恋、ちゃんと選んでいますか?意外に知らない恋愛の選び方、これからの「恋愛」の話をしよう。そんなあなたの恋のミカタ

 

意外に知らない恋愛の選び方

https://koinomikata.com/blog/20180316144734.html
元彼からの嫌がらせの対処方法

元彼からの嫌がらせの対処方法 | 恋のミカタ

恋のミカタ
元彼からの嫌がらせの対処方法

元彼からの嫌がらせについて悩んでいる人もいるでしょう。

嫌がらせは上手く対処しなくては、大きなことになってしまいます。 そこで、今回は元彼からの嫌がらせの対処方法についてご紹介したいと思います。



  • 元彼からの嫌がらせを受ける理由を考えてみる
  • 元彼ときちんと話し合える機会を持っ
  • 先ずは電話で話してみる
  • 危害を加えようとしている場合は警察などに相談する
  • 共通の友達に相談してみる
  • 人の多い所でお互いの友達と一緒に会う
  • 弁護士などに間に入ってもらうことも
  • まとめ

1. 元彼からの嫌がらせを受ける理由を考えてみる

元彼からの嫌がらせを受ける理由を考えてみる

元彼から嫌がらせを受けてしまい困っているのなら先ずは、嫌がらせを受けている原因について思い返して見てください。

自分では、きちんと別れているつもりでも実は相手には伝わっていなかったりすることも多いといわれています。 また、元彼が嫌がるようなことをしたり、傷つけるような言葉をいってしまったまんま別れたりしていないかなど、自分自身の元彼に対する行いなどを思い返して見なければ嫌がらせは解決しません。

2. 元彼ときちんと話し合える機会を持っ

元彼ときちんと話し合える機会を持っ

元彼の嫌がらせがエスカレートしてしまわない時点で、きちんと元彼と話をする機会を設けることも大切だといわれています。

ただ、完全に元彼の嫌がらせがエスカレートしてしまったり、散々あなたが無視をしてしまったあとでは、2人きりで会ったりするのは危険が伴うこともあるため、考えなくてはなりません。 元彼が話し合えるような状況であるかどうかきちんと判断してから行動するようにすることです。

3. 先ずは電話で話してみる

先ずは電話で話してみる

いきなり嫌がらせをしている元彼に会うのは危険な場合があります。

元彼の気持ちもこじれてしまっているため、会うと感情的になってしまい事件性も高くなる事も考えなくてはいけません。 そのため、電話で話して見るという方法も効果が期待されるかもしれません。

ゆっくり、丁寧に元彼の気持ちを聞いて悪いところは謝ることも必要です。 もしも元彼が会うことを求めてきた場合はその場ではすぐに返事をしないようにしましょう。

4. 危害を加えようとしている場合は警察などに相談する

危害を加えようとしている場合は警察などに相談する

もしも元彼の気持ちが治まらず、危害を加えるような言葉などを言ってきたり、恨みなどがあるようなら、自分一人では解決は不可能になってきます。

そのため、警察に相談し解決方法の支持を得ることも必要になってきます。

5. 共通の友達に相談してみる

共通の友達に相談してみる

元彼の嫌がらせを対処するには、共通の友達に相談してみるのも方法のひとつかもしれませんね。

元彼がどのように自分とのことを思っているのかなどを聞いてもらい対応てみるのも早い解決になるかもしれません。 元彼に対しての誠意もきちんと友人に伝えてもらうことも効果的かもしれません。

6. 人の多い所でお互いの友達と一緒に会う

人の多い所でお互いの友達と一緒に会う

元彼がもしも話し合いに応じてくれたら、お互いの友達も交えて明るい人多い所で話をするのも良いでしょう。

人の目があるところでお互いの協力者を交えて話し合うことは、感情的になってしまい喧嘩になることも少なくなからです。 元彼一人に対してあなたの友人が数人などで会うことは、元彼が責めたてられるような気持ちになってしまい。

後々嫌がらせがエスカレートする可能性もあるため辞めておくようにしましょう。

7. 弁護士などに間に入ってもらうことも

弁護士などに間に入ってもらうことも

元彼の嫌がらせがエスカレートしてしまい警察に頼んでも解決が出来ない場合は、法的な専門家である弁護士に依頼し間に入ってもらうことも効果的でしょう。

お互い顔を合わすことがなく、弁護士を介してのやり取りになるため嫌な思いをしなくて良いのです。 ただ、弁護士が入ることは費用もかかり大がかりになることもあるため、よく考えてから依頼するようにしましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?ちゃんと別れたつもりでも元彼が納得していなくて嫌がらせを繰り返してくることもあるようです。

大きな事件にならない為にも、自分一人で抱え込まないようにしないといけませんよね。 まずは、警察などに相談することも視野に入れておくようにしましょう。


この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!