恋、ちゃんと選んでいますか?意外に知らない恋愛の選び方、これからの「恋愛」の話をしよう。そんなあなたの恋のミカタ

 

意外に知らない恋愛の選び方

https://koinomikata.com/blog/20170921142131.html
気性が荒い人の性格や特徴8選

気性が荒い人の性格や特徴8選 | 恋のミカタ

恋のミカタ
気性が荒い人の性格や特徴8選

気性が荒い人の性格や特徴を8選まとめました。



  • 自己防衛本能が強すぎてしまい気性が荒くなる
  • 高いストレスも気性が荒くなる原因になる
  • 幼少期の家庭環境などが原因していることもある
  • 自分に自信が持てない人ほど気性が荒い
  • 女性はホルモンバランスで気性が荒くなってしまう
  • 繊細すぎる性格で浮き沈みが激しくなる
  • 精神的な病気を持っている場合もある
  • 更年期障害により気性が荒くなる
  • まとめ

人間関係を円滑にする上で、相手の性格を把握することはとても大切なことでもあります。 ですが、当然気が合わない人もいるでしょうし、自分とそりの合う人もいるものです。 ですが、社会人として勤める事も生きていく為には必要ではありますし、専業主婦だとしても全く他人とかかわり合わないという事は有り得ません。

中には気性の荒い人もいますから、こういった人格の人にも対応していかなければならないのです。 ですが、気性の荒い人の性格や特徴を把握することによって、付き合い方もそれ相応に潤滑にすることもできるのです。 ここでは気性の荒い人の特徴等について掲載していきます。

1. 自己防衛本能が強すぎてしまい気性が荒くなる

自己防衛本能が強すぎてしまい気性が荒くなる

気性の荒い人というのは攻撃的な面を持っています。 それは自己防衛の1つでもあるのです。 常に心の中に不安感を抱えており、人と接する時に粗野な言い方をしてしまうことがあります。

そうでなければ、自分が社会の中のカースト層で下位になってしまうと思いこんでいるのです。 だからこそ、人を近づけないように、気性も荒くなってしまうのです。 このような自己防衛タイプの気性の荒い人の性格や特徴を変える為には、不安材料を取り除いてあげることが何よりも大切になってきます。

2. 高いストレスも気性が荒くなる原因になる

高いストレスも気性が荒くなる原因になる

例えば気性の荒い人が家族であった場合は、顔を合わせるたびに自分も精神的に辛くなってしまうかもしれません。 ですが、家族であるが故に何故気性が荒いのかということも見出すことができるかもしれません。

過度なストレスを受け続けたりすると、もともと穏やかな性格であっても気性が荒くなってしまうことがあります。 ちょっとしたことで激怒してしまったり、感情的になりなり言い合いになる事もあります。 こういった場合には、一定間距離を置くということも重要ですし、どんなストレスを抱えているのかということを根本的に知るということも必要です。

3. 幼少期の家庭環境などが原因していることもある

幼少期の家庭環境などが原因していることもある

もともと持っている性格や気質というのも気性の荒さに関係してくることがあります。 また、生育環境によっても気性が荒くなってしまう場合があるのです。

子供の頃から親や周囲に見放されてしまった人や、甘やかし、無関心、虐待等を受け続けていると、他人とのやりとりも簡単にはできなくなってしまいます。 こういった生育環境が関係している気性の荒さというのは病的な部分もありカウンセリング等で治療する手段もあります。

4. 自分に自信が持てない人ほど気性が荒い

自分に自信が持てない人ほど気性が荒い

気性が荒い人は根本的に自分に自信を持っていない部分があります。 私だからこそ自分に威勢を張ってしまうのです。

内面的に自立していれば他人とのコミュニケーションもたやすくできる事ですし、気性の荒い部分を人に晒してしまうということも全くないのです。 まずは気性の荒い人が内面的な自信を取り戻すということも必要ですし、場合によっては気性が荒い性格を持ち続けていると、社会関係にまで影響があるという事も知らせるべきでしょう。

5. 女性はホルモンバランスで気性が荒くなってしまう

女性はホルモンバランスで気性が荒くなってしまう

気性が荒い人の割合は男性よりも女性の方が多いと言われています。 女性の場合にはホルモンのバランスの変化により、気性が荒くなってしまうのです。

自分でもどうにもならないような感情やイライラを周囲にぶつけてしまうこともあります。 このようなホルモンバランスの異常により気性が荒くなってしまう場合には、産婦人科等で診てもらえば改善できる事もあります。

6. 繊細すぎる性格で浮き沈みが激しくなる

繊細すぎる性格で浮き沈みが激しくなる

気性が荒い人は根本的に繊細すぎるという面があります。 その分こと細かな仕事などもできるのですが、神経を使いすぎるあまりに気性がどんどん荒くなってしまうのです。

ちょっとした事でも悩み落ち込む面もありますし、いつまでも嫌なことを覚えていて、繰り返し嫌だと思い出を他人にぶちまけたりします。 また、自分の性格が繊細なので他人に寛容になれないという部分も持ち合わせています。

7. 精神的な病気を持っている場合もある

精神的な病気を持っている場合もある

気性の荒い人というと一見性格のようにも思うのですが、精神面での病気を持ち合わせているということも多々あります。

例えば躁うつ病なども気性が荒くなる原因の病気ですし、境界性人格障害という病気もあります。 このような病気の場合にも、やはり治療しなければなりませんし、こういった人と人間関係を保つ場合には一定の距離を取るということも必要です。

8. 更年期障害により気性が荒くなる

更年期障害により気性が荒くなる

男性でも女性でも更年期障害というのは発生するものです。 特に女性の場合には閉経してしまうので、更年期障害の症状も顕著になりますし、イライラを人にぶつけてしまうということも多々あります。 更年期障害の場合には心理的な変化だけではなく、体調の悪さも影響していますから、余計にも気性が荒くなってしまうことがあるのです。

このような更年期障害の場合には、無駄なストレスをかけすぎないということも必要ですし、更年期障害を改善する為に食生活を変える事も必要です。 特に飲酒や喫煙などは、一見ストレスを取り去る方法とも思えるのですが、体にもよくありませんし、更年期の症状を抑えるためにもほどほどにしておくべきでしょう。

まとめ

このように気性の荒い人の特徴というのはいくつかありますが、自分の性格面の気性の荒さを改善したいという場合には、自分のストレスや体調面に配慮すべきですし、このような性格を持つ人との付き合いが円滑にならない場合にも、相手の内面を知る事でうまく対処する事ができるのです。


この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!