恋、ちゃんと選んでいますか?意外に知らない恋愛の選び方、これからの「恋愛」の話をしよう。そんなあなたの恋のミカタ

 

意外に知らない恋愛の選び方

https://koinomikata.com/blog/20170708183853.html
束縛することによるデメリット10選

束縛することによるデメリット10選 | 恋のミカタ

恋のミカタ
束縛することによるデメリット10選

恋人を束縛したい。 でも、束縛することによってデメリットが発生します。 そこで、10選まとめて見ました。



  • 価値観が合わないということで嫌われる
  • 信用がなくなる
  • 家族や恋人を失うリスクがある
  • 鬱陶しがられて距離を置かれる
  • 相手を精神的に追い詰める
  • どんどん疑心暗鬼になってしまう
  • エスカレートするとストーカー状態に
  • 自分も同じことを求められて嫌になる
  • 相手の友達や親にまで警戒される
  • 一日中気になって他のことが手につかなくなる
  • お金がかかることも

1. 価値観が合わないということで嫌われる

女性

束縛しすぎると相手が自分との価値観の違いを感じ、次第に嫌われていくでしょう。 逆に多少の束縛は恋人同士なら当然と考える相手ならあまり気にしないかもしれません。

相手の許容範囲内におさめた束縛でなければ成り立たないのでやりすぎには気をつけましょうね。 むしろ程よい束縛は相手に喜びや安心感を与えることもあります。

やきもちはかわいいとも感じさせます。 その度合いの違いを知るように心がけましょう。

2. 信用がなくなる

足アップ(ローラースケート)

束縛ばかりしていると人を信じられないのかと思われ、信用もされなくなってしまいます。 束縛しない人は自分を信じてくれているように感じ、恋人であればその方が安心感もあるでしょう。

相手に信頼してもらうには束縛は過剰であってはなりません。

3. 家族や恋人を失うリスクがある

男性

束縛しすぎることで相手を気味悪がり、居心地も悪く、離れたいと感じます。 そして夫婦なら離婚を考えますし、カップルなら別れたいと思うようになりますね。

こちらとしては好きだから気にかけているだけかもしれませんが、相手にとっては受け入れられないレベルになっていたらそれでは通用しません。 失ってからでは遅いので嫌がられ始めた時によく考えるべきですね。

4. 鬱陶しがられて距離を置かれる

風景(風船・青空)

束縛を感じた相手は鬱陶しがって距離を置くようになります。 どのようなことかと言いいますと、理由をつけて連絡をしなくなる、気づかなかったといいながら連絡の感覚をあける、引っ越したり電話番号を変えるなどです。

距離を置かれるのが嫌だから束縛しているのにそのせいで距離を置かれるなんていう矛盾…それに気づかなければどんどん嫌われていくことでしょう。

5. 相手を精神的に追い詰める

女性

束縛がひどいと相手が精神的にまいってしまい、恐怖心から無理してまでも応えようとしてストレスで身体を壊してしまうことだってあります。

急に泣き出したり病院に通ったりし始めたら精神的苦痛を考慮してあげないと関係は破綻するでしょう。 あまりにひどいと相手を傷つけて楽になろうとするようなことにもなりかねません。

6. どんどん疑心暗鬼になってしまう

風景(海2)

束縛される方は束縛する方を信じられなくなり、束縛する方もどんどん相手を束縛しなければ気がすまなくなっていきます。

好きだからこそ相手をより知りたくなり、知れば知るほどもっと知りたくなるということです。 終わりがあるなら我慢もできますがそうではないので最初からきっぱりとルールを決めてやっていくしかありませんね。

そうしなければお互いのためにならず、お互いが苦しむことになってしまいます。

7. エスカレートするとストーカー状態に

男性

束縛がエスカレートすると常識の範囲内がわからなくなり、ストーカー状態にまでなることもあります。

意図的にやっている時と「相手のためにやっているんだ」という間違った考えのもとで悪意なくやってしまっている場合も。

誰か止めてくれる人がいるならまだいいですが、二人が知り合いの少ないもの同士の場合、相談する相手も少ないので周りに気づかれないままエスカレートしてしまう可能性があります。 お互いにそうならないように早めに対応するべきです。

8. 自分も同じことを求められて嫌になる

風景(空・草原・道路・明)

束縛していると相手もその苦痛を知ってもらおうとして「そっちも○○してよ!」と要求されることもあるでしょう。

自分勝手な人間は自分が求めるのは平気なのにいざ同じことを求められるとうんざりすることもあります。

そこで正当な理由を述べて逃げることなんてできるのでしょうか?自分が嫌なことはしないという常識的な感覚は忘れないでおきたいですね。

9. 相手の友達や親にまで警戒される

女性

束縛しすぎて相手が悩みだすと友達や親に相談しますよね。 そしてそれら周辺の人達にまで警戒されるようになり、間違ったイメージまで植えつけてしまうこともあるかもしれません。

自分が多くの人間に拒絶されるなんて悲しいことですから、人に嫌われるのが苦痛なら束縛もほどほどにすべきです。

10. 一日中気になって他のことが手につかなくなる

風景(海越し富士山)

束縛に染まってしまうと仕事中や移動中まで相手のことばかり気になり、自分のことも疎かになりがちです。

そして自分のことを放置してまで時間を作って相手に束縛を求める行為をしてしまったりします。

それでは仕事に支障が出たり睡眠不足や精神的負担によってからだにもダメージがありそう。 自分の気持ちをコントロールできないと自分をだめにしてしまいますよ。

11. お金がかかることも

お金

束縛にはお金もかかります。 例えば何度も相手の家に出向くせいで交通費がかかるとか、何度も電話をかけるせいで通信費がかかるなどです。

プレゼントを与えてそれに応えるよう要求することもあるでしょう。 お金がないと束縛できなくなり、また、こんなにもお金をかけて尽くしているのに!とさらに苛立ちが募ることにもなっていくのです。


この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!