恋、ちゃんと選んでいますか?意外に知らない恋愛の選び方、これからの「恋愛」の話をしよう。そんなあなたの恋のミカタ

 

意外に知らない恋愛の選び方

https://koinomikata.com/blog/20180222171742.html
ジーンズが大好きな男性。その心理や特徴

ジーンズが大好きな男性。その心理や特徴 | 恋のミカタ

恋のミカタ
ジーンズが大好きな男性。その心理や特徴

「とにかくいつもジーンズを履いている。 ジーンズをやたらと買う。 履き込んだジーンズにこだわっている。 高額なジーンズを買うために貯金している」このような、ジーンズ大好き男性では、どのような心理・特徴があるでしょう。

  • ジーンズのしっかりした履き心地に安心する
  • 履き込むことに喜びを感じている
  • アーティストなどへのあこがれからハマっている
  • 収集癖が強い
  • 体型キープのために履いている
  • オートバイが好きである
  • まとめ

1. ジーンズのしっかりした履き心地に安心する

ジーンズのしっかりした履き心地に安心する

ジーンズは非常にしっかりしたボトムスであり、少々のことでは破れたりしません。 特にマニアックでないタイプのジーンズ大好き男性では、主に「履き心地」「安心感」からジーンズを選んでいるのです。

男性によっては、小学生・中学生からジーンズばかりで、普段着は必ずジーンズというまま成人していることもあります。 このタイプでは、一般の綿パンやジャージなどでは、心もとなく思ってしまうのです。 仕事でスーツなどを着ていても「何となく心もとない」と感じていたりします。

2. 履き込むことに喜びを感じている

履き込むことに喜びを感じている

ジーンズは、丈夫な反面洗濯で色落ちしやすく、また丈夫なだけに長年履くことができ、自然な「ダメージ」が発生してきたりする衣類です。 色の濃いジーンズを買って自分のペースで洗濯し、適度な「落ち感」を楽しむ男性もいますし、全く洗濯せずに緩やかな色落ちや色キープを楽しむ男性もいます。

履き込むことで傷んでくることに「味」を感じるのもジーンズ大好き男性の特徴です。 考えてもみれば、「色が変わってきたり、傷んでくることで味が出てくる服」はそう多くないものです。 このような男性では、他にも皮革製品、一部の時計やカメラ、丈夫な家具など「使い込むことで味が出る」ものを好む傾向があります。

新品の「モノ」よりも、自分が、あるいは誰かが長年使ったものに、それ固有の魅力を感じるのが彼らです。 誰も使っていない、つまり店で、どれも同じ状態で並んでいる新品製品にはあまり魅力を感じないのです。

3. アーティストなどへのあこがれからハマっている

アーティストなどへのあこがれからハマっている

特定のミュージシャンなどが履いていたジーンズのスタイルにあこがれ、同じジーンズを履いていたり、集めている男性もいます。 こうしたタイプでは、必ずしも自分に良く似合うかにはこだわらず、とにかくその特定のスタイルを構成するモノを欲しがるのです。

「誰かに影響されているファッション」との見方をすれば、何だか頼りなくも感じますが、特定のロックミュージシャンなどのメッセージに基づき、強くしっかりと生きているタイプも多いのが特徴です。

4. 収集癖が強い

収集癖が強い

モノをコレクションするのがとにかく好きなのも、男性の一部では見られる傾向です。 ジーンズの他にも、カメラやミニチュアカー、古いレコード、ギターなど何かを集めている男性は案外多いものです。

数十万円以上するようなレアなビンテージジーンズを集めている男性もいますし、古着屋をめぐるなどし、高価でなくても自分が気に入るものを集めているケースもあります。 「所有欲」の表れともとらえられますが、経済的に困るほどでなければ、特に問題ではない傾向です。

5. 体型キープのために履いている

体型キープのために履いている

ジーンズ大好きな男性では、ジーンズにある程度の費用をかけています。 安価なチェーン店で綿パンを買っているなどなら、サイズが変われば買い直せばいいだけですが、こだわりを持ってそれなりの費用で手に入れ、まして履き込んだジーンズでは、「買い換える」わけにもいきません。

「お気に入りのジーンズを履くためには、ウエストをきちっとキープしておかないとならない」とし、いわば自己コントロールの手段としてジーンズ、それもこだわりのあるものを買い揃えている男性もいるのです。 趣味性もありつつ、自己管理ツールとしても使えるわけですね。

6. オートバイが好きである

オートバイが好きである

二輪車を好む男性は、ジーンズも大好きであることがあります。 オートバイはどんなタイプであれボトムスに負担をかけやすいものであり、また安全上もジーンズは好ましいものです。

オートバイに乗るにあたり実用的なのです。 また、アメリカン・スタイルのバイクに革ジャン、ブーツなど、特定のイメージを作り上げるため、ジーンズも大好きという男性も多いものです。

まとめ

ジーンズが大好きな男性では、大きく分けて「実用性」から履いているケースと、「趣味・こだわり」から履いているケースがあります。 もちろん、そのミックスされた心理もあることでしょう。

よほど多額を使う、全く洗っていなくてニオイが困る、等でなければこれといった問題はなく、無趣味な男性よりは異性にも魅力的でしょうね。 強いて言えば「こだわり屋」が多いともいえて、交際などをするなら、他に生活上のこだわりポイントがあるのか早期に聞いておくと、より良くなりますね。

「とにかくいつもジーンズを履いている。 ジーンズをやたらと買う。 履き込んだジーンズにこだわっている。 高額なジーンズを買うために貯金している」このような、ジーンズ大好き男性では、どのような心理・特徴があるでしょう。


ジーンズのしっかりした履き心地に安心する

ジーンズは非常にしっかりしたボトムスであり、少々のことでは破れたりしません。 特にマニアックでないタイプのジーンズ大好き男性では、主に「履き心地」「安心感」からジーンズを選んでいるのです。

男性によっては、小学生・中学生からジーンズばかりで、普段着は必ずジーンズというまま成人していることもあります。 このタイプでは、一般の綿パンやジャージなどでは、心もとなく思ってしまうのです。 仕事でスーツなどを着ていても「何となく心もとない」と感じていたりします。

履き込むことに喜びを感じている

ジーンズは、丈夫な反面洗濯で色落ちしやすく、また丈夫なだけに長年履くことができ、自然な「ダメージ」が発生してきたりする衣類です。 色の濃いジーンズを買って自分のペースで洗濯し、適度な「落ち感」を楽しむ男性もいますし、全く洗濯せずに緩やかな色落ちや色キープを楽しむ男性もいます。

履き込むことで傷んでくることに「味」を感じるのもジーンズ大好き男性の特徴です。 考えてもみれば、「色が変わってきたり、傷んでくることで味が出てくる服」はそう多くないものです。 このような男性では、他にも皮革製品、一部の時計やカメラ、丈夫な家具など「使い込むことで味が出る」ものを好む傾向があります。

新品の「モノ」よりも、自分が、あるいは誰かが長年使ったものに、それ固有の魅力を感じるのが彼らです。 誰も使っていない、つまり店で、どれも同じ状態で並んでいる新品製品にはあまり魅力を感じないのです。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!