恋、ちゃんと選んでいますか?意外に知らない恋愛の選び方、これからの「恋愛」の話をしよう。そんなあなたの恋のミカタ

 

意外に知らない恋愛の選び方

https://koinomikata.com/blog/20170721090243.html
海水浴が嫌いな人の理由

海水浴が嫌いな人の理由 | 恋のミカタ

恋のミカタ
海水浴が嫌いな人の理由

夏の楽しみといえば海水浴、そんな人も多いのに、時に海水浴に行きたがらない人もいます。

海水浴が嫌いな方にありがちな理由を紹介したいと思います。



  • 日焼けしたくないから
  • 肌が弱いから
  • クラゲに刺されたトラウマがある
  • 海水が口や鼻に入るのが嫌い、味が嫌
  • 潔癖症である
  • 泳ぎが苦手なので行きたくない
  • 水着になりたくない、恥ずかしいから
  • 毛深い、太っている、痩せているなどコンプレックスがあるから
  • 遠出するのが面倒だから
  • 魚、海藻が怖いから
  • まとめ

1. 日焼けしたくないから

女性(肌3)

海水浴が嫌いな人にありがちな理由ナンバー1はやはり日焼けしたくないというのが考えれるのではないでしょうか。

美白にこだわっている女性はもちろんのこと、男性も日焼けしたくないと思っている人はいます。

一度日焼けをしますと元に戻るまで一カ月ほどかかりますし、将来シミの原因にもなるので海で全身を黒く焼くなんて絶対に嫌と考えています。

2. 肌が弱いから

女性(肌2・屋外)

海水浴が嫌いな人は、本当は楽しみたいけど肌が弱いから嫌い、行かないという人もいます。

肌が弱いと赤くなったり、夜は痛みで熱を持って眠れませんし、シャワーを浴びたらピリピリと沁みて辛いのです。

また、日焼け後、肌がボロボロととれるのも見た目が悪く嫌なのです。

特に頭皮の日焼けは、白い皮が取れてくるとフケのように見えて不潔感があるので気持ち悪いと感じてしまいます。

3. クラゲに刺されたトラウマがある

風景(海1)

過去にクラゲに刺されて痛い思いをした人は海水浴に行くのはあまり気乗りがしなくなります。

海が嫌いなわけではないけれどクラゲに刺される危険性があるなら海水浴はしたくないと思います。

また小さな子供がいる方もクラゲのことを考えると怖くてプールにしようと思ったりもします。

4. 海水が口や鼻に入るのが嫌い、味が嫌

女性(海・側面・モノクロ)

海水というのは当然ながら塩水。

泳いでいたら波がきて口や鼻に水が入ったらしょっぱいのは当然のことです。

気をつけていても、友達と話していたら波がきて口に入ってしまったということもあるでしょう。

海水浴の好きな人というのはプールの消毒、塩素の臭いが嫌で海でしか泳ぎたくないと言ったりしますが、海水浴嫌いの人は逆で塩水が苦手ということになりますよね。

5. 潔癖症である

風景(ビル・停留所)

海水浴が嫌いな人にありがちなセリフとして「何が入っているかわからない」「汚染されているかも」といったことがあります。

確かに海の水がどれほどきれいなのか、変なものが落ちていないか、それは誰にもわかりません。

潔癖な人は一度そういう考えを持つとダメだと感じます。

それだったら、消毒液の入っているプールの方がまだいいなんて言い出したりするので海水浴には誘われなくなるかも・・・。

6. 泳ぎが苦手なので行きたくない

海

海水浴が嫌いな人の切実な理由の一つに泳ぎが苦手、泳げないということがあります。

プールと違って、海は広いですし波もあって怖いと思うのです。

そんなに危険なことはないのですが、気持ち的に落ち着きません。

7. 水着になりたくない、恥ずかしいから

男性(後ろ姿2・複数・街歩き)

男女共に肌を人前で見せること自体が嫌という性格の人がいます。

恥ずかしがり屋、引っ込み思案、人の多い場所に慣れていないなどの理由もあります。

水着になりたくない、恥ずかしい、そういう人は海水浴を楽しむより、早く帰りたいと思いますし誘っても行かないという場合が多いですね。

8. 毛深い、太っている、痩せているなどコンプレックスがあるから

女性(悩み22・膝抱え・側面)

海水浴が嫌なのは、自分の体型に自信がないからというのもあります。

水着の上からラッシュガードやショートパンツなどを身に着けても、ぴたっと体に張り付けば体型ははっきりわかってしまいます。

海水浴に行くのはスタイルが良くて自分に自信がある人たちばかりなのだとちょっとネガティブな考え方です。

太っていても堂々と水着で泳いでいる人はいくらでもいます。

それに太っている人って泳ぎが得意な人も多いですよね。

9. 遠出するのが面倒だから

風景(空1・暗)

近所に海がなく、海水浴に行くのに時間がかかる場合、海水浴に行くのを嫌がる人もいます。

まず遠出をするのが面倒と思いますし、泳いだ後は体がだるく重く感じるものです。

その疲れた体でまた帰ってこなくてはなりません。

面倒&疲れる、せっかくの休み、人が多い海で泳ぐより家にいた方がよっぽど涼しくて気持ちいいのにと思ってしまうちょっと出不精なタイプ。

10. 魚、海藻が怖いから

風景(海・波3・大きい)

最後に海水浴が嫌いな人のちょっと可愛い理由に、海の生物が怖いというのがあります。

魚と一緒に泳ぐなんて気持ち悪いとか、ワカメなどの海藻がふよふよしているのが嫌だとか、海の中の砂の感触がどうも抵抗があるとか、怖がりな人は色々な想像をしてしまいます。

クラゲが出たらどうしようとか、変な生き物に噛まれたらどうしようとか、周りが「そんなことないよ、大丈夫だよ」と笑っていても本人は至って本気。

真剣に怖がっているのです。

またカニやヤドカリも苦手、砂浜を歩くのも緊張してしまいます。

泳ぐならプールで十分!海水浴には行きたくないと思っているのです。

まとめ

風景(海・波1)

以上海水浴が嫌いな人にありがちな理由を紹介しました。

他にも、髪の毛の色が抜ける(茶色っぽくなる)のが嫌とか、洗濯物が増えるから嫌とかの理由も考えられます。

また海は大好きでドライブをして海を見に行くのはいいけど、泳ぐのはダメという場合もありますね。

クラゲや魚など海の生き物自体が苦手という場合も生理的な問題ですので海水浴好きになるのはちょっと難しいかもしれませんね。


この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!