恋、ちゃんと選んでいますか?意外に知らない恋愛の選び方、これからの「恋愛」の話をしよう。そんなあなたの恋のミカタ

 

意外に知らない恋愛の選び方

https://koinomikata.com/blog/20170701160030.html
見返りを求めない恋愛をする方法

見返りを求めない恋愛をする方法 | 恋のミカタ

恋のミカタ
見返りを求めない恋愛をする方法

恋愛において見返りを求めないことができればどれほど素晴らしいことでしょうか。 けれどもそれって本当に難しいことではあります。 そんな難しいことできるのかはやってみなければ分からないことだし、もしできるのならやってみる価値はあります。 そこで見返りを求めない恋愛方法をご紹介いたします。

  • 報われるかなんて考えてはいけません
  • 期待しすぎないこと
  • ルールはほどほどに
  • 相手に多くを望まない
  • 自立をすること
  • 与えてるのは頂いてること
  • 信じる愛をもらってる
  • 支えることが大切な気持ち
  • パートナーを理解する
  • 損をしても見返りを求めない

1. 報われるかなんて考えてはいけません

手アップ(男女ハグ・ベッド)

恋愛において相手の行動がたまに頭にくることってあると思いますが、そのときに引くことができなくなり結果分かれてしまうというケースも少なくありません。

もしそのときに自分は報われたいと思わなければどうだったでしょうか。 相手の行動で腹が立ちそのまま分かれてしまうことなどなかったかもしれません。

報われるなんてそもそも考えなければそんなことにもならず一緒にいれたことでしょう。

2. 期待しすぎないこと

女性(祈り3・顔隠れ・正面)

期待しないともなればそこに愛はあるのと?思われるかもしれません。 けれどもあまりにも相手に愛を求めすぎてしまうとそれだけで恋愛を楽しむどころか二人とも疲れてきってしまい結局分かれてしまうことになる可能性もあります。

そしてそれがもし期待しすぎないという気持ちに切り替えてみたらどうでしょうか。

相手に期待しすぎないというのは何も相手を好きじゃないということではなく、相手に喜んでもらえたらと考えればいいのではないでしょうか。

3. ルールはほどほどに

手アップ(スマホ・女性1・顔隠れ)

恋愛で見返りを求めないようにするには相手に多くを望まないことがありますが、二人の間で上手く付き合っていくためにルール作りをすることもあります。

ただルール作りそのものはいけないことではありませんが、あれもこれもルール作りをしてしまうと過剰になり、それが喧嘩になる可能性にもなります。

ルールイコール縛ることでもあるということを考え見返りを求めないように考えましょう。

4. 相手に多くを望まない

手アップ(遠くへ手をかざす・男性)

どこかへ出かけたとき、もしそれがあなたが決めたプランだったとします。 けれどもパートナーはあまり嬉しそうではありませんでした。

そのときどう感じるでしょうか?せっかく一生懸命プラン練ったのにと考えているようではいけません。

何事も見返りを求めない恋愛にするのであれば自分が満足すればいいだけのことです。 つまり自分自身が楽しめれば、あまり乗り気じゃなかったパートナーも徐々に満足してくれるかもしれません。

5. 自立をすること

はぶらし

見返りを求めるということは自分が満足したいからであり、そしてそれは時には押し付けてるという結果にも繋がってしまいます。

そうではなく見返りを求めない恋愛を楽しむ方法にするのであれば自立をすること、パートナーがもし返事をしなかったら、それをいちいち気にするのではなく前を向くことです。

そうすることによって相手の気持ちになって考えることもでき自立するということはそういことなんです。

6. 与えてるのは頂いてること

男女(仲良22・男性目隠し・雪山)

愛というのは一緒にいて初めてお互いの愛となり、それは二人にとってとても大切な気持ちでもあり恋愛にとって重要にもなってくることになります。

もしパートナーがあなたにとって辛いことをしたとします。 そのときに怒るのではなくいつも愛をくれてありがとうという気持ちを持ってれば怒ることもなくなるでしょう。

愛は与えてるのではなく頂いてるという気持ちを覚えておけば見返りを求めない恋愛をすることができるはずです。

7. 信じる愛をもらってる

パン(ハート型)

恋愛ではお互いに会えないことは当然ながらあります。 そのときはやはり不安な気持ちに駆られてしまうことになりますが、だからといって常に連絡をするというのも何か間違えたことではないでしょうか。

そうではなくお互いを信じ合えるのであれば、そして信じているのであればそれは愛をもらってるという自身にも繋がるはずですので、信じる愛をもらってると考えましょう。

8. 支えることが大切な気持ち

男女(椅子・顔隠れ・足組み)

見返りを求めないということは恋愛において大切な考え方ではありますが、一方的に気持ちを押し付けるようなことをしてしまうと見返りどころか恋愛すら上手くいかなくなることも考えられます。

ですから見返りを求めない恋愛をする方法には支えるということが大切です。 辛いときに支えられたパートナーは無償の愛を感じ心のゆとりさえ感じてくれるでしょう。

ただだからといって自分もそれを望むのではなく支えることで見返りを求めない行動をしなければいけません。

9. パートナーを理解する

両親(笑顔)

パートナーのことは理解してる、そう思ってても喧嘩したときにはそれは制御することができないでしょう。

見返りを求めない恋愛をするのであればパートナーのことをもっと理解してあげること、そしてこの人はまたここで何を言うのか知り、そしてなだめてあげられるようにしてあげてください。

そうすることによって恋愛を上手く発展させることができるでしょう。

10. 損をしても見返りを求めない

男女(ハグ・夜)

見返りを求めない恋愛をする方法の中で相手が何をしても許せるようになることがあります。

これは一見それって都合のいい人と思うかもしれませんが、実は本気で好きな相手ならそれすらもできるようになり、例えばもし相手が信じられないほど浮気をしてしまったとしても、いつか自分を最後に選んでくれると信じてさえいればきっと上手くいくはずです。

そしてパートナーもあなたのことを最後には大切な人と気がつくでしょう。

恋愛において見返りを求めないことができればどれほど素晴らしいことでしょうか。 けれどもそれって本当に難しいことではあります。 そんな難しいことできるのかはやってみなければ分からないことだし、もしできるのならやってみる価値はあります。 そこで見返りを求めない恋愛方法をご紹介いたします。


手アップ(男女ハグ・ベッド)

恋愛において相手の行動がたまに頭にくることってあると思いますが、そのときに引くことができなくなり結果分かれてしまうというケースも少なくありません。

もしそのときに自分は報われたいと思わなければどうだったでしょうか。 相手の行動で腹が立ちそのまま分かれてしまうことなどなかったかもしれません。

報われるなんてそもそも考えなければそんなことにもならず一緒にいれたことでしょう。

女性(祈り3・顔隠れ・正面)

期待しないともなればそこに愛はあるのと?思われるかもしれません。 けれどもあまりにも相手に愛を求めすぎてしまうとそれだけで恋愛を楽しむどころか二人とも疲れてきってしまい結局分かれてしまうことになる可能性もあります。

そしてそれがもし期待しすぎないという気持ちに切り替えてみたらどうでしょうか。

相手に期待しすぎないというのは何も相手を好きじゃないということではなく、相手に喜んでもらえたらと考えればいいのではないでしょうか。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!