恋、ちゃんと選んでいますか?意外に知らない恋愛の選び方、これからの「恋愛」の話をしよう。そんなあなたの恋のミカタ

 

意外に知らない恋愛の選び方

https://koinomikata.com/blog/20170714093926.html
親に同棲したいと知らせる切り出し方、伝え方5選

親に同棲したいと知らせる切り出し方、伝え方5選 | 恋のミカタ

恋のミカタ
親に同棲したいと知らせる切り出し方、伝え方5選

親に同棲したいと切り出し方、伝え方を5選まとめて見ました。



  • 同棲のメリットを理解してもらう
  • 相手の収入を話して安心してもらう
  • 相手の性格を理解して信頼してもらう
  • 親を交えて交流を持つ
  • 結婚を目指した同棲であるということを伝える

1. 同棲のメリットを理解してもらう

男性(後ろ姿・黄昏れ・セピア)

同棲することで生活費の負担が楽になることや、一人暮らしよりもセキュリティ面で安全になることなどのメリットを伝えます。 同棲というものが不純な男女交際のように受け止められないようにすることで親の理解も深まり、社会勉強のためにもいいことかもしれないと思ってくれる可能性があります。

お金に余裕ができる分貯金をがんばると言った目標を立ててみるのもいいですね。 将来のために蓄えるためならと応援してくれるかもしれません。

2. 相手の収入を話して安心してもらう

男性(スーツ12・明)

同棲相手が安定した収入を得ているのであればそこもしっかり親に伝えましょう。 我が子ばかり生活費を負担させられるのではないか、利用されるのではないかと不安に思っている親もいると思います。

お金の面で不安がないというのは強調しておきたいですね。 また、収入だけではなく相手の職業そのものも親にとっては気になるところです。 詳しく伝えて安心してもらいましょうね。

3. 相手の性格を理解して信頼してもらう

風景(草原・山)

同棲相手がどんな性格でどんなことを大切にする人なのかを知ってもらうことで、ふたりの同棲が成功しそうかイメージする親も多いと思います。

真面目な人、お金にきっちりしている人、家事が得意な人というのは同棲相手として理想的と受け止められ、そんな人なら大丈夫そうだなと信頼を得ることにも繋がります。

4. 親を交えて交流を持つ

両親(笑顔・食事)

同棲を応援してもらうためにはふたりの部屋にいつでも親を招待できるような気持ちでいることが大切です。 そのためには同棲相手にも自分の親と仲良くなってもらうといいでしょう。

同棲することを親に伝えた後に一緒に食事をしたり部屋を見てもらうような機会を作ることでお互いの壁がなくなり、困った時にも相談にのってもらえる絆が生まれます。

5. 結婚を目指した同棲であるということを伝える

女性(遠・街並・空・見上げ)

親としては結婚を目指しているなら同棲も仕方ないと考える場合もあり、そこに嘘がないのであればそれを話してしまう方がふたりの覚悟も決まるのでそうするべきだと考えます。

まだ先のことを言い切ってしまうのがためらわれるのであれば、あくまでも「目指している」という部分を強調し、それくらい真剣な交際の仲で生まれたことなのだと話しましょう。

真剣に話す態度というのも大切で、親は伝える時の様子もチェックしています。 照れくさくてもごまかさず、伝えるべき大切なことは真摯に伝えましょうね。


この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!