恋、ちゃんと選んでいますか?意外に知らない恋愛の選び方、これからの「恋愛」の話をしよう。そんなあなたの恋のミカタ

 

意外に知らない恋愛の選び方

https://koinomikata.com/blog/20170918152606.html
デートの誘いを断られた時の正しい対応11選

デートの誘いを断られた時の正しい対応11選 | 恋のミカタ

恋のミカタ
デートの誘いを断られた時の正しい対応11選

好きな女性をデートに誘うというだけでも勇気のいる行動ですが、実際に誘ってみてデートを断られた時には、どのような対応をするのが正しいのでしょうか。



  • 誘った女性に「返事をくれてありがとう」と感謝の言葉を返しましょう
  • 断っている相手の女性の目・視線を見てみましょう。
  • 断られた後にも女性に電話をかけることはできるかチェックしましょう。
  • 断られた後にも女性にLINE(メール)のやりとりをすることはできるかチェックしましょう。
  • 職場・学校などのコミュニティーで何気なく話しかけてみましょう。
  • 断られた後にも話せるなら、女性の表情(笑顔)・目線をチェックしてみましょう。
  • デートの誘いを断ったことを、他の女友達などにどのように話しているかを確認する。
  • 可能であれば本人から「デートを断った理由・原因」について聞いてみる。
  • 自分のことを嫌がっていたり怖がっていたりする素振りがあればすぐに離れる。
  • 諦めずに誘うのは、相手の反応・好意の有無にもよるが、爽やかに三回まで!
  • どうしてもダメと分かれば、諦めて次の魅力的な女性を探しましょう。
  • まとめ

1. 誘った女性に「返事をくれてありがとう」と感謝の言葉を返しましょう

誘った女性に「返事をくれてありがとう」と感謝の言葉を返しましょう

誘われた女性からすれば「断りの返事」をするのも手間がかかり、一定のストレスになります。 「相手の気持ちに応えられなくて悪い」という思いから、返事を返せない女性も多くいます。 誘った相手にきちんと断りの返事をするのは、誠実さや責任感の表れでもあり、「返事をくれてありがとう」の一言を返すだけで、あなたの印象を良くして距離を置くことができます。

2. 断っている相手の女性の目・視線を見てみましょう。

断っている相手の女性の目・視線を見てみましょう。

相手の女性がデートを断る時の目・視線の様子を見てみて、「まったく自分の顔・目を見ていない」や「視線が一回も合わない」のであれば、彼女が自分に今後も好意を持ってくれる可能性は相当低いでしょう。

反対に、目の瞳孔が開き気味だったり、きちんと視線を合わせて誠実に断りの話をしてくれているのであれば、今後もずっと完全にダメかは分からないという可能性はでます。

3. 断られた後にも女性に電話をかけることはできるかチェックしましょう。

断られた後にも女性に電話をかけることはできるかチェックしましょう。

デートに誘った女性とのそれまでの関係性にもよりますが、友人知人・同僚などで「デートに誘う前の時点」までは電話をかけることもできる間柄だったのであれば、プライベートではない仕事・学校に関係する用事などで電話をかけて出てくれるかをチェックしてみると、「相手の自分に対する拒絶度」が分かりやすくなります。 着信拒否状態なら今後も可能性はほぼないでしょう。

4. 断られた後にも女性にLINE(メール)のやりとりをすることはできるかチェックしましょう。

断られた後にも女性にLINE(メール)のやりとりをすることはできるかチェックしましょう。

デートを断られた女性とそれまでLINEやメールでやり取りすることができていたのであれば、あまり恋愛と関係のない話題でちょっと話しかけてみましょう。

あなたのことをそれほど嫌悪しておらず拒絶感もないのであれば、LINEやメールの他愛ない話題への返信であればしてくれる可能性が高くなります。 LINEなどに返信が全くないなら、今後も女性の好意が得られる望みは薄いでしょう。

5. 職場・学校などのコミュニティーで何気なく話しかけてみましょう。

職場・学校などのコミュニティーで何気なく話しかけてみましょう。

デートを断った女性は一般的に気まずい思いをしていて、断った相手に自分から話しかけることはしづらいものです。

断られてもまだ良い関係を維持したいのであれば、自分のほうから女性に話しかけてみて、「女性が返事を返してくれるか・逃げたり避けたりする素振りがないか」をチェックしてみましょう。 目線も合わせてくれず、逃げるように自分の前から消えてしまうような反応であれば、友人関係の維持も難しいということになります。

6. 断られた後にも話せるなら、女性の表情(笑顔)・目線をチェックしてみましょう。

断られた後にも話せるなら、女性の表情(笑顔)・目線をチェックしてみましょう。

本当に嫌悪感・拒絶感の強い相手からデートに誘われた場合、女性は勘違いされるリスクを避けるため、「二度と関わりたくない・できるだけ話さないようにしたい」と思うものです。

デートを断られた後にも、まだ普通に話せる関係が維持されているのであれば、「会話中に笑顔や明るさがあるか・自分と目線を合わせてくれるか」を見て、自分への嫌悪感がないかを確認してみてください。

7. デートの誘いを断ったことを、他の女友達などにどのように話しているかを確認する。

デートの誘いを断ったことを、他の女友達などにどのように話しているかを確認する。

デートに誘った女性の女友達とも知り合いである場合、「自分がデートに誘ったこと自体」はその女友達にも筒抜けになっていることが多いものです。

女性がデートに誘われて断ったことを、友人知人に話している時には、噂話として自分の耳に届くことも多いですが、他の女友達とも話せるのであれば「どんな感じで自分について語っていたか」を聞ければ、女性の自分に対する本音の部分での好意・嫌悪の度合いが分かります。 完全に馬鹿にされていたり悪口が多かったのであれば、可能性もないですが、女性の性格面でもアウトでしょう。

8. 可能であれば本人から「デートを断った理由・原因」について聞いてみる。

可能であれば本人から「デートを断った理由・原因」について聞いてみる。

上手くいきそうな良い雰囲気だったのに、デートに誘ったら断られてしまったというケースでは、本人とまだ普通に話せるのであれば、「デートを断った理由・原因」についてそれとなく聞いてみましょう。

「彼氏や婚約者がいるから」「他に好きな人がいるから」「あなたが嫌いだから・興味がないから」なら頑張ってもほぼ無駄ですが、「今は仕事・勉学に集中したいから(他のことで忙しいから)」「あなたを良く知らないから」「暫くは恋愛したい気分じゃないから」などの理由を本音で語ってくれているなら、若干の可能性は残ります。

9. 自分のことを嫌がっていたり怖がっていたりする素振りがあればすぐに離れる。

自分のことを嫌がっていたり怖がっていたりする素振りがあればすぐに離れる。

デートを断られた後に、相手がまともに自分の顔・目を見てくれない話してもくれない。 自分の姿を見かけると、びっくりしたような(怖がっているような)顔をしてどこかにすっと逃げてしまうというような状態は、相手の嫌悪感や警戒感が強い状態です。

もし相手の女性がそういった嫌がっている素振り・雰囲気の時には、無理に追いかけたりどうにかしようとせずにすぐに距離を置いて離れてあげましょう。 それは「思いやり・マナー」です。

10. 諦めずに誘うのは、相手の反応・好意の有無にもよるが、爽やかに三回まで!

諦めずに誘うのは、相手の反応・好意の有無にもよるが、爽やかに三回まで!

何回断られてもめげずに気合いを入れてデートに誘い続けるという昭和時代の「101回目のプロポーズ」のような恋愛戦略は、現代ではまず通用しないと考えたほうがいいでしょう。

相手があからさまに嫌悪感や警戒感を出しているのに、それを無視して押し続ければストーカーや強要行為として警察に相談されるリスクさえあります。 しかし、「女性側に好意が残っている実感」がある時、「断られた時よりも環境・自分が良い方向に変わったという実感」があれば、計三回くらいまではアプローチしても良いです。

11. どうしてもダメと分かれば、諦めて次の魅力的な女性を探しましょう。

どうしてもダメと分かれば、諦めて次の魅力的な女性を探しましょう。

恋愛は突き詰めれば、「お互いの思い」が合致して初めて成り立つものです。 相手の女性にも「好きな男性・付き合う男性」を選ぶ権利がありますから、何度かアプローチして誘ってみてもダメなら(相手から嫌がられたり拒絶されたりの反応が見られたら)、「縁がない相手だったんだな」というように考えてすっぱり諦めたほうが良いでしょう。

相手がどうしても好きになれないなら無理にデートをしても楽しいはずがありません。 気持ちを入れ替えて仕事や勉強も頑張りながら、次の魅力的な異性を探し始めた方が良い結果につながりますよ。

まとめ

デートの誘いを断られた時には、まず「相手の気持ちを正しく想像して推測してみること」が大切です。 本音の感情の部分で自分に少しでも好意や興味が残っていれば可能性がありますが、本音で嫌われていたり怖がられていたり軽蔑されていたら、いくら努力してアプローチしても結果はついてきません。

お互いの気持ちを近づけていけそうな、相性が良くて性格・会話の合う女性との出会いをアクティブに探してみましょう。


この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!