恋、ちゃんと選んでいますか?意外に知らない恋愛の選び方、これからの「恋愛」の話をしよう。そんなあなたの恋のミカタ

 

意外に知らない恋愛の選び方

https://koinomikata.com/blog/20170530114029.html
二股中の彼氏が取る行動や本命との違い

二股中の彼氏が取る行動や本命との違い | 恋のミカタ

恋のミカタ
二股中の彼氏が取る行動や本命との違い

二股中の彼氏が取る行動や本命との違い、本命と浮気相手との行動は日常的なしぐさや行動ですぐにわかってしまものです。 そんな違いまとめました。



  • 決して結婚の話はしない
  • 自分の親友との接点を設けない
  • スケジュールを完全にオープンにしない
  • 特定の記念日を設けるのを嫌がる
  • プレゼントは比較的こなれて安価なもの
  • 過去の女性との付き合いは必ず隠す
  • スマートフォンは必ずロック
  • デートの約束は確約なし
  • お泊りは極力なし
  • なぜか、特定の曜日は会えない
  • デートは割り勘が大前提
  • クルマは常に清掃済み
  • 彼の部屋は絶対に招かれない
  • 必要以上の距離感を持とうとする
  • 共通の知人を作ることを嫌がる
  • ペアグッズは持たない
  • 数ヶ月先のスケジュールは組まない
  • やましいことがあるとやけにやさしくなる
  • 電話、メールで席をはずしたがる
  • 明らかなうそでも突き通そうとする

1. 決して結婚の話はしない

指輪(花)

少しでも結婚の話になると、その雰囲気を察知して逃げようとする。 もちろん、二股であり、本命が他にいるのであれば、なおさらのことで、両親の話や家族の話、また食事でもあるということになれば、必ず何かにつけて逃げる癖がついている。

2. 自分の親友との接点を設けない

男性(後ろ姿・黄昏れ・セピア)

自分自身の女性の交友関係がばれることを恐れて、なかなか自分の親友や友人を紹介しようとしない。

もちろん二股や本命が別にいることをばれているとしても、客観的にばらされることを決定だとして恐れているから他なりません。

都合よく二股の関係を続けたいがためにこれは彼氏としてもある意味、戦略として考えているのではないかと思います。

3. スケジュールを完全にオープンにしない

部屋(喫茶店内)

基本的に付き合っていれば、スケジュールは完全オープンのほうが好ましいというのが一般的なところでしょう。

しかし、二股・本命が他にいるとなれば話は別。 本命や他の彼女との時間を知られたくないのであれば、どうしてもスケジュールは隠さねばなりません。

きっと、ある程度はオープンにするでしょうが他の彼女との時間はかなりの確率でシークレットにしてしまうのが本音ではないでしょうか。

4. 特定の記念日を設けるのを嫌がる

男性(悩み8・レール上)

付き合っているのであれば、記念日は非常に重要なターニングポイントです。 お互いの気持ちを確かめあうための行事なども設定したがるものですがなかなか設定したがらないとしたらそれは二股、本命の彼女がいる可能性もあります。

何しろ、確定スケジュールをつくってしまうともし、かぶってしまったときに言い訳ができないからです。 それもたまのデートなら露知らず、記念日となればなかなか言い訳できないですから。

5. プレゼントは比較的こなれて安価なもの

プレゼント

本命や別の彼女がいるとコストもかさんできます。 それだけにプレゼントもコストパフォーマンスが命。

購入価格は安くて気が利いたものを選ぶことを大前提にしていると思います。 安くても気持ちが入っていることを必要以上のアピールで。

これが男性としてもポイントになってきますので。

6. 過去の女性との付き合いは必ず隠す

男性(暗・遮光窓際)

女性の影を極力見せない。 これもポイントです。 別に過去の彼女の話なら大きな問題はないと思ってもいいのですがそれがいつのまにか現状の話に結びついて、ぼろが出てしまうと大変ですから。

こうした理由から極力、過去の女性関係も隠すことで取り繕う、そして都合よく彼女との関係を円滑に進めたがるということが多くなってきます。

まあばれることもありますが。

7. スマートフォンは必ずロック

スマホ

どうしても、別にお付き合いしている彼女がいれば、連絡が入ってきます。 そんなときに以下にうまく隠すことができるか大きなポイントになります。

今のスマートフォンは大画面で通知もでてしまいますのでその通知も消す必要があります。 さらにはその履歴なども見られてはまずいという心理が働くがために必ずロックはかけていると思います。

女性からもこれはなぜロックをかけているのとは聞きにくいものですから。

8. デートの約束は確約なし

男性(暗・目線下)

はっきりいって、この状態が非常に怪しいといわざるを得ないのですが、デートの時間などを仕事が忙しいから、プライベートで急用があるからといって確約しない。

こんなこともあるでしょう。 はっきりいって都合よくスケジュールがあいたときだけあおうという位置づけにされている可能性さえあるわけです。

それでもかまわないかどうか、それは本人次第かと思います。

9. お泊りは極力なし

風景(繁華街・夜)

二股、本命がいる場合どうしてもお泊りデートは避けられる傾向にあります。

なんといっても24時間も一緒にいれば、他からの連絡も入ってきますし、何らかの召集がかかったときにすぐに動けないからです。

こうした雰囲気を察知して女性からもつつくコトは可能ですが、都合のいい女として長く付き合っていたいのであればあえてそこは突っ込むことなくそのままにしておくのもポイントではないでしょうか。

10. なぜか、特定の曜日は会えない

男性(綺・目瞑る)

他に彼女がいた場合にはきっとその彼女の都合に合わせて定期的に会っている時間があるはず。 だからこそ、特定の日程はあえないということになってしまいます。

もちろん、こうしたスケジュールに関して質問、いぶかることをしてもいいのでしょうが、それが最終的に面倒な女性だと思われる可能性もあるのでそのさじ加減は難しいところです。

11. デートは割り勘が大前提

クレジットカード

デートは基本的に割り勘。 たまにはもっと出してよといいたいところですが二股、本命がいるのであればなかんかその財布も大変になってきます。

だからこそ、割り勘を大前提にしてしまうことがおおくなるわけです。

そもそもこうしたポリシーの男性を好きになることが間違いだと思って我慢していくしかないのかなとも思いますが。

12. クルマは常に清掃済み

男性(車運転2)

彼のクルマは異常なくらいきれいになっているのでしょう。 密室で女性といっしょになるとにおいもつくし、髪の毛も間違いなく落ちてしまいます。

だからこそ、彼もその存在を消し去るために掃除はまめに行っているし、においも芳香剤などで消し去る努力をしているはず。

男性から見ると涙ぐましい努力ですが、女性からすると残念なお話です。

13. 彼の部屋は絶対に招かれない

風景(花・グラス・外)

社会人で自分の部屋を持っている彼氏なら普通、お付き合いしていれば招かれることもありますが、二股、本命がいる場合は不思議なくらい招かれないはず。

それもそもはず。 とにかく女性の痕跡を自分の部屋に残すことに対して非常に違和感を持っているからです。

本命に対しても、もう一方の二股に対しても雰囲気さえも感じ取られたくがないための防護策です。

14. 必要以上の距離感を持とうとする

男性(後ろ姿・黄昏れ・夕日)

付き合っていても、距離感をしっかり保つようにするのもひとつの特徴です。

あまりにも距離感が近すぎるといざというときに別れにくいということにつながるからです。 都合よくいつでもわかれられるような関係こそが彼にとって非常に重要な距離感だといえるでしょう。

15. 共通の知人を作ることを嫌がる

女性(仲良7・女性同士・楽)

自分自身の本性を知られたくがないために共通の知人はまずつくりたがらないものです。

自分の友人だけではなく、彼女との友人ともパイプを作ることでぼろが出てはまずいという心理が働くわけです。

16. ペアグッズは持たない

手アップ(花・手渡し)

付き合っていれば、どうしてもペアグッズを持とうという話も出てくるでしょう。 し架し、本命や他の彼女がいればそれはご法度。

別の女性といっしょにいるときに指摘されたら答えようがないからです。 もちろん、いっしょに買いにいった時点で身につける必要性が出てくるのですから。
ここは最初から拒否ということになるでしょう。

17. 数ヶ月先のスケジュールは組まない

手アップ(男性・時計確認)

長期的なスケジュールを組むことを嫌がるはず。

これは他の彼女とのスケジュールも加味しながら予定を決めたいので本命意外とはなかなかすぐにスケジュールを決めることをしたがらないはずです。

18. やましいことがあるとやけにやさしくなる

男女(ハグ・女性胸中・男性顔隠れ)

本命の彼女や二股の彼女と会った後にはなぜか疚しい殻かどうか、やけに優しくなってしまう。

これも男性心理でしょうか。 必要以上に会話をしようとしたり、やさしさを感じるときは逆に前の時間に何かあったのかなといぶかってもいいくらいだといえるのではないでしょうか。

19. 電話、メールで席をはずしたがる

風景(枯れ木・夕日)

一緒にいる時間でもどうしてもメールや電話が他から入ります。 やましいことなどなければその場で対応ですがどうしても席をはずしてしまいます。

それも彼女とのコミュニケーションのときにかぎって。

20. 明らかなうそでも突き通そうとする

男女(男詰問)

どれだけ狡猾な男性でも本命がいたり、二股をしているとばれてしまうもの。 しかし、こうした男性はばればれでもうそを突き通そうとしてしまいます。


この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!