恋、ちゃんと選んでいますか?意外に知らない恋愛の選び方、これからの「恋愛」の話をしよう。そんなあなたの恋のミカタ

 

意外に知らない恋愛の選び方

https://koinomikata.com/blog/20170918094937.html
陰鬱な人の性格や特徴10選

陰鬱な人の性格や特徴10選 | 恋のミカタ

恋のミカタ
陰鬱な人の性格や特徴10選

どこか陰気でうっとうしい感じがするさまを陰鬱(いんうつ)といいます。 それでは陰鬱な人の性格や特徴を見ていきましょう。



  • 雰囲気がどんよりとしている
  • 笑顔がない
  • 何をしていても楽しそうに見えない
  • ネガティブ思考
  • 人のことを批判することが多い
  • 周りの空気まで暗くさせてしまう
  • 自分は不幸だと思っている
  • ものごとを素直に受け取れない
  • 顔に出てくる
  • 感謝できない
  • 陰鬱な人の性格や特徴のまとめ

1. 雰囲気がどんよりとしている

雰囲気がどんよりとしている

陰鬱な人というのは見た目に特徴が出ています。 雰囲気がどんよりとしていて颯爽としたところはありません。

動きものろのろ、嫌々といった感じですので仕事に対してもやる気がなさそうに見えて損をしています。 実際に仕事嫌いということも関係していますが、前向きに頑張るという気持ちは持てない様子なのがわかります。

2. 笑顔がない

笑顔がない

陰鬱な人の特徴は笑顔がない、無表情、どんよりしているといったことがあげられます。 職業的作り笑顔はできます。 ここでいう笑顔というのは素の状態の時です。 何が不機嫌そうな苦虫をかみつぶしたような表情、寂し気な表情なことが多いです。

3. 何をしていても楽しそうに見えない

何をしていても楽しそうに見えない

陰鬱な人は、日頃から楽しいことがない様子なのが特徴的です。 やる気に乏しくみんなが楽しくやっていることも積極的に関わろうとせず、また嫌々参加するといった感じです。

4. ネガティブ思考

ネガティブ思考

陰鬱な人はネガティブ思考であるといえます。 楽しいこと面白いことが本人にとってないこともありますし、また楽しそうな人のことが羨ましいというよりは憎たらしい、目障りといった感情を持つこともあります。

そのような気持ちでいますからますますネガティブになり、暗い印象になっていくのです。 当然ではありますがポジティブ思考の人とは仲良くなれません。

5. 人のことを批判することが多い

人のことを批判することが多い

陰鬱な人は人前で騒いだりすることはありません。 でも親しい人や心打ち解けた人とはよく話すのです。 人見知りな性格である場合もありますね。

話す内容といえば褒められた内容ではなくどちらかといえば他人に対して厳しめなことを言う、悪口まではいかなくても批判めいたことなどを延々と話すことがあります。

その様子が暗くて陰湿に映るので人が離れていくこともあります。 いいところを見るよりも、どうしても他人の欠点に目がつきやすく、また理想が高いので相手を受け入れることができないのです。

6. 周りの空気まで暗くさせてしまう

周りの空気まで暗くさせてしまう

陰鬱な人は一人で家で陰鬱になっている分には問題ありません。 普段明るい人でも時には部屋にこもって暗くなる日もあります。

陰鬱な人で困る特徴に周りの空気まで暗くさせてしまうところです。 楽しそうな場にきて一言余計なことを言って白けさせたり、楽観的な人に食ってかかったりといったことがあります。 陰鬱な人はどうしても自分とは真逆な明るい雰囲気の人、楽観的思考の人に反感を持ち嫌う傾向にあります。

思うだけで何も言わない人もいますがなかには陰鬱かつ攻撃的な性格の人もいますのでそういったタイプは空気を読まない、周りをドン引きさせるといったことで嫌われやすいです。

7. 自分は不幸だと思っている

自分は不幸だと思っている

陰鬱な人は自己憐憫が大好きなものです。 どこか当てこすりのようなことを言ったりします。 子供に教育熱心になる陰鬱な母親は「私のようになってほしくない」と言いきかせます。

その裏にある本音は私のようになったら、あんな夫としか結婚できないとか、良い生活ができないといった夫への嫌味が込められているのです。 周りから見れば何不自由ない人と思われても本人の理想が高いこともあって満足できていないことが多いのです。

自分だけが不幸、可哀相と嘆いたり、愚痴を言ったりして日々を生きているので、どこか不幸そうなじめじめした空気を醸し出しています。

8. ものごとを素直に受け取れない

ものごとを素直に受け取れない

陰鬱な人は、人の言うことにも裏があるのではないかと疑ったり、いい話を聞いても嘘だと決めつけたりとものごとを素直に受け取らないところがあります。 悲観的にとらえるタイプですし、わりと心配性で悩んでばかりです。

9. 顔に出てくる

顔に出てくる

内面は外見に反映されていくものです。 10代から20代前半ぐらいまでの若い人は内面は出にくいのです。 それは若さという武器の方が強いですし、考え方がまだ完全に固まっていないということも関係あります。

どうしても20代後半ぐらいから内面は外に現れてきます。 若い時に可愛かった人がどこか険がある顔つきになってくるのはそういうわけです。 さらに年齢を重ねますとどんどん内面、考えていることが表情に出ます。 陰鬱な人が陰鬱そうに見えるのは陰鬱だからです。

明るい人は明るく見えますし、優しいひとは優しい顔になります。 陰鬱な人は目にどこか輝きがない、口角が下がっているなどがわかりやすい特徴です。

10. 感謝できない

感謝できない

陰鬱な人と話す機会があるとわかると思うのですが、まず感謝したり、詫びたりといったことができません。 常に誰かのせいにして面白くなさそうですし、相手を責めるようなことしか話しません。 感謝の気持ちより不平不満が多いのが特徴です。

陰鬱な人の性格や特徴のまとめ

以上が陰鬱な人の性格や特徴でした。 陰鬱な人というのは心配性で真面目なところがあるといえるのですが、やはりネガティブな人、ものごとには関わりたくないと考える人の方が多いですから結果的に損しやすいキャラクターです。

少し考え方を変えるだけで全然違うのにと思うことはありますが、性質というのは大人になればなるほど変わりにくいので、相手を変えるよりは自分が変わる方が簡単です。

つまり性格や特徴を理解してあげるということですね。 上手におつきあいをしていくことが一番ですね。


この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!