恋、ちゃんと選んでいますか?意外に知らない恋愛の選び方、これからの「恋愛」の話をしよう。そんなあなたの恋のミカタ

 

意外に知らない恋愛の選び方

https://koinomikata.com/blog/20171003174638.html
八つ当たりしてしまった時の対処方法10選

八つ当たりしてしまった時の対処方法10選 | 恋のミカタ

恋のミカタ
八つ当たりしてしまった時の対処方法10選

イライラしてつい当たってしまった、相手を傷つけてしまった、など八つ当たりしてしまった時の対処方法についてまとめました。

  • すぐに素直に謝罪する
  • 時間を置いてから謝罪する
  • メールやLINEで間接的に謝罪する
  • 壊してしまった物があったら直したり、片付けたりする
  • 謝ってから相手の話を聞く
  • 謝ってから自分の思いを伝える
  • 言葉ではなく態度で示す
  • 謝ると共に相手に感謝する
  • 相手と仲直りをするために一緒に趣味や仕事に取り組む
  • 何事もなかったかのようにふるまう
  • まとめ

1. すぐに素直に謝罪する

すぐに素直に謝罪する

八つ当たりをしてしまった場合は、すぐに謝ることが大切です。 時間を置いた方が解決する場合もありますが、「やってしまった」と気付いたらすぐに謝るのが適切です。 怒りの気持ちを鎮め、落ち着いたら、誠意を込めて頭を下げましょう。 ごまかすように笑うことや、軽い謝罪の言葉は、かえって相手の不興を買うこともあるので止めましょう。 謝るべき時にしっかり謝るのが基本です。

2. 時間を置いてから謝罪する

時間を置いてから謝罪する

八つ当たりをしてしまった時は、時間を置いてから謝罪するのも有効です。 イライラして怒りがヒートアップし、なかなか熱が冷めない人は、すぐに謝ろうとしても、感情的で攻撃的な態度になりがちです。 ですから、冷却期間を置いた方が、誠実に謝ることができるでしょう。 そして、気まずいからといって、相手からの言葉を待つのではなく、自分から声をかけ、謝罪することが大切です。

3. メールやLINEで間接的に謝罪する

メールやLINEで間接的に謝罪する

八つ当たりしてしまい、直接謝りたいけど、なかなか切り出せない場合は、メールやLINEで謝りましょう。 お互いに意地を張ってしまい、直接的にコミュニケーションをとっても上手くいきそうにない場合も有効です。 しかし、ダラダラと説明的に謝罪するのは、かえってひねくれた印象になりがちなので、簡潔な謝罪文を送りましょう。 そして、関係が改善されてきたら、今度は直接話し、謝罪することも大切です。 画面上だけではなく、直接的なコミュニケーションでアフターフォローすることが大切なのです。

4. 壊してしまった物があったら直したり、片付けたりする

壊してしまった物があったら直したり、片付けたりする

八つ当たりをする時は、人だけではなく物に当たってしまいがちです。 そして、時に物が壊れたり、散らかってしまうこともあるでしょう。 イライラして、そのまま放置してしまいがちで、相手に片づけを押しつけてしまうこともよくあります。 できるだけ自分で片付けたり、修理するのが好ましいですが、相手に片づけてもらった場合は、そのことについても謝り、感謝しましょう。 そして、自分で購入できるものは、後で謝罪と共に補充しておくことが大切です。

5. 謝ってから相手の話を聞く

謝ってから相手の話を聞く

八つ当たりをしてしまった時は、謝るだけではなく、相手の話を聞くことも大切です。 あなた八つ当たりしたことで、相手が傷つついたり、苦しむこともしばしばあるのです。 ですから、相手の気持ちを無視せずに、寄り添うことが大切です。 時に、責められることもありますが、黙って受け止め、素直に謝ることが大切です。

6. 謝ってから自分の思いを伝える

謝ってから自分の思いを伝える

八つ当たりをしてしまった時は、謝るだけではなく、理性的に自分の考えや思いを伝えることも大切です。 「どうして怒ってしまったのか」「本当は何がしたいのか」「何が不安で苦しいのか」など、相手に冷静に説明するようにしましょう。 感情的になってしまうと、また怒りが再燃することもあるのでNGです。 穏やかに話すことで、相手も親身になって聞いてくれますし、抱えていた悩みや不安が解消されることもあるのです。

7. 言葉ではなく態度で示す

言葉ではなく態度で示す

八つ当たりをしてしまった時は、謝ることも大切ですが、言葉にせず態度で示すことも大切です。 相手によっては、「言い訳はいらない」「謝罪の言葉よりも態度示してほしい」という場合もあるのです。 ですから、つらつらと自分の思いを吐露するのではなく、誠実な態度を見せることも重要です。 たとえば、仕事に関して部下に当たってしまった時は、自分で仕事で結果を出す。 家族に当たってしまった時は、家事や作業を手伝う。 というように、行為で誠意を表現しましょう

8. 謝ると共に相手に感謝する

謝ると共に相手に感謝する

八つ当たりをしてしまった時は、謝罪することも大切ですが、相手に感謝することも大切です。 相手は、あなたの不安や攻撃的な思いを受け止めてくれたのです。 だからこそ、感謝をし、思いやることが大切です。 謝罪と共に「自分の気持ちを聞いてくれてありがとう」という感謝の言葉を添えましょう。 関係が修復されやすくなり、絆が深まることもあるのです。

9. 相手と仲直りをするために一緒に趣味や仕事に取り組む

相手と仲直りをするために一緒に趣味や仕事に取り組む

八つ当たりをしてしまった時は、心身をリフレッシュすることも大切です。 自分一人で行うのではなく、相手に謝罪してから、共にリフレッシュすることで仲直りしやすくなるのです。 一緒に趣味を楽しんだり、仕事に打ち込んだり、食事をしたりするのがオススメです。 そして、共通の楽しみや目標があると、より関係が深まりやすくなるのです。

10. 何事もなかったかのようにふるまう

何事もなかったかのようにふるまう

八つ当たりしてしまった時、時間が経ってから何事もなかったかのように振る舞うこともあるでしょう。 これに関しては賛否両論ありますが、「謝る暇があるなら行動や態度で示して欲しい」と思っている相手には効果的です。 また、相手が既に許している場合も、このような振る舞いをしてもよいかもしれません。 しかし、いつも八つ当たりしては、逃げることを繰り返すと、周囲の信頼を失い、確実に嫌われます。 一番大切なことは、素直に、誠意を込めて、謝罪することなのです。

まとめ

八つ当たりをしてしまった時の対処法はさまざまありますが、基本は謝罪することです。 ごまかしたり、逃げたりせずに、反省し、誠意を見せることが大切なのです。

イライラしてつい当たってしまった、相手を傷つけてしまった、など八つ当たりしてしまった時の対処方法についてまとめました。


すぐに素直に謝罪する

八つ当たりをしてしまった場合は、すぐに謝ることが大切です。 時間を置いた方が解決する場合もありますが、「やってしまった」と気付いたらすぐに謝るのが適切です。 怒りの気持ちを鎮め、落ち着いたら、誠意を込めて頭を下げましょう。 ごまかすように笑うことや、軽い謝罪の言葉は、かえって相手の不興を買うこともあるので止めましょう。 謝るべき時にしっかり謝るのが基本です。

時間を置いてから謝罪する

八つ当たりをしてしまった時は、時間を置いてから謝罪するのも有効です。 イライラして怒りがヒートアップし、なかなか熱が冷めない人は、すぐに謝ろうとしても、感情的で攻撃的な態度になりがちです。 ですから、冷却期間を置いた方が、誠実に謝ることができるでしょう。 そして、気まずいからといって、相手からの言葉を待つのではなく、自分から声をかけ、謝罪することが大切です。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!