恋、ちゃんと選んでいますか?意外に知らない恋愛の選び方、これからの「恋愛」の話をしよう。そんなあなたの恋のミカタ

 

意外に知らない恋愛の選び方

https://koinomikata.com/blog/20180311174817.html
A型男性がキレる・怒るポイント

A型男性がキレる・怒るポイント | 恋のミカタ

恋のミカタ
A型男性がキレる・怒るポイント

A型男性の、いまいちキレるポイントが分からないという方はいませんか? 今回は、A型男性のキレる・怒るポイントについてご紹介していこうと思います。



  • 公的な場所での乱れる会話
  • プライドを傷つけられた時
  • 嘘を言った時
  • スーパーで盗んでいる人を発見した時
  • 部屋が散らかっている時
  • 遅刻・またはギリギリの行動をする人
  • 無計画な人を見た時
  • 不真面目な人を見た時
  • まとめ

1. 公的な場所での乱れる会話

公的な場所での乱れる会話

とても社交的なのがA型です。

上手く会話をしていき、気づけば多くの人に囲まれていて慕われるのがA型男性です。

そんな時に、冗談を軽くいっただけでも場合によってはストレスを感じてしまいます。

A型男性は、とてもまじめなのですぐには態度には出ませんが、冗談も通じないタイプも多いので気をつけましょう。

2. プライドを傷つけられた時

プライドを傷つけられた時

ちょっとでも、プライドが傷つくような事を言うと怒りバロテージが上がってきます。

B型やAB・O型は、プライドがちょっと傷つくような事を言われた時、ジャブが出来たり、面白く言葉を返したりできるので、ストレスはかからないです。

A型はため込むタイプなので、まじめに受け止めてしまうので、からかいすぎには注意です。

3. 嘘を言った時

嘘を言った時

まじめすぎるので、嘘を言うと怒ります。

冷静かつ沈着、そして頭の中には理想がありますので、それを乱してしまうと、たとえ軽い気持ちで嘘を言っただけでも怒ることがあるでしょう。

エイプリルフールの時は、あまり驚くような嘘は控えておきましょう。

4. スーパーで盗んでいる人を発見した時

スーパーで盗んでいる人を発見した時

まじめというのが、A型です。

強盗などは流石に腰が引けて怒るという感情はないと思いますが、自分でも対処できそうな事件であれば、立ち向かって戦う人です。

例えば、スーパーで誰かが盗みをしているところを発見した時は、すぐに行動するでしょう。

不当な事をしていたら、子どもだったとしても叱ります。

5. 部屋が散らかっている時

部屋が散らかっている時

A型と言えば、きれい好きで有名ですよね。

男女問わずきれい好きです。

中でも、自宅はそうでもないけれど、会社では徹底された整理整頓をするという人は多いです。

ペンの置き場所、ファイリングなど整理を徹底していますので、それが乱れるとキレます。

筆記用具などを借りる時は、必ず元の位置にきっちりと直しましょう。

6. 遅刻・またはギリギリの行動をする人

遅刻・またはギリギリの行動をする人

A型というのは、慎重派です。

待ち合わせをする時に、例えば12時であれば10~15分前には待ち合わせ場所に着くようにする人が多いです。

温厚な性格なのでなかなか怒らないでしょうが、遅刻やギリギリ行動を続けてしていると、怒ってきますので要注意です。

7. 無計画な人を見た時

無計画な人を見た時

プランをしっかり組んで動くのが大好きです。

旅行にしても、細かくプランを決めます。

予算なども立ててしっかりとします。

しかし、この行為を人には無理強いはしないというのもA型の特徴です。

問題は、誰かと旅行に行った時です。

計画を立ててくれた人が、あまりにもざっくりしていたら、一緒に行動していてキレるでしょう。

「なんでこんなことも予定組んでなかったのか」とイライラが募っていった後は、噴火するでしょう。

8. 不真面目な人を見た時

不真面目な人を見た時

仕事などで、さぼっていたりする人がいると思います。

不器用だけれど、まじめに努力するタイプなのがA型です。

なのでさぼっている人を見るとイライラするでしょう。

自分にはできないからこそ、歯がゆくて最初は羨ましい気持ちの人も多いですが、仕事などになると、結果を見られるので要領よくさぼりつつ、時に仕事をするという人にはイライラが募り、そのうちキレるということもあるでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか? A型男性は、キレたり怒ったりする時というのは比較的わかりやすい方だと思います。

真面目でまっすぐなタイプなので、それをしっかり尊重してあげる事が大切でしょう。

決して理不尽には怒ったりキレたりするタイプではないので、それを理解してあげましょう。


この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!