恋、ちゃんと選んでいますか?意外に知らない恋愛の選び方、これからの「恋愛」の話をしよう。そんなあなたの恋のミカタ

 

意外に知らない恋愛の選び方

https://koinomikata.com/blog/20171003134832.html
愛情表現が多い彼氏に共通する10の特徴

愛情表現が多い彼氏に共通する10の特徴 | 恋のミカタ

恋のミカタ
愛情表現が多い彼氏に共通する10の特徴

愛情表現が苦手な男性が多いとされている日本人ですが、そのなかでも愛情表現が多い男性というのも最近では少なくはありません。 では、愛情表現が多い彼氏とはどのような人のことを言うのでしょうか。 愛情表現が多い彼氏の特徴をご紹介します。

  • さみしがりや
  • スキンシップが多い
  • 束縛してしまう
  • サプライズが好き
  • 心配症
  • 毎日連絡をしてくる
  • 彼女のコンプレックスも受け止めてくれる
  • 友だちに自慢する
  • 焼きもちを妬く
  • 愛情表現を求める
  • まとめ

1. さみしがりや

さみしがりや

基本的にさみしがりやの人というのは、愛情表現が多いとされています。 子どももおてもさみしがりやで、好きな人には好きと恥ずかしげもなく言えてしまいます。 それと同じで、さみしがりやの男性というのは、愛情表現が多い傾向にあります。

2. スキンシップが多い

スキンシップが多い

一緒にいるときはいつもくっついていなくては気が済まないようなスキンシップが多い男性は、愛情表現が多い彼氏の特徴として挙げられています。

デートに出かけても絶対に手を握っていないといけないというような人や、人目を気にせずに腰に手を回したり出来るようなスキンシップが多い彼氏は愛情表現が多いタイプです。

3. 束縛してしまう

束縛してしまう

彼女が今何をしているのか把握していなくては気が済まないというようなタイプというのも、愛情表現が多い彼氏の特徴として挙げられています。

束縛をしてしまうということは、彼女に興味がなくては出来ることではありませんので、束縛をしてしまう彼氏ほど、愛情表現が多い傾向にあります。

4. サプライズが好き

サプライズが好き

愛情表現が多い彼氏というのは、とにかく彼女のために尽くすのが好きなので、サプライズなどをして彼女を楽しませることを中心に考えています。 そのため、サプライズが好きな傾向にあります。

彼女の誕生日などは何ヵ月も前から計画を練っていたり、サプライズ自体を楽しみ、彼女の驚いた顔と嬉しそうな表情をみたいと願う男性は、愛情表現が多いタイプと言えます。

5. 心配症

心配症

とにかく彼女のことに対して心配ばかりしているのも、愛情表現が多い彼氏の特徴として挙げられています。 夜遅く帰ると聞いたら、何を投げ出してでも迎えに行ってあげたりと、彼女が安全に暮らすことが出来るようにと最善を尽くすタイプの彼氏というのは、彼女を守ることで愛情表現をしている傾向にあり、愛情表現が多い彼氏であるとされています。

6. 毎日連絡をしてくる

毎日連絡をしてくる

毎日一回は声を聞いたり、元気なのかを確認していないと気が済まないというタイプの男性というのも、愛情表現が多い彼氏の特徴です。

愛がなくては毎日連絡をしてくるのは苦痛にしかなりません。 しかし、毎日連絡をして他愛のない会話を楽しむことが出来るだけで幸せな気分に浸ることが出来る彼氏というのは、愛情表現が多い傾向にあります。

7. 彼女のコンプレックスも受け止めてくれる

彼女のコンプレックスも受け止めてくれる

彼女が太っているからダイエットをしなくてはと言っていたり、一重だから整形手術をしたいと願っていても、優しく彼女のコンプレックスを受け止めてくれるような男性というのは、愛情表現が多い傾向にあります。 コンプレックスを褒めてあげたり、または他の魅力的な部分を褒めることで彼女に自信をもってもらいと願う男性というのは、他の男性に比べて愛情表現が多いタイプです。

8. 友だちに自慢する

友だちに自慢する

彼女のことを男友達に自慢したいタイプの彼氏というのは、愛情表現が多い傾向にあります。 とにかく自分の友だちに会わせて自慢したい、友だちの前でものろけているような彼氏というのは愛情表現が多いというのは、一目了然です。

友だちに会わせてくれるというのは、女性からするとうれしいことですが、愛情表現が多い男性だとのろけが始まって気不味い思いをしてしまうかも知れません。

9. 焼きもちを妬く

焼きもちを妬く

彼女が他の男性と話していたりするだけでも、話してほしくないと焼きもちを妬いていることを打ち明ける男性というのは、愛情表現が多いタイプです。

焼きもちを妬いていることは男性なら隠しておきたいところですが、それを恥ずかしげもなく伝えるということは、愛情表現が多い男性の特徴です。

10. 愛情表現を求める

愛情表現を求める

自分の愛情表現と同量の愛情表現が彼女に求める彼氏というのも、愛情表現が多い彼氏の特徴として挙げられています。

愛情表現を求めるということは、自分の愛情を伝えていることにもなります。 そのため、愛情表現が多い彼氏というのは、彼女にも同じくらいの愛情表現を求めている傾向にあります。

まとめ

愛情表現が多い彼氏に憧れている女性も多いと思います。 愛していると毎日言ってくれたり、連絡を怠らなかったりと女性は安心できる要素がたっぷりです。 しかし、愛情表現が多い彼氏の特徴としては、束縛をしたり、人目を気にせずにスキンシップを取ろうとする傾向にもあり、彼氏の男友達の前でも堂々と彼女のことをべた褒めして恥ずかしい思いをすることも暫しあることを覚えていなくてはなりません。

また、愛情表現が多い彼氏は彼女のことに対しては異常なほど心配症であったり、不安症でもありますので、付き合っているうちは彼氏を安心させるような言動に心がけなくてはなりません。

愛情表現が苦手な男性が多いとされている日本人ですが、そのなかでも愛情表現が多い男性というのも最近では少なくはありません。 では、愛情表現が多い彼氏とはどのような人のことを言うのでしょうか。 愛情表現が多い彼氏の特徴をご紹介します。


さみしがりや

基本的にさみしがりやの人というのは、愛情表現が多いとされています。 子どももおてもさみしがりやで、好きな人には好きと恥ずかしげもなく言えてしまいます。 それと同じで、さみしがりやの男性というのは、愛情表現が多い傾向にあります。

スキンシップが多い

一緒にいるときはいつもくっついていなくては気が済まないようなスキンシップが多い男性は、愛情表現が多い彼氏の特徴として挙げられています。

デートに出かけても絶対に手を握っていないといけないというような人や、人目を気にせずに腰に手を回したり出来るようなスキンシップが多い彼氏は愛情表現が多いタイプです。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!