恋、ちゃんと選んでいますか?意外に知らない恋愛の選び方、これからの「恋愛」の話をしよう。そんなあなたの恋のミカタ

 

意外に知らない恋愛の選び方

https://koinomikata.com/blog/20170618163805.html
男性でもキャバクラやスナックが嫌いな方の心理

男性でもキャバクラやスナックが嫌いな方の心理 | 恋のミカタ

恋のミカタ
男性でもキャバクラやスナックが嫌いな方の心理

なんで楽しいのに好きじゃないの?男性でもキャバクラやスナックが嫌いな方の心理まとめました。



  • そもそも女性に興味がない
  • 遊びに使うお金がもったいない
  • 女性とのコミュニケーションは自然な出会える遊びを優先
  • 水商売の女性と会話することが苦手
  • 夜外出することそのものが嫌だから
  • お客様としてよいしょされるコミュニケーションがいやだから
  • お酒を飲むことが嫌だから
  • キャバクラやスナックよりも静かに過ごしたい
  • 職場の方と仕事外の時間を過ごしたくない
  • 女性を好きになってしまいそうで怖いから

1. そもそも女性に興味がない

男性(悩み2)

そもそも女性とのコミュニケーションに興味がない方にとっては面白くもなんともない場所です。 普段の行動を見ていて女性に対して興味がないと思ったらこうした方々を無理に誘うのはやめましょう。

2. 遊びに使うお金がもったいない

お金

サラリーマンにとってお小遣いは非常に貴重な問題になってきます。 自分自身の趣味になけなしのお小遣いを投資したいのに、キャバクラやスナックで投資することに関してはもったいないという方も数多くいます。

これも決して間違いでもなく、個人の自由ですから決して無理強いするようなことはやめましょう。

お互いの立場に立って考えればよくわかることだとおもいます。

3. 女性とのコミュニケーションは自然な出会える遊びを優先

風景(橋・明)

女性とのコミュニケーションを行うのであれば、お酒と会話のスナックやキャバクラよりも自然な出会える遊びに行きたいという男性も多いことでしょう。

この傾向を否定するわけにもいきません。それぞれ指向性があるわけですから。

きっと、こうした方々にとっては無駄な都市という考え方もされるかもしれません。

4. 水商売の女性と会話することが苦手

水商売

女性とのコミュニケーションそのものは特に問題なくとも、水商売の女性とか言わすることに対して非常に抵抗を覚えている方も多いはずです。

こうした方々をキャバクラやスナックに誘うことはあまり得策ではありません。

なんといっても、気持ちよく楽しんでこそのスナックやキャバクラですから、きっと、ちょっとしたしぐさでこのタイプの男性は見極めができるのでしっかり気遣いをしましょう。

5. 夜外出することそのものが嫌だから

ゴルフ

夜の外出が嫌な方が多いのも事実です。 特に夜の外出となれば、スポーツジムに行ったり、テニスをしたり、ゴルフの練習をしたりと週末に向けた練習などをしっかりする時間に充てたいという方も多いはず。

無理にお酒を飲むような場面に行くのではなく、健康的に運動したい。だからこそ、こうしたキャバクラやスナックには行きたがらないわけです。

6. お客様としてよいしょされるコミュニケーションがいやだから

上目線

キャバクラやスナックに行けば、男性陣は当たり前のことながらお客様です。 もちろんのこと、女性陣からは笑顔で迎えられるし、よいしょのコメントも多く出てきます。

これを目的に来店する方も多い中、こうした会話に対してしらじらしさ、そして嫌悪感を抱いている方々がいないとも限りません。

こうした方々にとってはもちろんのことながら、一般の女性との出会いの場のほうがよいわけです。

7. お酒を飲むことが嫌だから

手アップ(ビール乾杯1)

今は、お酒を飲まない方が増えてきています。 キャバクラやスナックに行けば、どうし手もお酒を頼むことになります。

仮に頼まないにしても割り勘となれば、それ相応の負担が出てくるのは言うまでもありません。

こうなったときにそこまでしてキャバクラやスナックに出かけることが自分にとってそれほどメリットのある事かどうか、冷静に考えるともったないということになるでしょう。

さらにお酒を飲みながらのコミュニケーションにしらふでついていけず、気まずいというところもあるのかもしれません。

8. キャバクラやスナックよりも静かに過ごしたい

静かに過ごす

仕事終わった後、緒と軽くいくかといわれてうれしい方もいれば、静かに家で過ごしたいという方もいます。

ましてやキャバクラやスナックとなれば別でしょう。 会話を楽しむ場所であり、ゆっくり静かに過ごす場所ではありませんので。

もちろん、たまには気分転換で李yするのはOKという方もいるかも知れませんが、仕事帰りは自宅でビール、お酒、テレビ、パソコンという方にとっては無理強いをするのはあまり得策ではないのかもしれません。

今に時代、若手でも同じことが当てはまるでしょう。

9. 職場の方と仕事外の時間を過ごしたくない

仕事靴・ネクタイ

スナックやキャバクラに行くとなれば、必然的に同行するのは職場の方々ということになってくるでしょう。

仕事の時間だけでもつらいにもかかわらず、業務時間以外もあえて、キャバクラやスナックといった場所に一緒に行って、長時間過ごすことに抵抗を覚えてしまいます。

これはサラリーマンとしてお付き合いで仕方がないご接待ならまだしも、同じ職場で行くとなれば、それとなく断ることでご免こうむることも無理な話ではなく、許されると考えてもよいでしょう。

10. 女性を好きになってしまいそうで怖いから

臆病

過剰反応かもしれませんが、あまりキャバクラやスナックなどに免疫がない男性にとって、こうした場での女性との会話、コミュニケーションに対していつのまにか好意を抱くようになってしまい、はまってしまうのではないかという懸念をもっています。

だからこそ、こうした失敗を招かないがために一切、キャバクラやスナックに行かない。

こうしておけば、女性との出会いもなく、トラブルにも結び付かないということになります。

いかにも極論ですが女性に免疫がなければこうした恐れもあります。


この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!