恋、ちゃんと選んでいますか?意外に知らない恋愛の選び方、これからの「恋愛」の話をしよう。そんなあなたの恋のミカタ

 

意外に知らない恋愛の選び方

https://koinomikata.com/blog/20171028093630.html
寂しがりな男性の特徴

寂しがりな男性の特徴 | 恋のミカタ

恋のミカタ
寂しがりな男性の特徴

「寂しがり」というと、女性をイメージする人が多いかもしれませんが、男性の中にも寂しがりな人が少なくありません。

ここでは、寂しがりな男性にはどんな特徴があるのか見ていくことにしましょう。



  • 電話で人と話すのが好き
  • LINEやメールの返信が早い
  • スキンシップ、ボディタッチが多い
  • デートや友達との遊びが長時間になる
  • 彼女や友達を家に泊めたがる
  • ペットを飼っている(飼いたがる)
  • まとめ

1. 電話で人と話すのが好き

電話で人と話すのが好き

寂しがりの男性の特徴として、まずあげるべきなのが、「人と頻繁に連絡を取りたがる」ということでしょう。

とにかく人とつながっていたいと思うのが、寂しがりの男性の心理です。

そのため、頻繁にLINEやメールをして、友達や恋人、あるいは家族などと連絡を取ろうとします。

特に、寂しがりな男性が好むのが、電話。

LINEやメールなどを利用した連絡よりも、直接相手の声を聞ける電話の方が、寂しがりな男性の寂しい心を満たし、癒してくれるに違いありません。

そのため、ふつうの人よりも、友達や恋人に電話をかける機会がかなり多くなるのです。

電話で人と話をすることによって、直接的な人とのつながりを求めるというのが、寂しがりな男性の心理的特徴ということになるでしょう。

2. LINEやメールの返信が早い

LINEやメールの返信が早い

そのように人とつながっていたいという意識を強く持っている寂しがりな男性は、自分から頻繁に連絡を取ろうとするだけでなく、人からくるLINEやメールのチェックも人一倍まめにします。

しょっちゅうチェックをしていますから、届いたLINEやメールのメッセージに対する返信も極めて早くなります。

自分が早く返信をするというだけではありません。

自分が送ったLINEやメールに対する返信が少しでも遅くなると、心配になったり、不愉快に感じたりするのです。

人から嫌われたり、人が自分から離れたりすることを怖れるのが寂しがりな男性の心理です。

そのため、返信が遅くなると「嫌われているのではないか」と不安になるのが、寂しがりの男性ということになるでしょう。

3. スキンシップ、ボディタッチが多い

スキンシップ、ボディタッチが多い

寂しがりな男性は、精神的に人とつながりたいと思うだけでなく、肉体的にも人と接していたいという心理を持っています。

そのため、自然にスキンシップやボディタッチをする機会が増えると考えていいでしょう。

たとえば、恋人とデートをする時も、できるだけ彼女の近くにいたい、つながっていたいと思うため、手をつないだり、肩を抱いたりすることが多くなります。

恋人に対してだけではありません。

友達と遊んでいる時でも、なんとなく友達にボディタッチするのです。

小学生ぐらいの男の子同士が、子犬のようにじゃれ合うことがよくありますが、あのように友達とじゃれ合い、ボディタッチすることが多いのが、寂しがりな男性の特徴なのです。

4. デートや友達との遊びが長時間になる

デートや友達との遊びが長時間になる

寂しがりな男性が嫌うのは、「一人になること」です。

一人でいる寂しさに人一倍敏感なために、できるだけ長い時間、誰かといっしょにいたいと考えるのが、寂しがりな男性ということができるでしょう。

そのため、彼女とデートをしても、なかなかデートを終了させることができません。

「もう少し、もう少し」と、デートの時間を長引かせようとするのです。

その心理がもっともよく表れるのが、デートの別れ際でしょう。

たとえば、彼女と駅で別れるとしましょう。

「じゃあね」と彼女が言っても、なかなか別れられません。

名残惜しく、その場で彼女と長い時間スキンシップをしようとするのです。

結局、そこで別れられず、彼女を家まで送って行くこともめずらしくありません。

彼女とのデートだけでなく、友達と遊びに行った時にもなかなか帰ろうとはせず、長時間になるのが、寂しがりな男性の特徴ということができるでしょう。

5. 彼女や友達を家に泊めたがる

彼女や友達を家に泊めたがる

これは、一人暮らしの男性のケースですが、人を自分の家に泊めたがるというのも、寂しがりな男性の特徴でしょう。

たとえば、彼女と外でデートをした場合、前項で説明した通り、なかなか別れられないのですが、それはその後で一人になる寂しさに耐えられないからに他なりません。

一人の部屋に帰るのが辛いのです。

その辛さを解消するもっともよい方法は、「彼女を自分の家に泊める」という方法でしょう。

相手が友達でも、その心理は変わりません。

友達と遊んだ後でも、一人の部屋に帰りたくないために、「泊まっていけば?」と友達を誘うのが、寂しがりな男性なのです。

6. ペットを飼っている(飼いたがる)

ペットを飼っている(飼いたがる)

一人の部屋にいる寂しさに耐えられない寂しがりな男性は、多くの場合、何らかのペットを飼っているものです。

犬や猫、あるいはハムスターやリス、ウサギなどの小動物、小鳥、熱帯魚など、その種類はいろいろです。

賃貸住まいの場合は飼えるペットの種類は限定されるでしょうが、その限定の中で飼えるものを選んで飼育しているのです。

何らかの事情で飼えない場合でも、「ペットを飼いたい」と思っているのが、寂しがりな男性の特徴ということになるでしょう。

まとめ

寂しがりな男性について、どんな特徴があるのか、6つ紹介してきました。

当てはまる項目が多くなればなるほど「寂しがり度」が高くなると考えていいでしょう。

あなたの身近にいる寂しがりな男性のことを知るための参考になさってください。


この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!