恋、ちゃんと選んでいますか?意外に知らない恋愛の選び方、これからの「恋愛」の話をしよう。そんなあなたの恋のミカタ

 

意外に知らない恋愛の選び方

https://koinomikata.com/blog/20170714095644.html
同棲していてもラブラブなカップルの習慣10選

同棲していてもラブラブなカップルの習慣10選 | 恋のミカタ

恋のミカタ
同棲していてもラブラブなカップルの習慣10選

同棲していてもラブラブなカップルの習慣を10選まとめて見ました。

  • 個室を作りましょう
  • 自分だけの時間を大切にしましょう
  • 家事を分担しましょう
  • デートをしましょう
  • イベントを祝いましょう
  • ペットを飼いましょう
  • ありがとうと言いましょう
  • 寝る前にハグをしましょう
  • 出かける前にキスをしましょう
  • 食事を一緒にしましょう

1. 個室を作りましょう

男女(接近2・足元)

同棲生活をしているうちに、徐々にお互いの壁がなくなり、一緒にいる事が自然になっていきます。 その事は良いことですが、徐々に男女とも緊張感がなくなってしまうのは、あまり良くない事です。

長年連れ添った夫婦のように、お互いの事を意識せずに生活するのは、まだ早いと思います。 まだ独身同志ですので、ラブラブな関係でいるためにも、なあなあな雰囲気になるのは避けましょう。

そこでできれば、個室をお互い持って欲しいと思います。 2DK以上の間取りの部屋に住むのがベストです。

2. 自分だけの時間を大切にしましょう

手アップ(女性・懐中時計)

同性した後も、自分だけの時間を大切にするようにします。 いつも一緒でお互いがお互いに合わせていると、自分の個性が分からなくなってしまいます。

自分の趣味が読書だとしても、同棲相手は違うかもしれません。 同棲相手の趣味が映画鑑賞だった場合、読書をしないで映画ばかり観るようになると、初めは良いですが、徐々に自分らしさが薄れて行きます。

本心から楽しめる趣味が無くなってしまうと、常にイライラすることになるかもしれません。 自分だけの時間を持って、自分の趣味を優先する時間を持ちましょう。

3. 家事を分担しましょう

風景(砂漠・足跡)

同棲中にどちらかだけが家事をするような、不平等な関係になるとイライラが募りやすくなります。 喧嘩が増えたり嫌味なセリフが増えて、ラブラブな関係どころか、別れに近づいてしまうかもしれません。

お互いの仕事の状況も考慮して、公平になるように家事を分担しましょう。 どちらかが忙しいとしても、ゴミだしや買い物くらいはできるはずです。 少しでもいいので、家事を分担し担当しましょう。

4. デートをしましょう

男女(デート・夕日)

同棲をすると、外出せずに休日を家で過ごしたり、近所のスーパーに買い物に行くだけになったりします。 疲れていたり忙しかったりすると、そうなってしまうのは仕方のないことかもしれません。

しかし倦怠感が漂い、「何のための同棲?」と疑問が湧いてしまうかもしれません。 毎週ではなくても良いので、月に数回は都心のレストランに行って食事をしたり、ショッピングに出かけたりして、フレッシュさを保つようにしましょう。

5. イベントを祝いましょう

足アップ(女性・パソコン回り)

同棲をすると一年間が平坦になってしまい、印象に残る出来事が起こりにくくなります。 そこでことあるごとにイベント祝うようにしましょう。 クリスマスやバレンタイン、ハロウィンなどのイベントにも便乗して盛り上がるようにします。

花見や月見はもちろん、流星群なども観察をして楽しむようにします。 同棲を始めた日を同棲記念日にしてお祝いしたり、付き合い始めた日をお祝いするなど、できるだけイベントを多くします。

シャンパンを買ったり、美味しいレストランで食事をするだけでも良いので、イベントを祝うことでメリハリのある毎日にしましょう。

6. ペットを飼いましょう

猫(椅子)

同棲をして倦怠感が生まれつつあるピンチを迎えたら、ペットを購入してみましょう。 犬や猫、小動物をふたりで育てると、動物がふたりの倦怠感を逃してくれます。 一緒に生き物を育てる楽しさを知れば、結婚、出産の新しい方向へ進むきっかけになるかもしれません。

また犬を購入すると散歩をするために、外出機会が増えます。 プチデートを犬と三人でするようになると、フレッシュなエアに触れることができそうです。

7. ありがとうと言いましょう

女性(顔隠れ・側面1)

同棲をして、お互いが空気のような存在になるのを避けましょう。 何かをしてもらったら、必ず「ありがとう」と言いましょう。

言われたほうは嬉しいので、ふたりの関係が円滑になると言う効果があります。 しかし本当に感謝の気持ちを持ってありがとうと言うようにすると、何かをしてもらうことが当たり前のことではないと毎回気づくことができます。

この気づきが新鮮な同棲生活を続ける上で大切になるでしょう。

8. 寝る前にハグをしましょう

手アップ(男女ハグ・ベッド)

同棲をするとスキンシップが減ってしまうカップルもいます。 このようなことを避けるため、毎晩寝る前にハグをするようにしましょう。

スキンシップはとらなくなると、それが当たり前になり、スキンシップをする事を恥ずかしく思うようになります。 スキンシップの習慣は絶やさないようにしましょう。

9. 出かける前にキスをしましょう

足アップ(女性・落ち葉)

どちらかが先に外出をする時は、必ず見送るようにしましょう。 そしてキスをして、いってらっしゃい、いってきますと挨拶をして出かけましょう。 キスはラブラブなカップルであると、お互いが自覚をするためのサインになります。 毎朝、自分たちはラブラブな関係だと確認することは大切なことです。

10. 食事を一緒にしましょう

女性(食事中・楽)

どんなに忙しくても、一日一食は一緒に食事をするようにしましょう。 食事は生活の基本で、一緒に食事をするために、同棲をしていると言っても過言ではありません。

結婚生活でもそうですが、お互いが別々に食事をするようになると、急速に愛情は冷めて行く傾向があります。

朝でも夜でも、一緒に食事をして、お互いの現状報告をする時間を持ちましょう。 どんなにくだらない話でもできるような関係でいることが、ラブラブなカップルの条件になるからです。

同棲していてもラブラブなカップルの習慣を10選まとめて見ました。


男女(接近2・足元)

同棲生活をしているうちに、徐々にお互いの壁がなくなり、一緒にいる事が自然になっていきます。 その事は良いことですが、徐々に男女とも緊張感がなくなってしまうのは、あまり良くない事です。

長年連れ添った夫婦のように、お互いの事を意識せずに生活するのは、まだ早いと思います。 まだ独身同志ですので、ラブラブな関係でいるためにも、なあなあな雰囲気になるのは避けましょう。

そこでできれば、個室をお互い持って欲しいと思います。 2DK以上の間取りの部屋に住むのがベストです。

手アップ(女性・懐中時計)

同性した後も、自分だけの時間を大切にするようにします。 いつも一緒でお互いがお互いに合わせていると、自分の個性が分からなくなってしまいます。

自分の趣味が読書だとしても、同棲相手は違うかもしれません。 同棲相手の趣味が映画鑑賞だった場合、読書をしないで映画ばかり観るようになると、初めは良いですが、徐々に自分らしさが薄れて行きます。

本心から楽しめる趣味が無くなってしまうと、常にイライラすることになるかもしれません。 自分だけの時間を持って、自分の趣味を優先する時間を持ちましょう。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!