恋、ちゃんと選んでいますか?意外に知らない恋愛の選び方、これからの「恋愛」の話をしよう。そんなあなたの恋のミカタ

 

意外に知らない恋愛の選び方

https://koinomikata.com/blog/20170703164722.html
毎日会う、頻繁に会うと好きになりやすい理由10選

毎日会う、頻繁に会うと好きになりやすい理由10選 | 恋のミカタ

恋のミカタ
毎日会う、頻繁に会うと好きになりやすい理由10選

人と毎日会うことはその人の魅力を知る機会となります。 それが好きという気持ち生じさせたり、強めたりすることがあります。 そのときの心理状況のいくつかをご紹介します。

  • 隠れた魅力を知る事ができる
  • ギャップに魅かれる
  • かっこいい(可愛い)ことに気づく
  • 相手が自分を好きだったことに気づく
  • 自分との相性が良いことに気づく
  • 会わないことが不自然と感じる瞬間
  • 力になりたいという感情
  • 自分の気持ちが言いたくなる
  • 滅多に見せないしぐさに魅かれる
  • 単純接触効果?

1. 隠れた魅力を知る事ができる

女性(喜4・ピース)

ある人と頻繁に会うことで、その人の隠れた魅力が見えてくることがあります。 そのような魅力に心が動き、その人を好きになることがあるのです。

このような魅力は特定の人と頻繁に会わなければ発見できません。 このような状況により仲の良い友達だった二人が急に付き合うことになったというケースが多々あるのです。

2. ギャップに魅かれる

風景(森林・秋)

異性がこれまでとは異なる顔を見せると、ドキッとすることがあります。 とりわけいつもおとなしい男性が男らしい一面を見せたり、逆にいつも活発な女性が家庭的な一面を見せると、何とも言えない感情が沸き起こってくるものです。

このようなギャップは常に現れるものではありません。 むしろいつもと異なる一面が表現されるのは、非常にレアなことかもしれません。 それゆえに頻繁に特定の異性と合うことで、このようなギャップを目にする機会が増えるのです。

以前はそれほど気にならなかった人が、あるときから急に気になるようになったと感じる人の多くは、このギャップに心を魅かれています。

3. かっこいい(可愛い)ことに気づく

女性(楽7・アップ)

特定の異性と頻繁に顔を合わせることで、その人の表情を見る機会も増えます。 恐らく多くの人は何気なく接していた異性が実はかっこよかった、もしくは可愛かったと感じたことがあるでしょう。

たとえば女性の中には髪の毛で顔の大半を隠すヘアースタイルが好みの人がいます。 そのような人がふと髪の毛をアップにして登場したとき、「こんなに可愛い顔をしていたんだ」と驚く男性がいます。

頻繁に会うとこうした状況に直面する機会も増えるために、突然「好き」という気持ちが生じることがあります。

4. 相手が自分を好きだったことに気づく

風景(海・波1)

誰でも人に好かれると嬉しくなるものです。 しかし相手が自分のことを好きであることに気づかず、恋愛に発展しないこともあります。

逆に告白されないものの相手が自分に好意を持っていることが分かった場合、恋愛に発展することがあります。 シャイな人は自分の思いをなかなか伝えることができません。 それでもそのような気持ちはふとしたときに行動に現れます。

特定の異性と毎日会っていればその人が自分に好意を抱いているかどうかがわかり、恋愛対象として見ることができます。

5. 自分との相性が良いことに気づく

手アップ(繋ぎ10・恋人繋ぎ)

交際相手との相性は、誰もが気にするものです。 どんなに見た目が良くても趣味が合わなかったり、考え方が全く異なっていればお付き合いは難しいでしょう。

それとは対照的に相性が良い異性とは楽しく過ごせるものです。 友達として異性と頻繁に会う機会があり、その人との相性が良いことに気づいた場合、「この人とならうまくやっていけるかも」という気持ちが湧きおこり、恋愛に発展することがあります。

6. 会わないことが不自然と感じる瞬間

風景(森林・桜・ピンク)

異性の友達とグループで頻繁に会ってるという人がいます。 しかし何らかの理由でグループの中にその人がいなかった場合、何とも言えない違和感を感じることがあります。

このような感情は頻繁に会っている異性のことが気になっている証拠です。 なぜ気になっているのか、その理由は様々ですが、このような気持ちが湧きおこるのは自分の気持ちに気づかずに時を過ごしている可能性が高いと言えます。

その気持ちに気づいたとき、一気に恋愛に発展することがあります。

7. 力になりたいという感情

風景(都市俯瞰3・夜)

頻繁に会っている異性が思わぬ形で弱さを見せることがあります。 このようなケースではその人を支えてあげたいという気持ちが湧きおこるものです。

このような感情が行動に現れるとお互いの内に恋愛感情が生じることがあります。 仲の良い異性が弱い一面を見せることも頻繁に生じるような出来事ではありません。

そのため何度も会うことでこうした状況に直面する機会が増えます。

8. 自分の気持ちが言いたくなる

手アップ(携帯操作・女性1)

頻繁に会っている異性のことが気になっているにもかかわらず、自分の気持ちに気づかずにいる人がいます。 中にはあえてそのような気持ちを膨らませないようにし、友達という関係を続けていこうと感じる人もいます。

しかし自分の気になる異性にアプローチをかけてくる人がいると、自分の気持ちを正直に話さなければならないという感情が沸き起こってきます。 その感情が後押しし、告白に至ることも多々あるのです。

9. 滅多に見せないしぐさに魅かれる

風景(ビル・停留所)

人前ではしっかりしていなければならないという心理は誰の内でも働くものです。 そのため人前では本当の自分を見せないようにしている人もいるのです。

しかし特定の人と頻繁に会っていると、その人の真の姿が見えてきます。 そしてしっかりしていると思っていた人が実はおっちょこちょいな一面を持っていたりすると、「可愛らしいところもあるものだ」という気持ちが湧いてきます。

実のところ、欠点と思われることはその人の魅力でもあるのです。 こうしたしぐさが可愛らしく見えることで異性を引き付け、それがきっかけで恋愛に発展することもあります。

10. 単純接触効果?

手アップ(遠くへ手をかざす・男性)

一度相手のことが好きになると、その気持ちはどんどん強くなっていいきます。 そして合う頻度が多いなら、気持ちは高揚する一方でしょう。

その人と会いたいという気持ちが何をするにしてもやる気を起こさせてくれるために、物事をポジティブにとらえることができます。

人と毎日会うことはその人の魅力を知る機会となります。 それが好きという気持ち生じさせたり、強めたりすることがあります。 そのときの心理状況のいくつかをご紹介します。


女性(喜4・ピース)

ある人と頻繁に会うことで、その人の隠れた魅力が見えてくることがあります。 そのような魅力に心が動き、その人を好きになることがあるのです。

このような魅力は特定の人と頻繁に会わなければ発見できません。 このような状況により仲の良い友達だった二人が急に付き合うことになったというケースが多々あるのです。

風景(森林・秋)

異性がこれまでとは異なる顔を見せると、ドキッとすることがあります。 とりわけいつもおとなしい男性が男らしい一面を見せたり、逆にいつも活発な女性が家庭的な一面を見せると、何とも言えない感情が沸き起こってくるものです。

このようなギャップは常に現れるものではありません。 むしろいつもと異なる一面が表現されるのは、非常にレアなことかもしれません。 それゆえに頻繁に特定の異性と合うことで、このようなギャップを目にする機会が増えるのです。

以前はそれほど気にならなかった人が、あるときから急に気になるようになったと感じる人の多くは、このギャップに心を魅かれています。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!