恋、ちゃんと選んでいますか?意外に知らない恋愛の選び方、これからの「恋愛」の話をしよう。そんなあなたの恋のミカタ

 

意外に知らない恋愛の選び方

https://koinomikata.com/blog/20180108151314.html
喧嘩して彼氏が家から出ていった時の対処方法

喧嘩して彼氏が家から出ていった時の対処方法 | 恋のミカタ

恋のミカタ
喧嘩して彼氏が家から出ていった時の対処方法

彼女と家で喧嘩をすると、家から出ていってしまう男性がよくいます。 その場合、どういう対処をしたらいいのか、おすすめの対処方法を紹介することにしましょう。

  • すぐに彼氏の後を追う
  • LINEや電話で謝る
  • 「心配」というメッセージを送る
  • 何もせずに放っておく
  • 自分も家を出る
  • 謝り方を考える
  • まとめ

1. すぐに彼氏の後を追う

すぐに彼氏の後を追う

彼氏と喧嘩になったら、できるだけ早く仲直りするのがベストでしょう。 そのためにはどうしたらいいか、おすすめなのは、彼氏が家から出ていったら、すぐに後を追いかけるという方法です。 家の中では二人きりですから、どうしてもお互いに頭に血が上ってしまうもの。

彼氏は頭に上った血を鎮めるために家を出たのかもしれません。 外の空気を吸えば、お互いに気持ちが変わります。 彼氏の後を追いかけて、いっしょに並んで歩くだけでも、気持ちは変わっていくでしょう。 ポイントは、もう喧嘩のことは蒸し返さないこと。

そして、しばらく並んで歩いたタイミングで、「なんだかおなかが減っちゃった。 何か食べていかない?」というように誘ってみるのも効果的です。 もともと、お互いに好きあっているのですから、ちょっとしたきっかけがあれば、案外かんたんに仲直りできるかもしれません。 そのきっかけをつかむためにも、すぐに彼氏を追いかけましょう。

2. LINEや電話で謝る

LINEや電話で謝る

喧嘩になって彼氏が家を出ていった場合、基本的にこちらから謝るというのが、上手な対処法、仲直りをするための方法です。 上記のように彼氏を追いかけ、直接彼氏に謝罪してももちろんいいですが、それがしにくい状況だったり、ちょっとそんな気持ちになれないという場合は、LINEやメール、あるいは電話をかけて謝りましょう。

LINEやメールの場合は、「さっきはごめんね。反省してます」というような、短い文面でOK。 電話で謝る場合も、言い訳などは一切せず、シンプルに「ごめんなさい」と伝えましょう。

彼氏からLINEなどの返信がなかなか来ない場合は、しつこく連絡しないで、気長に返事を待ちましょう。 もし、電話をかけても彼氏が出ず、メッセージを残す場合も、シンプルに「ごめん」と伝えればいいのです。 彼氏が冷静になれば、きっと返事をしてくれるに違いありません。

3. 「心配」というメッセージを送る

「心配」というメッセージを送る

謝るだけでなく、彼氏を心配しているというメッセージを送るというのも、彼氏が家を出てしまった時の効果的な対処法でしょう。 この場合は、最初に「ごめんなさい」と伝えた後、「今、どこにいるの? 心配してます」というような文面を加えます。

送るタイミングは、あまり早すぎても効果的ではありませんし、あまり遅くなるのも好ましくありません。 彼氏が家を出ていってから、30分ぐらいたったタイミングで送るといいでしょう。 そのころには、彼氏もかなり冷静になっているはずですから、あなたのメッセージに答えてくれる可能性は小さくありません。

彼氏からの返信で、すんなり仲直りということになることもあるでしょう。 また、「ひとりでさみしい」というようなメッセージを加えるという方法もありますが、それよりも彼氏の身を案じるほうが、効果的です。

4. 何もせずに放っておく

何もせずに放っておく

もし、喧嘩の内容がたいしたものではなく、彼氏が何かというとすぐに家を出てしまうタイプの男性なら、あえて何もしないで放っておくという対処法もあります。 このケースでは、これまで何度も同じようなことが起こり、その都度、なんらかの方法で仲直りしてきたに違いありません。

家を出ていくことが彼氏にとってはクセのようになっているわけですから、深刻に考える必要はないでしょう。 放っておけば彼氏のほうから連絡してくるかもしれませんし、時間をおいて、何事もなかったかのように戻ってくるということもあるはずです。

こちらからは何もしないほうが、かえって彼氏が戻ってきやすいということもあるでしょう。 ただし、深刻な内容の喧嘩だったり、いつもとはレベルの違うひどい喧嘩だった場合には、上記のような何らかの対処をするほうが賢明です。

5. 自分も家を出る

自分も家を出る

一人残されて、家に一人でいると、不安も募りますし、気持ちが沈んでしまうこともあるでしょう。 その場合には、自分も家を出て、外の空気を吸うことをおすすめします。

外に出て、近所を散歩するだけでも、気分転換になるはず。 一人でカフェでお茶をしたり、ちょっとしたショッピングしたりすれば、気持ちが明るく、前向きになるに違いありません。 彼氏とコンタクトを取らなくても、外に出ることによって、気持ちを変えることはできるのです。

6. 謝り方を考える

謝り方を考える

そのようにして一人の時間を過ごしながら、彼氏への謝り方を考えるというのも、おすすめの対処法です。 自然に仲直りするということもありますが、やはり彼氏に謝って、それをきっかけにして仲直りしたほうが確実でしょう。

彼氏と会った時にどんなふうに謝ろうか、自分のどこが悪かったかを考えながら、謝り方を考えてみましょう。 反省をすることによって、謙虚な気持ちになれますから、実際に彼氏と会った時、スムーズに仲直りできるに違いありません。

まとめ

喧嘩して彼氏が家を出ていった時の対処法を6種類紹介しました。 喧嘩の程度や彼氏との関係、彼氏の性格によっても違ってきますので、どれがうまくいきそうかを考えて、参考になさってください。

彼女と家で喧嘩をすると、家から出ていってしまう男性がよくいます。 その場合、どういう対処をしたらいいのか、おすすめの対処方法を紹介することにしましょう。

記事の続きを読む

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!