が悪いとみられる
  • 友達ができない
  • 変わり者と見られる
  • 暗い人と見られる

1. 軽い人間に見られない

女性(両手腰・口尖らせ)

誰にでも愛嬌を振りまくと、状況によっては軽い人間に見られてしまうことがあります。 とりわけ初めて会った異性に対してそのような態度を取るなら、変な誤解を招いてしまうこともあります。

しかし人見知りの人は初めて会った人に対して馴れ馴れしい態度を取りません。 そのため軽い人間として見られることはないのです。

2. 危険を回避

男女(走り)

初対面の人と少し話をしただけでは、その人がどのような人物なのかを知ることはできません。 もちろんある程度のことはわかりますが、人となりを知るためには時間をかけた付き合いやその人の評判を知ることが求められます。

そして人見知りの人は初めてであった人とその日に親しくなることはありません。 このような状況は万が一の危険を避けることに貢献します。 たとえば表面が良いものの気性の荒い性格の持ち主とすぐに親しくなるのは大変危険ですが、こうした状況に陥ることはありません。

3. おとなしさが魅力

風景(森林3・道)

もちろん明るくて性格の良い人はみんなから好かれます。 しかし中にはおとなしい人に魅力を感じる人もいます。

そのような人からは慎み深さを感じ取ることができ、こうした特質が人を引き付けることもあるのです。 そのため人見知りでおとなしいという性格は、状況によっては人を引き付ける要素となるのです。

4. 恥をかきにくい

女性(綺・明13・ウィンク)

誰とでもすぐに仲良くできる人がいます。 このような人が持っている特質は、本当に素晴らしものです。 しかし場合によってはこのような性格がトラブルを生じさせることもあります。

たとえば初対面の人の前ではしゃぎすぎてしまい、悪い印象を与えてしまうことがあるのです。 しかし人見知りの人はこのような状況に陥ることはありません。 そのため人前で恥をかくことは滅多にないのです。

5. クールな印象を与える

風景(水面)

人見知りの人は初対面の人の前でたくさん話すことはしません。 このような状況は人見知りをしている人をクールに見せるのです。 そのため人見知りはかっこいいと評判が立つこともあります。

6. じっくりと友達を作れる

女性(仲良6・女性同士・遠)

先にも述べたように、ある人と数回会っただけではその人の性格を知ることはできません。 そのためできることならば時間をかけて人となりを知る必要があるのです。 このようなステップは親友や仲の良い友達を作るのに役立ちます。

愛想が良い人と仲良くなり、一緒に過ごすうちにその人が問題のある人物であることが判明した場合、その関係を断つことは消して容易なことではないでしょう。 しかし人となりを十分に理解してから友達となるなら、自分と気の合う人をチョイスできるのです。 人見知りの人は周りをじっくりと観察して慎重に動くために、仲の良い友達を作ることができます。

7. 愛想が悪いとみられる

男女(眺める・夕日)

場合によっては人見知りの人は初対面の人に笑顔さえ見せることができないこともあります。 そのような場合、周りからは「愛想が悪い人」とか「いつも不機嫌な人」という印象を抱かれてしまうこともあるのです。

そのためファーストインプレッションでの評価が低いこともあります。 このような人が営業職などを任されると問題が生じることもありますし、そもそも人見知りの人にとっては大きなストレスを感じる要因ともなりかねません。

8. 友達ができない

女性(悩み9・明)

6つ目の項目でも考えたように、人見知りの人は周りをじっくりと観察するために、自分に合った人を友達とすることができます。 しかし周りからの評判があまりに悪い場合、友達を作れないことがあります。 「あの人は話しかけても一言しか返ってこない」とか「遊びに誘っても断られる」といった評判が立つと、周りから避けられてしまうことがあります。

そのため笑顔を作ったり、「ありがとうございます」と忘れずに述べることなどを心がけるようにします。 また遊びの誘いに関しては抵抗がある場合合丁寧に断るようにし、相手の気分を害さないように気を付けます。

9. 変わり者と見られる

風景(草原)

人見知りの人は周りの人と騒ぐことが苦手です。 まだよく知らない人と楽しく過ごすことはできないと感じるのです。 そのため孤立してしまうこともあり、周りの人からは「変わり者」と見られてしまうこともあります。

しかししっかりと自分の考えを持っていればこの状況は徐々に改善されていきますので、焦って周りに合わせる必要はありません。

10. 暗い人と見られる

女性(暗・海岸・背1)

人見知りの人はそれほど親しくない人との話には参加しないことがあります。 そのため「あまり話さない人」とか「暗い人」といった印象を与えてしまうことがあります。 このような評判を気にしないのであれば問題ありませんが、中には本当は楽しく話をしたいのに、人見知りの性格が災いしてそうできないという人もいます。

もちろん愛嬌を振りまいて誰とでも付き合うのではなく、自分と気の合う人をじっくりと見つけることは大切です。 しかしそのような人を見つけるまでの間、楽しく話ができないことにストレスを感じる人もいます。 また暗い性格だと思われたくないという人の場合、このような評判は辛いものとなります。

人見知りにはメリットとデメリットが存在しますが、ここではそれらについて考慮しています。


女性(両手腰・口尖らせ)

誰にでも愛嬌を振りまくと、状況によっては軽い人間に見られてしまうことがあります。 とりわけ初めて会った異性に対してそのような態度を取るなら、変な誤解を招いてしまうこともあります。

しかし人見知りの人は初めて会った人に対して馴れ馴れしい態度を取りません。 そのため軽い人間として見られることはないのです。

男女(走り)

初対面の人と少し話をしただけでは、その人がどのような人物なのかを知ることはできません。 もちろんある程度のことはわかりますが、人となりを知るためには時間をかけた付き合いやその人の評判を知ることが求められます。

そして人見知りの人は初めてであった人とその日に親しくなることはありません。 このような状況は万が一の危険を避けることに貢献します。 たとえば表面が良いものの気性の荒い性格の持ち主とすぐに親しくなるのは大変危険ですが、こうした状況に陥ることはありません。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!