恋、ちゃんと選んでいますか?意外に知らない恋愛の選び方、これからの「恋愛」の話をしよう。そんなあなたの恋のミカタ

 

意外に知らない恋愛の選び方

https://koinomikata.com/blog/20171001170347.html
一般常識がない人の性格や共通点

一般常識がない人の性格や共通点 | 恋のミカタ

恋のミカタ
一般常識がない人の性格や共通点

仕事でもプライベートでも、生きていく中で一般常識というのは必要といえるでしょう。

他人同士が共存していくためには、ルールを守って生活していく事が大切です。

いろいろな人がいる中で、一般常識がないなと感じる人はいるのではないでしょうか。

そんな「一般常識がない人の性格や共通点」をいくつかご紹介したいと思います。



  • 相手の気持ちを考えない
  • 謝らない
  • 馴れ馴れしい
  • マナーが悪い
  • 順番を守らない
  • 人からの評価を気にしない
  • 食べ方が汚い
  • 平気で大きな声を出す
  • 報告連絡相談をしない
  • 挨拶をしない
  • 自分が優位に立ちたい
  • 運転が荒い
  • 平気で嘘をつく
  • まとめ

1. 相手の気持ちを考えない

相手の気持ちを考えない

人間は一人で生きていくことは難しいでしょう。

何かしら他人とは関わって生きていかないといきません。

その中で、自分の考えのみで動いていては一般常識のない人といえます。

一般常識のない人は基本的に自分が一番でしょう。

そのため、自分の行動で相手がどう思うか感じるかなど考えていないのです。

2. 謝らない

謝らない

常識がない人は謝ることができない人が多いでしょう。

そもそも自分が悪いなんて思ってもいないので謝ることはしません。

人は反省することで成長するものですし、謝ることで人間関係もうまくいくでしょう。

しかし、そもそも人間関係を良くしようというなどという考えはないのです。

円滑に進めるために、とりあえず謝るというような柔軟な態度もできません。

よっぽどの事が無い限り、自分から謝る事はしない人が多いです。

3. 馴れ馴れしい

馴れ馴れしい

例えば、初対面でも馴れ馴れしい人も一般常識が無い人の共通点です。

ある程度人は他人との距離感を考えて行動するものです。

しかし、そんな相手の気持ちなどお構いなしに馴れ馴れしくしてきたりします。

自分がしたいようにするため、相手に必要以上に近づいたり、避けたりと極端な態度にでることもあります。

4. マナーが悪い

マナーが悪い

常識がない人として、公共のマナーが悪い人も挙げられます。

公共施設においては、特に他の人への配慮が必要となります。

ですが、常識がないと自己中心的な行動をとってしまい、結果マナーが悪いと感じるでしょう。

例えば、禁煙場所でタバコを吸ったり、ゴミをポイ捨てしたり。

そんな行動をとってしまう人は、他人への迷惑を一切考えない人と言えます。

5. 順番を守らない

順番を守らない

順番を守るというのは、基本的なルール、常識と言えます。

守れない人は一般常識が無い人と言えるでしょう。

例えば、お店に並んだりしていると割り込んでくる人がいますよね。

まさに常識がない人と言えるでしょう。

時間が無いからとか、個人的な理由をつけて平然と順番を守ることができません。

普通の人であれば、みんな平等な時間ですから、よっぽどの理由がない限り順番は守るのが当たり前です。

6. 人からの評価を気にしない

人からの評価を気にしない

一般常識がない人は、そもそも人からの評価を気にしない人と言えます。

他人の目を気にして生きていくことも大変ですが、それが普通だと思います。

人からどう思われるか、人から良く思われたい、それは誰もが抱く感情でしょう。

常識がない人からすると、自分の好きなように生きる。

それが当たり前なのです。

人からの評価を気にしないあまりに、一般常識がない人と言われるでしょう。

7. 食べ方が汚い

食べ方が汚い

一般常識がない人は食べ方が汚い人も多いです。

食べ方というのは幼少期からの育ちも関係するものでしょう。

人によりますが、常識は周りの環境によって育つものがほとんどです。

例えば身近な親から十分にしつけが行われなかった場合、非常識になる可能性は高くなります。

子供が最初から食べ方がきれいな子はほとんどいないでしょう。

きれいに食べるよう教えられて、良くなっていくものです。

常識を教えられていない人は食べ方が汚いというのも必然な気がします。

8. 平気で大きな声を出す

平気で大きな声を出す

人というのは一般的に場所をわきまえて声のボリュームを考えるでしょう。

ですが、その常識がない人は、どのような場面でも平気で大声で話してしまう事があります。

その行動は、他人への迷惑や他人の目を全く気にしないことから生まれる行動と言えます。

例えば、バスや電車などで大声で電話をしている人に当てはまるでしょう。

9. 報告連絡相談をしない

報告連絡相談をしない

特に社会人として大切な「報告連絡相談」をできない人です。

自分の考えが一番正しいと思ってしまい、それを相手に伝えたり相談したりする事はしません。

自己完結してしまうのです。

仕事以外でも、連絡もなしに急に押しかけたり、予定を勝手に決めてしまいがちです。

普通なら相手のことを考えて話し合うという事が必要です。

しかし常識がないため、自分中心に全て進めてしまいます。

10. 挨拶をしない

挨拶をしない

挨拶はとても大事ですよね。

一般常識のない人の多くは、挨拶をしないことが多いでしょう。

常識というのは、幼少期から生きてきた経験の中で培われていくものです。

特に挨拶は基本的なコミュニケーションの一つと言えます。

挨拶をすることは当たり前すぎて、しない人に対して感じ悪く見えてしまいます。

そんな基本的な事ができない人は常識がないと思われるのも当然です。

11. 自分が優位に立ちたい

自分が優位に立ちたい

常識のない人は相手から何か指摘されたりする事が嫌いな人が多いでしょう。

自分が正しく、プライドが高い人も多いので、相手よりも自分が優位に立ちたいのです。

周りに見下す態度をとったり、上下関係を気にせず思った事を口に出してしまうこともあります。

注意されても自分が悪くない、相手が悪いのだと思ってしまい反省する事はできないでしょう。

12. 運転が荒い

運転が荒い

運転にも常識が必要ですので、常識が無い人は運転が荒い人が多いです。

たくさんのルールの上で運転をする必要があります。

全員が自分勝手に運転していては、事故ばかりになってしまうでしょう。

非常識な人は信号無視をしたり、歩行者や他の自動車に譲るということもできません。

それが自分にとって損であり無駄だと思ってしまうのでしょう。

結果的に安全運転はできない人が多いのです。

13. 平気で嘘をつく

平気で嘘をつく

嘘は基本的にはついてはいけないのが一般常識です。

何か悪い事をしてしまったとして、認めたくないときなど、平気で嘘をつくことができます。

自分にとって損が無いようにしたいと考えるためです。

その嘘により、他人へ迷惑がかかろうと気にしません。

まとめ

世の中において「相手を思って行動をする」それが常識に通じる気持ちでしょう。

一般常識がない人は、基本的には相手よりも自分中心の考えの人と言えます。

環境や経験なども深く関係しているように思いますので、そういう人との付き合い方を考えていく必要があるでしょう。


この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!