恋、ちゃんと選んでいますか?意外に知らない恋愛の選び方、これからの「恋愛」の話をしよう。そんなあなたの恋のミカタ

 

意外に知らない恋愛の選び方

https://koinomikata.com/blog/20171002145626.html
観察力のある人の特徴

観察力のある人の特徴 | 恋のミカタ

恋のミカタ
観察力のある人の特徴

冷静で判断力がある、繊細で細かいことに気づくなど、観察力のある人の性格や特徴についてまとめました。



  • 繊細で神経質である
  • 優しく気配りができる
  • 几帳面である
  • 五感が鋭い
  • 冷静沈着である
  • 相手の感情や行動が読める
  • 先見の明がある
  • こだわりが強い
  • 空気が読める
  • ストレスを抱えやすい
  • まとめ

1. 繊細で神経質である

繊細で神経質である

観察力がある人は、繊細で神経質な場合が多いです。

周囲の人間の感情や環境の変化に敏感で、気にしすぎてしまうことがあるのです。

気配りをすることはできますが、気を揉み過ぎてストレスを抱えることもあるでしょう。

時には鈍感であることや、スルースキルを身につけることも大切です。

また、定期的にストレスを解消し、リフレッシュすることを心がけましょう。

2. 優しく気配りができる

優しく気配りができる

観察力がある人は、優しく気配りができる人が多いです。

周りの変化に敏く、いつも気を回し、行動することができます。

機転が利き、気の効いたことができる人で、周囲の人から感心され、感謝されることも多いでしょう。

ただし、自分のことをないがしろにしがちなので、あまり気を遣いすぎるのはNGです。

自分のことを優先し、余裕がある時には手を貸せるようにしましょう。

3. 几帳面である

几帳面である

観察力がある人は、几帳面です。

さまざまな面で、細やかな行動やしぐさをする場合が多いです。

たとえば、きれい好きで整理整頓を心がけていたり、ノートやメモの文字がキレイにまとまっていたりと、清潔感や細やかさを大切にします。

いつも小奇麗にしていて、好印象なことも多いです。

しかしながら、神経質になり、周囲の人間に細やかさを求めすぎる場合があるので気をつけましょう。

4. 五感が鋭い

五感が鋭い

観察力がある人は、五感が鋭いです。

目だけの情報に頼らず、音の変化や、味の違い、感触、ニオイなど、さまざまな感覚を使って、情報を集める人です。

時に、過敏になり、刺激やストレスを感じやすいのがネックですが、類まれない繊細さやセンスを用いた仕事に従事することも多いです。

たとえば、ソムリエ、調香師、工芸家など、芸術的で感覚や正確さを要する仕事を選ぶこともあるでしょう。

また、自然的な感覚にも優れ、身体能力が高かったり、方向感覚がよかったりと、体をフルに生かせる人も多いのです。

5. 冷静沈着である

冷静沈着である

観察力のある人は、冷静沈着です。

さまざまなことに気づき、情報を集め、精査できるので、適切な判断を下せる場合が多いです。

客観的で、感情や欲に流されにくいので、失敗が少ないのも魅力です。

少々神経質ではありますが、落ちついた行動ができれば、上手くいくタイプなのです。

6. 相手の感情や行動が読める

相手の感情や行動が読める

観察力のある人は、読心術に長けている場合も多いです。

相手の表情やしぐさ、癖、呼吸の変化などから、感情や行動を読みとることができます。

それゆえに相手の不興を買わずに、上手く立ち回ることができるので、軋轢や衝突を避けることができるでしょう。

そうした面からも気づかいができる人で、平和的な人が多いのです。

ただし、相手の感情が分かりすぎるゆえに、ストレスを感じやすく、相手と距離を置いてしまいがちなのがネックです。

積極的に心を読もうとせず、鈍感であることも大切なのです。

7. 先見の明がある

先見の明がある

観察力のある人は、先見の明があります。

相手の行動や感情の変化、状況の移り変わりなどを観察し、予測することができます。

それゆえに適切な判断や行動をとることができるので、失敗が少なく、危険を回避できる場合も多いです。

自分が何をすべきかわかっており、賢く、冷静な性格なので、周囲からの評価も高いです。

ただし、先読みしすぎてネガティブになりやすいので、明るい未来を想像し創造できるように努力しなければなりません。

8. こだわりが強い

こだわりが強い

観察力のある人は、こだわりが強い場合も多いです。

他人よりもこまかいことに気づき、気になってしまうので、時に変なこだわりや執着を見せてしまうこともあるのです。

マニアックな嗜好や趣味を持っていることもあり、周囲から理解されないこともあるでしょう。

しかし、本人が満足しており、周囲に迷惑をかけなければ、無理にこだわりを捨てる必要はありません。

こだわりを貫き通すことで、新たな発見や、発明が生まれることもあるのです。

9. 空気が読める

空気が読める

観察力のある人は、TPOに敏く、空気が読める人が多いです。

常に周囲を見渡して、気を遣いながら行動しているので、下手をしたり、悪目立ちすることはあまりありません。

一通りの常識は理解しており、社会に出ても恥ずかしくない、大人な人が多いです。

しかし、空気を読み過ぎたり、気を遣いすぎて、自己表現できないこともあるでしょう。

自分の意見を持ち、伝えることも、成長するために大切なことなのです。

10. ストレスを抱えやすい

ストレスを抱えやすい

観察力のある人は、ストレスを抱えやすいです。

他人よりも気付く力が強く、気を遣い、気にしてしまいがちです。

ネガティブになり、鬱鬱と気持ちを溜めこみやすいので、吐きだせる時は吐きだすようにしましょう。

「自分ばかりが気を遣っている」と感じているのであれば、気を遣う必要なんてないのです。

ネガティブな気持ちのある気配りは、周囲にとってもあまり良い印象はありません。

気にしすぎず、自分のできることをすることが大切なのです。

まとめ

観察力ある人は、細やかなセンスを持っていますが、その分ストレスの影響も受けやすいです。

ですから、鈍感力を身につけることもまた、人生を気楽に有意義に生きるための大切なスキルなのです。


この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!