恋、ちゃんと選んでいますか?意外に知らない恋愛の選び方、これからの「恋愛」の話をしよう。そんなあなたの恋のミカタ

 

意外に知らない恋愛の選び方

https://koinomikata.com/blog/20170707142703.html
クライアントがカウンセラーに恋愛感情を抱きやすい理由 10選

クライアントがカウンセラーに恋愛感情を抱きやすい理由 10選 | 恋のミカタ

恋のミカタ
クライアントがカウンセラーに恋愛感情を抱きやすい理由 10選

心理的錯覚? クライアントがカウンセラーに恋愛感情を抱きやすい理由 10選をまとめて見ました。

  • 親密感が高くなるため
  • 話をうまく聞いてくれるため
  • 自分の話しに共感してくれるため
  • 知識が豊富なところ
  • 自分と考えが同じだと感じるため
  • 自分の一番の理解者だと思う為
  • 悩みを解決してくれる力強さ
  • 素直な自分になれるため
  • カウンセリングを受ける事で、自分には、この人しかいないと思うため
  • 優しい言葉ばかり投げかけてくれるため

1. 親密感が高くなるため

女性

親密感がなければ、カウンセリングを行う事は出来ません。 その為、どうしても、クライアントとカウンセラーの親密感は、とても、近いものとなります。

これはあくまでも、カウンセラーが診療をしやすくする為の手段となっているのですが、そういった親密感からクライアントの方は、恋愛感情を抱きやすい傾向にあります。

親密感が大きくなればなるほど、クライアントの気持ちを抑えることが難しくなってくるのです。

2. 話をうまく聞いてくれるため

女性

カウンセラーの仕事は、クライアントの話をうまく聞き事となります。 クライアントの話を聞く事で、悩みの解決へと導くのですが、そんな話をうなく聞いてくれる事で、自分に好意があるのではないかとクライアントが勘違いしてしまう事も少なくありません。

その結果、クライアントはカウンセラーに恋愛感情を抱くようになってしまうのです。

3. 自分の話しに共感してくれるため

手

どんな人でも、自分の話しに共感してもらう事ができればうれしいものです。 それが、悩みを持ったクライアントの場合、その気持ちが非常に大きなものとなる場合があります。

自分の話しに共感してうなずいてくれるカウンセラーに気持ちをゆだねてしまう傾向があり、それが異性のカウンターだった場合は、恋愛感情に変化していく事も少なくありません。

4. 知識が豊富なところ

女性

様々な角度からアドバイスをしてくれるカウンセラー。 カウンセラーの人は知識が豊富な人も多く、また、経験が豊富な人も少なくありません。

その為、そんな知識の豊富さ。 経験の豊富さに憧れを持つクライアントも少なくありません。 それが、憧れだけで終われば良いのですが、気付いた頃には、恋愛感情に発展してしまうと言う事も多くなっているのです。

5. 自分と考えが同じだと感じるため

男性

話をよく聞き、共感してくれる事の多い、カウンセリング。 その為、クライアントからすれば、自分と考えが同じだと感じ、より、親近感を持つようになっていきます。

もちろん、そういった親近感を持つ事で、その後のカウンセリングをうまく進めていく事ができるのですが、それが恋愛感情に発展する事もあるのです。 自分と同じ考えの人といると自然と楽に過ごす事が可能になります。

そんな、本当の自分を面に出して一緒に時を過ごす事ができると言う事で、恋愛感情に発展してしまうのです。

6. 自分の一番の理解者だと思う為

風景(水面)

クライアントにとって、カウンセラーは自分自身の良き理解者となります。 誰でも自分の事を理解してほしいと思うもの。

良き理解者ほど、自分にとって大切な人であると言う認識になっています。 自分にとって大切な人=恋愛対象の人と言う考えに発展する事もあり、結果、恋愛感情を抱くと言う事にもなりかねません。

7. 悩みを解決してくれる力強さ

花

頼りになる力強い異性に魅かれるのは、人間の本能かも知れません。 自分にはないものを持っている人や自分の悩みを解決してくれる力強さを持っているカウンセラー異性だった場合、心を奪われても不思議ではないと言えるかもしれません。

自分の悩みを聞いてくれて、その上で優しく解決策を提示してくれるカウンセラー。 そんなカウンセラーに恋愛感情を抱くと言う事は、不思議ではないのかも知れません。

8. 素直な自分になれるため

目

他人の前では、素直な自分になる事ができないと言う人でも、カウンセラーの前なら素直な自分になる事ができると言ったクライアントは、ほとんどです。

中には、こんなに素直な気持ちになったのは、初めて!と言う人もいるほど。 そんな、素直な自分になる事ができる相手が異性のカウンセラーだった場合、自分が素直な気持ちになる事ができると言う事は、それだけ、この人の事が好きなのでは?と勘違いしてしまう事も少なくありません。

素直な気持ちで話をする事で、自然と心を引かれあっているかのような勘違いが芽生え、結果、恋愛感情へと進んで行ってしまうのです。

9. カウンセリングを受ける事で、自分には、この人しかいないと思うため

足アップ(女性・砂浜)

カウンセリングを受ければ受けほど、親密感が深くなり、もう、自分にはこの人しかいない!と勘違いしてしまう事も…。

悩みがあってカウンセリングを受ける事になったクライアントの場合、特に人間不信になっている人も少なくありません。

そんな人がカウンセラーと何度も話をし、時間を共に過ごす事で、周りが見えない状況になり、結果、自分には、この人しかない!と思い込んでしまう事があります。 それを恋愛感情と勘違いしてしまう事もあるのです。

10. 優しい言葉ばかり投げかけてくれるため

花

カウンセラーの言葉は、常に優しく、美しい言葉が基本となっています。

そんな言葉をいつも聞いている事で、自然と気持ちがカウンセラーの方に引き寄せられるといった事も少なくありません。

優しい言葉を聞くたびに好きになっていってしまうと言う事なのです。 その結果、カウンセラーに恋愛感情を抱いてしまうのです。

心理的錯覚? クライアントがカウンセラーに恋愛感情を抱きやすい理由 10選をまとめて見ました。


女性

親密感がなければ、カウンセリングを行う事は出来ません。 その為、どうしても、クライアントとカウンセラーの親密感は、とても、近いものとなります。

これはあくまでも、カウンセラーが診療をしやすくする為の手段となっているのですが、そういった親密感からクライアントの方は、恋愛感情を抱きやすい傾向にあります。

親密感が大きくなればなるほど、クライアントの気持ちを抑えることが難しくなってくるのです。

女性

カウンセラーの仕事は、クライアントの話をうまく聞き事となります。 クライアントの話を聞く事で、悩みの解決へと導くのですが、そんな話をうなく聞いてくれる事で、自分に好意があるのではないかとクライアントが勘違いしてしまう事も少なくありません。

その結果、クライアントはカウンセラーに恋愛感情を抱くようになってしまうのです。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!