恋、ちゃんと選んでいますか?意外に知らない恋愛の選び方、これからの「恋愛」の話をしよう。そんなあなたの恋のミカタ

 

意外に知らない恋愛の選び方

付き合ってないのに嫉妬する心理

付き合ってないのに嫉妬する心理

恋のミカタ
付き合ってないのに嫉妬する心理

付き合ってもいないのに嫉妬してくる男性…なんなの?と思う女性も少なくないでしょう。 そんな男性の心理を考えみたいと思います。

スポンサーリンク

  • もうすでに付き合っているつもりになっている
  • 自分以外の男にとられたくないと思っている
  • 嫉妬を示すことで好意を伝えたい
  • 恋愛をしている気分を味わいたい
  • 執着心が強い、独占したい
  • 自分だけ取り残されたくない気持ちから
  • 振られても未練がある場合
  • 別れさせて自分のものにしたい
  • 悔しさが嫉妬として表れている
  • 自分だけが特別な存在でありたい
  • 告白する勇気がないけど好き
  • 特別に感じているが付き合うことに不安がある
  • 小悪魔な人、その気にさせてみたい
  • 恋愛ゲーム、反応を楽しんでいる
  • 嫉妬心を見せて女性がどう思っているのか試したい
  • 最後にまとめ
  • あなたのことが大好きな可能性が多いです。

1. もうすでに付き合っているつもりになっている

男性(暗・背・帽子)

付き合うことにあたって、特に言葉は必要ない、告白なんてしなくても、事実上付き合っているようなもの。 というように、付き合っていないと考えているのは女性の方だけで、男性はすでに付き合っているつもり、という場合が考えられます。

一度しっかり喋ってみることも大事

この場合、男性側は彼女である女性に対して嫉妬することは当然と思っている可能性が高いので、付き合っていないという女性側の認識をきちんと伝えなければ、永遠と話が噛み合わないかもしれません。

2. 自分以外の男にとられたくないと思っている

手アップ(男性牽引1)

付き合っていない女性であっても、ある程度親密な仲になっていて、男性としてはもうすぐ付き合うことになるのではないかと考えている場合、その予定が狂い、他の男に取られてしまう可能性に慌てていることが考えられます。

まだ付き合っていなくても、嫉妬する側の気持ちとしては両思いだと思っていたのに、そこで他の男の影が見えると、まるで付き合っているかのように嫉妬心が湧いてくるのかもしれませんね。

スポンサーリンク

3. 嫉妬を示すことで好意を伝えたい

男性(暗・バイク)

付き合ってはいなくても、男性側が女性に好意を持っている場合、嫉妬心を表に出すことによって、これほど自分はあなたのことを想っています。 独占したいと考えています。ということを暗に示そうとしている可能性があります。

あなたにぞっこんな場合が多いです

嫉妬をするほど女性が特別な存在であることを伝えるためにあえて嫉妬心を隠さず、そこから、あわよくば恋愛関係に発展させようという思惑があるのでしょう。

4. 恋愛をしている気分を味わいたい

手アップ(繋ぎ6・全身セピア)

嫉妬心とは独占欲の表れであると言えるので、男性側が、独占したいと思うほど人を好きになってみたい、嫉妬し合うような関係を誰かと築いてみたいと願っている場合、嫉妬しているような素ぶりをわざとしている可能性があります。

他の男と張り合うことで、女性に対する自分の思いを高めて、恋愛感情に持っていきたいという思惑があるのかもしれません。

スポンサーリンク

5. 執着心が強い、独占したい

男性(顔隠れ・棒立ち・地味)

男性は、女性に対して独占欲を持っている人が多いです。

どれほど仲良くなっても、決して告白をしたりしてこない、それ以上の関係になろうとはしないのに、 他の男性と仲良くしている雰囲気を女性側に感じると、途端に嫉妬をしてくる人もいます。

不特定多数に独占欲がある方もいる

独占したいと考えている女性は自分だけではなく、不特定多数いるということになるので、決して付き合おうとはしないのに嫉妬をしてくる男性には注意が必要だと言えるでしょう。

6. 自分だけ取り残されたくない気持ちから

男性(暗・背・夕日)

特に、相手の女性と付き合いたいというような気持ちはないにもかかわらず、嫉妬心を見せてくる男性もいます。

この場合は、相手の女性に嫉妬しているというより、相手の女性にだけ良いパートナーが出来そうな状況を妬んでいるということが考えられます。

同じように恋愛をしていない存在がいることに安心していたのに、自分だけが取り残されそうな状況に不安を覚えているのかもしれません。

スポンサーリンク

7. 振られても未練がある場合

男性(微笑・地味)

元々、恋愛関係にあった場合や、男性側の告白はあったものの、女性側がそれを断った場合などに、まだ男性の恋愛感情が冷めておらず、未練を持っているということが考えられます。

この場合、すでに振られているから女性側に仲の良い男性がいてもしょうがないとは思いつつも、どうしようもなく湧いてしまう嫉妬心が表に出てしまっているのかもしれません。

8. 別れさせて自分のものにしたい

男性(肌・暗)

女性側に元々彼氏がおり、その状態で男性が女性に好意を持ってしまった場合、彼氏への嫉妬心を示すことで、自分に気を向けさそうという意図があるのかもしれません。

女性は嫉妬をされると相手が自分に好意を持っていると考えることが自然です。

彼氏がいる状態の女性に体当たりで告白をしても上手くいかない場合がほとんどなので、まず彼氏への嫉妬心を見せることで自分の思いに気づいてほしいという意図があるのかもしれません。

スポンサーリンク

9. 悔しさが嫉妬として表れている

男性(座・正面・ビル背景)

なかなか恋愛が上手くいかない男性の場合、自分と同じように恋愛が上手くいっていない女性の存在を求めているということが考えられます。

この女性は、自分と同じように恋愛が上手くいっていないだろうと思っていた女性に仲の良い男性の影を感じた時に、その悔しさが嫉妬として表れるのでしょう。

10. 自分だけが特別な存在でありたい

男性(真顔・遠)

お互いに恋人がいる状況で、付き合っていない異性としては、自分だけが特別な存在であろうと男性側が思っていた場合、自分と同じように仲の良い男性が他にもいると分かると、その男性に嫉妬心が湧くということがあるようです。

付き合っている女性以外にも、特別な関係の女性が傍にいてほしいという感情があるのかもしれません。

スポンサーリンク

11. 告白する勇気がないけど好き

男性(天を仰ぐ2)

男性は女性に好意があり、できることならば付き合いたいと考えているのに、なかなか告白する勇気が湧かない時などに、自分の不甲斐なさも含めて、進まない関係性にやきもちが沸く場合があるようです。

早く告白をして自分だけのものにしたいのに、それができないばかりに女性が他の男性と仲良くしている姿を見てしまうと、悔しさのあまり嫉妬心を露わにしてしまうことがあるようです。

12. 特別に感じているが付き合うことに不安がある

男性(悩み2)

女性に好意はあるものの、何か付き合うまでには至らない要因がある場合、嫉妬心を見せることで、付き合ってはいないが、特別には思っているという思いを示そうという意図があるのかもしれません。

少しずるいようにも思われますが、女性のことを特別に感じているからこそ、嫉妬心を示さずにはいられないのでしょう。

スポンサーリンク

13. 小悪魔な人、その気にさせてみたい

男性(真顔・目線横)

嫉妬心を示すことによって、相手の女性に恋愛感情を向けさせてみたい、という好奇心を持っている可能性もあります。

「え?嫉妬しちゃうな?」など、本当に嫉妬しているのかな?と疑いたくなるような場合は、このパターンである可能性が高いです。

このように自分に女性の気持ちを向けさせるためのテクニックとして嫉妬心を示すということもあるようなので、疑わしい時は注意をした方がよいかもしれません。

14. 恋愛ゲーム、反応を楽しんでいる

男性(綺・微笑・モノクロ1)

自分が嫉妬心を向けることで、相手の女性がどのような反応をするか、楽しんでいる可能性もあります。

もし、嫉妬心を示した時に、相手の女性が真剣に弁解をするようなら、自分に好意があるのではないか、というように、女性側の気持ちを図ろうとしている可能性があります。

なので、その男性に好意がないにもかかわらず、必死に弁解をしてしまうと、自分に好意があるのではないかと勘違いさせてしまう可能性もあるので、注意した方が良いかもしれません。

スポンサーリンク

15. 嫉妬心を見せて女性がどう思っているのか試したい

男性(真顔・近)

お互いにそれほど親しくもなく、特別な存在ではないにもかかわらず、男性が嫉妬心を示してくる場合、相手の女性がどのような反応を示すかによって、どこまでわがままなことを言っても良い相手か図ろうとしている可能性があります。

わがままな嫉妬心を見せられても、嫌な顔をせず、優しく対応してあげていると、どんどんとわがままな要求が増えていく可能性があるので、気をつけた方が良いかもしれません。

スポンサーリンク

最後にまとめ

男性(後ろ姿・座・黄昏れ)

以上のように、男女の関係性によって、嫉妬心を向けてくる意図は様々ですが、共通しているところは、嫉妬心を見せることで、相手の気持ちを図りたいと考えているということです。

なので、自分がその男性をどう思っているか、よく考えて、相手に勘違いをさせない対応をされることをおすすめしたいと思います。

付き合ってもいないのに嫉妬してくる男性…なんなの?と思う女性も少なくないでしょう。 そんな男性の心理を考えみたいと思います。

スポンサーリンク

記事の続きを読む

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

スポンサーリンク