恋、ちゃんと選んでいますか?意外に知らない恋愛の選び方、これからの「恋愛」の話をしよう。そんなあなたの恋のミカタ

 

意外に知らない恋愛の選び方

https://koinomikata.com/blog/20180112091859.html
機嫌が悪い人への最適な接し方

機嫌が悪い人への最適な接し方 | 恋のミカタ

恋のミカタ
機嫌が悪い人への最適な接し方

コミュニケーションを円滑にするために、機嫌が悪い人への最適な接し方を知って上手な人間関係を築きましょう。

  • どうして機嫌が悪いのかを推測する
  • 原因が自分以外にある場合
  • 原因が自分にある場合
  • 怒りのピークが収まるまで待つ
  • 思い切って楽しいことを提案する
  • 食事に誘って気分転換を促す
  • 機嫌が悪いことを本人に自覚させる
  • 愚痴を零してもらい早く機嫌を直してもらう
  • まとめ

1. どうして機嫌が悪いのかを推測する

どうして機嫌が悪いのかを推測する

機嫌が悪いということが分かった場合、どうして機嫌が悪いのかを知ることで相手への理解が進みます。 人間は相手の気持ちをわからないよりわかっていた方が当然腹を立てずに済みますし、冷静な接し方を模索していくことができます。

例えば給料日前で金欠、失恋したなどの機嫌を損ねる原因は、本人をまったく知らない人からは推測できませんが、家族や恋人、会社の同僚など見知った顔であれば多少は推測することができるでしょう。

2. 原因が自分以外にある場合

原因が自分以外にある場合

機嫌が悪い原因が自分以外、あるいは予測できない場合は、接し方として物事に深入りしないというのが鉄則です。 なぜかというと機嫌が悪い原因は他にあるのですから、機嫌をとろうとして無闇に話しかけたり面白いことをいって笑わせようとすることはむしろリスクが高いです。

解決できない範囲で機嫌が悪い人には、できるかぎりドライにこちらが感情的にならないで接するのがいいでしょう。

3. 原因が自分にある場合

原因が自分にある場合

逆に機嫌が悪い人のその原因が自分にある場合、機嫌を大きく損ねることもできますが機嫌を直してもらうこともできます。 ただ原因を解決できない、日々のちょっとしたすれ違いやトラブルの場合は時間が解決してくれるのを待つしかありません。

どうしても接触しないといけない、話しかけないといけないというのであれば、一言機嫌を損ねている原因に関して謝罪したり、自身の気持ちを素直に打ち明けるのがいいでしょう。 聞く耳を持ってくれなくてもそういった姿勢が大切なのです。

4. 怒りのピークが収まるまで待つ

怒りのピークが収まるまで待つ

気分はどんなに優しい人や健康な人、悩みがないという人でも多少上下するものです。 そのため機嫌が悪いことに逆に腹を立てたりその態度はよくないとつっかかるのはもちろん御法度です。 最近では気圧や天候の変化が機嫌や気分と大きく関係していることが知られています。

そのためどんな人でも怒りの沸点を長く保っていることはできませんので、ピークが収まるまである意味放置するのが大人の対応です。 かまってあげようとすると、それをいいことに八つ当たりされることもあるでしょう。 気分的な機嫌の変動であれば放任主義でいるのが一番です。

5. 思い切って楽しいことを提案する

思い切って楽しいことを提案する

長期的に機嫌が悪い状態が続いているのであれば、その状態を緩和させるために思い切って楽しい提案をするのがいいでしょう。 本人の好きなことをよくリサーチしましょう。

例えば趣味が音楽鑑賞という場合本人の好きなアーティストのコンサートなどへ誘ったり、そこまでお金をかけないのであればイヤホンやCDをプレゼントするなど物で対処してもいいでしょう。 ただ相手によっては機嫌が悪くなるたびそれを要求してくることもあります。 なので頻繁には物で機嫌をとることは避けた方がいいでしょう。

6. 食事に誘って気分転換を促す

食事に誘って気分転換を促す

腹が減っては戦はできぬということわざがある通り、人間は食欲が満たされることでイライラや不安感、憂鬱な気分が解消されることもあります。 つまりお腹が空いて機嫌が悪いというケースになるのですが、それ以外でも解決が難しい問題で機嫌が悪い時でも満腹中枢が満たされることで幸せな気分になりることもあるのです。

なので食事に誘ったりお菓子などを自然に提供して相手の満腹中枢をコントロールするしたたかさも機嫌が悪い人への最適な接し方として重要でしょう。 気分転換を促してあげる余裕を持ちましょう。

7. 機嫌が悪いことを本人に自覚させる

機嫌が悪いことを本人に自覚させる

仕事相手や同僚の場合、機嫌が悪い人を気遣いながら話し合いをしたり仕事を進めていくのはとても大変な労力です。 仕事の場にプライベートな問題や機嫌の悪さを持ち込むのは、仕事場の空気も悪くなってきます。

ですから相手に機嫌が悪いことで困っていることを自覚させるのも一つのやり方です。 自覚させることで反省を促すこともできます。 無自覚な機嫌の悪さは若者などを中心に抱えやすいトラブルです。 さりげなく教えてあげるのも優しいサポートの仕方でしょう。

8. 愚痴を零してもらい早く機嫌を直してもらう

愚痴を零してもらい早く機嫌を直してもらう

機嫌が悪いことをそのままにせず、むしろ腫れ物に触ることで早く機嫌を直してもらうこともできます。 荒療治ですが、不満やいらいらを早く放出してもらうことで機嫌の悪さの底を脱出させましょう。

それには愚痴をこぼしてもらうのが最適で、大人であればお酒の席などを活用するのがベストです。 信頼関係がある仲であれば愚痴をこぼすことで相手はすっきりしますし、むしろ感謝されることでしょう。 初対面や親しくない人にはなかなか愚痴をこぼしてもらうことは難しいので、親しい間柄だからこそできる接し方です。

まとめ

機嫌が悪い人への最適な接し方を知ることで複雑な人間関係で悩むことが少なくなるでしょう。 解決できる範囲、できない範囲をきちんと線引きしながら相手との距離感を意識しましょう。

コミュニケーションを円滑にするために、機嫌が悪い人への最適な接し方を知って上手な人間関係を築きましょう。

記事の続きを読む

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!