恋、ちゃんと選んでいますか?意外に知らない恋愛の選び方、これからの「恋愛」の話をしよう。そんなあなたの恋のミカタ

 

意外に知らない恋愛の選び方

https://koinomikata.com/blog/20180112091908.html
箸の持ち方が汚い人に多い性格

箸の持ち方が汚い人に多い性格 | 恋のミカタ

恋のミカタ
箸の持ち方が汚い人に多い性格

箸の持ち方が汚い人に多い性格についてまとめました。

  • 箸の持ち方を気にする人がいる理由
  • 上手に箸が持てない理由
  • 気にしない人もいる
  • 箸使いが下手な人は汚く食べがち
  • 箸の使い方が汚い人の性格
  • 食事は楽しくが基本
  • 箸文化の国ならきれいに使いこなしたい
  • まとめ

1. 箸の持ち方を気にする人がいる理由

箸の持ち方を気にする人がいる理由

日本は箸文化の国です。 米を食べるのも麺を食べるのも箸を使います。 最近は箸だけではなくスプーンを使用する人も増えてきていますが、ほとんどの人が箸を使って食事をします。

箸使いは、子どもの頃に親から躾けられるものの一つです。 箸使いが汚いと、それだけで「きちんとした躾を受けていない人」と見られてしまうほど、シビアな目を向けられます。 特に、社会人になっても箸の持ち方がおかしいと恥とすら思われます。 年配者ほどその見方は厳しくなります。

2. 上手に箸が持てない理由

上手に箸が持てない理由

箸を上手に持てない人は、骨格に異常がある人や、とりあえず食べられればよいと考える人が多いように感じます。 箸文化の国というのは関係なく、単純に自分が食事をするときに困らないからです。

きちんと正しく持てる人から見れば、きれいに食べられないので嫌悪感を抱く人もいるでしょう。 食事を楽しむのは自分だけではなく、相手がいれば相手も楽しむものなので、嫌悪感を抱かせるレベルで箸が使えないのは、好ましくないと思います。 自分なりの理由があれば、それを伝えておくと嫌悪感もなくなるでしょう。

3. 気にしない人もいる

気にしない人もいる

食事は自由にするものという考え方があります。 マナーに縛られて食事が楽しめないなら、自由に楽しめば良いし、それを指摘することの方がマナー違反だという考え方です。

きれいに食べたい人にとっては、モヤモヤする食事になりそうです。 価値観というのは人それぞれ違います。 ただ、相手が不快ならばマナー違反といっても良いかもしれませんので、自分の食べ方がどう見られるかは意識した方が良いと思います。

4. 箸使いが下手な人は汚く食べがち

箸使いが下手な人は汚く食べがち

箸の正しい持ち方は、きれいに食べるのに必要だからその持ち方になっていると思います。 つまり、正しく持てないということは、汚く食べがちになるということです。 意識して汚く食べるのではなく、つまみ損ねが増えてボロボロ落としてしまったり、なかなかつまめずに料理をほじくり返すようになってしまいます。

使い方の汚さに加え、料理まで汚く見えてしまうのです。 箸のマナーは相手を不快にしないためにも練習をした方が良いものではあります。 無理をしてストレスを溜めるのはよくありませんが、日本人なら使えた方が自然でしょう。

5. 箸の使い方が汚い人の性格

箸の使い方が汚い人の性格

日本の文化として箸は使えた方が良いという意見が多数でも、本人がそれをわかっていても変えようとしないのは、ある意味個人主義の考え方をしている人だと思います。 周りがどう言おうと自分の考えはこうだと譲らない頑固な性格だと思います。

そういう人は、自分の考えはこうだから指摘されたとしても買えるのは難しいと伝えるとお互いのストレスが少なくなります。 躾されてないのかなんて聞きたい人はいませんし、できれば指摘もしたくありません。 ただ、我慢できない同士ならば、一緒に食事はできない人だと思うので、諦めるしかないでしょう。 人を変えることは難しいので自分のとらえ方を変えるか、付き合い方を考えた方が良いでしょう。

6. 食事は楽しくが基本

食事は楽しくが基本

箸使いが上手でも下手でも、食事は楽しくとるものです。 きれいに食べることができたら良いと思いますが、多少の事ならば気にせず食事を楽しむ方が、素敵な時間を過ごすことができます。 相手のことを気にし過ぎるのも自分のことが疎かになるので、粗探しをするより、楽しい食事の時間を過ごす方が有意義です。

指摘すると空気が悪くなりますし、あまりに不快なら黙って付き合いを見直す方が、自分のためにも相手のためにもなります。 笑顔で食事を終えたら、それで良いと思うのです。 どう見られるかを意識することと、粗探しをすることは違います。

7. 箸文化の国ならきれいに使いこなしたい

箸文化の国ならきれいに使いこなしたい

相手を不快にさせないことは大切ですが、それにとらわれ過ぎて楽しくない食事をすることはもったいないです。 しかし、せっかく箸文化の国で生活しているのなら、きれいに使えた方が良いのは事実です。

あまり意地になって自分スタイルを突き進むよりも、気が向いたら練習してみる努力はしても良いのではないでしょうか。 国民の意識として箸使いが躾されているかに結びついてしまうのなら、癖を直す努力も必要ないとは言い切れません。 円滑な人間関係を築く上で必要なことでもあるのです。 自分の国の文化を大切にする意味でも、正しく箸を持てた方が素敵だと思います。

まとめ

自分の国の文化は、その国の国民が大切にしないと廃れていきます。 そして、そういう文化からマナーも生まれていきます。 食事中にゲップをするのが気にされるかどうかで違うように、箸もきちんと使えるかは気にする人がいるのです。

気にし過ぎて食事が楽しめないのはもったいないとは思いますが、自国の文化を大切にすることも食事を楽しむことと同じくらい大切だと思うので、箸の持ち方や食事に対する姿勢を見直してみるのも良いかもしれません。

箸の持ち方が汚い人に多い性格についてまとめました。

記事の続きを読む

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!