恋、ちゃんと選んでいますか?意外に知らない恋愛の選び方、これからの「恋愛」の話をしよう。そんなあなたの恋のミカタ

 

意外に知らない恋愛の選び方

https://koinomikata.com/blog/20170713180035.html
妻が旦那の弁当を作りたくないと思う心理

妻が旦那の弁当を作りたくないと思う心理 | 恋のミカタ

恋のミカタ
妻が旦那の弁当を作りたくないと思う心理

愛妻弁当って素敵です。 でも本当は旦那の弁当作りしたくないなと思っている奥様もいると思います。 その心理とは?こっそり紹介していきます。



  • 早起きが苦手
  • メニューを考えるのが面倒
  • 買い出しに行く時間がもったいない
  • 冷凍食品を使うのだから、コンビニ弁当でもいいのではと思う
  • 旦那が感謝の気持ちを持っていない
  • 食中毒のリスクなど入れるものに気を使う
  • 旦那が好き嫌いが多いので困る
  • 旦那への愛情が冷めている
  • 旦那からマズいと言われたのでムカついている
  • 弁当箱を毎日洗うのが手間
  • 買った方が安い場合もある
  • 実は料理そのものが嫌い

1. 早起きが苦手

男女(顔合わせ寝そべり1)

弁当を作るために夜のうちに食材をカットしたりと準備をしていても、調理時間はある程度かかります。 弁当作りさえなかったらもうあと30分寝ていられるのにな〜なんてついつい思ってしまいます。 早起きするのが苦手なのです。

2. メニューを考えるのが面倒

女性(明・調理2・エプロン)

まさか、毎日同じおかずを入れるわけにもいかないし、毎日のメニューを考えるのも実は面倒だったりします。 夜のごはんは、旦那の弁当のおかず、子どもの給食などと重ならないようにしないといけないし、色々調整することがあって疲れるな・・・と感じています。

3. 買い出しに行く時間がもったいない

風景(海越し富士山)

旦那の弁当のおかずの分も買い物しなくてはなりません。 まとめ買いしたつもりでも週の途中で食材が足りなくなって買い足しに行かなくてはならなくなったり、買い出しに行く時間もかかるし、自分の仕事、家事もあるし、時間がもったいないな、旦那が外でパンでも買って食べてくれたらいいのにななんて悪いとは思うけどそんな気持ちも実は持っています。

4. 冷凍食品を使うのだから、コンビニ弁当でもいいのではと思う

風景(スーパー)

旦那が好きな冷凍のおかず、カボチャコロッケ、鶏のつくね、から揚げ、白身魚のフライ。

本人が好きだからと入れているのだけど、冷凍食品でいいのなら、別に私が作らなくてもコンビニで売っている弁当でもいいんじゃない?と思います。

5. 旦那が感謝の気持ちを持っていない

風景(海1)

毎日、早く起きて弁当作ってくれてありがとうとか、今日も美味しかったよとかその一言あれば嬉しいし、ちょっと大変でも頑張ろうって思えるものです。 でも、旦那は弁当を作って当たり前だと思っている様子。

何にも言わないし、感謝の気持ちもないみたい。 何だか張り合いがないというか、弁当作るの嫌だな〜って思ってしまいます。

6. 食中毒のリスクなど入れるものに気を使う

女性(綺・暗18・髪触り)

暑い季節は特に入れるおかずに気を使います。 卵焼きもしっかり焼かないと中が半熟だったらダメです。 生ものは極力入れないとなるとじゃあ何を入れたらいいの?と考えることや気を使うことで頭がいっぱい。

7. 旦那が好き嫌いが多いので困る

男女(手繋ぎ・草原・顔隠れ)

旦那が好き嫌いが多いと弁当作り、食事作りは本当に大変です。 家での食事だったら、嫌いと言われたら別のおかずを用意することもできるけど、弁当だったらそれができません。

無理をして食べるか、捨てるか、そのまま残して持ち帰ることになります。 何でも食べてくれる人だったら楽なんだけどと、弁当作りがちょっとストレスになりつつあります。

8. 旦那への愛情が冷めている

女性(倦怠1)

料理って愛情です。 好きな人には美味しいものを食べさせてあげたいと思います。

旦那への愛情が冷めている、好きではない、もしくは離婚したいぐらい嫌いという妻にとっては弁当作りって楽しくも何ともなく作りたくないなと毎朝思うでしょう。

9. 旦那からマズいと言われたのでムカついている

風景(都市俯瞰5・曇)

以前、旦那から弁当のおかずのことを「あれはマズかった」などと言われたことがいまだにムカついている妻もいます。 もちろん、旦那としては軽く思ったことを言っただけに過ぎないのです。 悪意ではないのです。

でも妻にしてみれば朝早くからわざわざ作ったのに「マズい」なんてよく言えたものだ、作ってもらえるだけマシでしょうと心の中でムッときてしまいます。

もしかしたら夫婦喧嘩になったかもしれませんね。 そういうことがあると、弁当作りのたびに思い出して嫌な気分になるというのはあります。

10. 弁当箱を毎日洗うのが手間

女性(掃除・窓ふき)

毎朝の弁当作りだけでも時間がかかるのに、さらに夜、空になった弁当箱を洗わなくてはなりません。

おかずに油ものが入っていればぬるっとしていますので洗剤でよく洗ってお湯で流さないといけません。 弁当箱の材質によってはなかなかぬめりがとれにくいものがあるのでイライラ。

11. 買った方が安い場合もある

風景(橋・明)

手作り弁当の方が節約できるからと作っているのだけど、毎日作っているうちに、時には買った方が安い場合があるのでは?と思う時もあります。

おにぎりやサンドイッチの場合、食材をあれこれ買って作るより、スーパーの総菜コーナーで買った方が安かったりします。 時にはどこかで買って食べてよ〜と密かに思う妻もいるのです。

12. 実は料理そのものが嫌い

女性(明・包丁)

実は旦那には言っていないけど、料理自体が好きではないという妻もいます。 家事なので仕方なくと毎日食事を作っているけど本当は料理苦手、嫌いという女性わりと多いのです。

ハンバーグを作るのが嫌いだから作ったことがない、惣菜コーナーで買ってきたのを出すと言った女性もいますからね。

でも旦那が手作り弁当を喜んでいるので仕方なく頑張るしかないと思っています。

以上、本当は弁当作りたくないなと思う心理でした。 普通の食事作りより、弁当の方が気を使うことは多いです。 汁が出るものだったり、食中毒だったり。

それでも仕事を頑張ってくれている旦那様のためと頑張る奥様もいます。 せめて「ありがとう」と声をかけてあげるなどしてあげてくださいね。 その言葉があれば頑張れるものです。


この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!