恋、ちゃんと選んでいますか?意外に知らない恋愛の選び方、これからの「恋愛」の話をしよう。そんなあなたの恋のミカタ

 

意外に知らない恋愛の選び方

https://koinomikata.com/blog/20171010091115.html
女々しい男のきもいと思う特徴

女々しい男のきもいと思う特徴 | 恋のミカタ

恋のミカタ
女々しい男のきもいと思う特徴

女性なら誰しも「男らしさ」にときめくことがあるかと思います。

一方で、頼りない「女々しい男」にイラッとしたこともあるのではないでしょうか。

そんな男性の特徴と行動を10個にまとめました。



  • 美白. 美肌へのこだわり
  • SNSにポエムや空の写真を投稿
  • 自分で決断できない
  • 絵文字やスタンプの多用
  • 鏡大好き
  • 昔の事を引きずる
  • 悪口や噂話が大好き
  • 察してほしがる
  • 言い訳が多い
  • 連絡がマメすぎる
  • まとめ

1. 美白. 美肌へのこだわり

美白. 美肌へのこだわり

最近では、男性用化粧品やデオドラント商品も一般的になってきました。

汗臭さや不潔さはマナー違反ですが、美へのこだわりも度を越してしまうと、女々しさを感じてしまいます。

女性でも購入をためらってしまうような、高級な基礎化粧品を使っていたり、せっかくアウトドアを楽しんでいるのに「オレ、日焼けしたくないんだよね」など、楽しさよりも美白. 美肌優先。

多くの女性が自分よりも高すぎる女子力を感じると「女々しい」と思ってしまうラインです。

2. SNSにポエムや空の写真を投稿

SNSにポエムや空の写真を投稿

SNSは男女問わず幅広い世代に浸透しています。

友人同士で近況報告をすることができたり、情報を共有したりと便利ですよね。

しかし、投稿する内容によっては「女々しい」という印象を与えてしまいます。

例えば「この広い世界でキミに会えた」「仲間との奇跡に. . 」などのポエムは、かわいい若い女の子ならば許されるかもしれませんが、大人の男性がロマンチックすぎるポエムを投稿するのは、好感度を下げてしまいます。

感傷的に空の写真を載せるのも、男らしいとは言いづらいものです。

3. 自分で決断できない

自分で決断できない

何でも自分勝手にわがままを言うような男性にも困ってしまいますが、自分で何も決められない男性も、周囲をイラッとさせてしまいます。

レストランのメニューや、どちらの洋服を買うか決められない。

それどころか、その日のネクタイすら「どっちがいい?」などと聞いてくるような男性は、まず間違いなく「女々しい男」認定されてしまいます。

4. 絵文字やスタンプの多用

絵文字やスタンプの多用

多少の絵文字やスタンプは、メールやSNSでのやり取りを楽しいものにしてくれるでしょう。

ですが、女子高生のような絵文字を多用したメールや、スタンプのみで会話をしようとすると「女々しい」印象を与えるどころか、きもいと思われてしまいそうです。

過度な略語と若すぎる流行語にも注意です。

5. 鏡大好き

鏡大好き

男女関係なく、大人のならば身だしなみにも気を配りたいものです。

しかし「女々しい男」と思われてしまう人は、行き過ぎた身だしなみチェックが多いように感じます。

お手洗いの際に鏡をチェックするのはもちろん、街中のショーウインドウまでも鏡代わりにしてしまいます。

いつまでも髪の毛をいじったり、過剰に服装を気にしてしまうと、ナルシストと思われるだけでなく女々しさも感じさせます。

6. 昔の事を引きずる

昔の事を引きずる

恋愛や仕事、友人関係のこと。

過ぎた話をいつまでも蒸し返すのは周囲を不快にさせます。

「あの時お前がこう言ったから. . 」「こっちにしていれば良かったのかもしれない」反省をするのは大切だと思いますが、それを自分の中で留めずに、周囲にグチグチと話してしまうと「女々しい」のゾーンに突入です。

思い出話と過ぎた話。

しっかり線引きできる人でなければ困りますね。

7. 悪口や噂話が大好き

悪口や噂話が大好き

女子小中学生ばりに悪口と噂話が大好きな男性は「女々しい男」認定間違いなしと言っていいでしょう。

芸能人のゴシップならまだしも、友人や同僚の話題に大喜び。

さらに情報通ぶっているので、周りもあきれモードです。

そのようなことばかり言っている人は、周囲の信用を失うだけでなく、いずれ悪口が本人の耳に入ってしまいトラブルへ. . というパターンも少なくありません。

8. 察してほしがる

察してほしがる

盛大なため息をついたり、大げさに頭を抱えたり。

周囲の「大丈夫?どうしたの?」を待っているのが丸わかりですね。

それどころか「言わなくてもわかるだろ」という態度。

女々しい人は甘えん坊な人が多いのか、何でも言わなくても察してほしがる人が多いように思います。

いつまでも子供気分でいるのも、よほど母性の強い女性でなければ不快なものです。

9. 言い訳が多い

言い訳が多い

誰でも自分の非は認めたくないものです。

しかし、失敗した時や自分に過失がある時にはまず謝罪の一言が出るのが大人というものでしょう。

「女々しい男」は第一声が「でも」「だって」になりがちです。

言い分があるのは分かりますが、言い訳ばかりでは女性からはもちろん同性からも非難を浴びてしまうことになりそうです。

10. 連絡がマメすぎる

連絡がマメすぎる

「連絡がマメだと嬉しいんじゃないの?」と驚く男性もいるかもしれません。

しかしこれも、程度の問題です。

「お風呂に入ってくる」「出かけてくる」と言われているのに「連絡待ってるよ」「どこに?いつもどる?」などとしつこくいつまでも終わらないやり取り。

多くの女性が束縛されているような気分になり、うんざりです。

まとめ

いずれも、幼稚で度が過ぎているものが特徴として挙げられます。

軽々しく「男のくせに、女のくせに」とは言えない時代ですが、女性に「女々しい男」と思われてしまう前に、また、身の回りの男性がそうならないためにも少しずつ男らしさを意識して行動するようにしましょう。


この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!