恋、ちゃんと選んでいますか?意外に知らない恋愛の選び方、これからの「恋愛」の話をしよう。そんなあなたの恋のミカタ

 

意外に知らない恋愛の選び方

https://koinomikata.com/blog/20170917174828.html
香水がきつい人の特徴

香水がきつい人の特徴 | 恋のミカタ

恋のミカタ
香水がきつい人の特徴

水がきつくて頭が痛くなる、香りが混じってさらに嫌なニオイになる、そんな香水がきつい人の特徴や対処方法についてまとめました。



  • 体臭がキツイ人
  • メイクが濃い人
  • 年配の人
  • 若くてチャライ人
  • ブランド指向が強い人
  • 自分も香るものを身につけない
  • 人混みを避ける
  • 雨の日はあまり出かけないようにする
  • まとめ

1. 体臭がキツイ人

体臭がキツイ人

体臭がキツイ人は香りでニオイをごまかそうとする時もあります。

なかなか消えずに気になっているタイプの人が多く、大量に香水や香りのつよいデオドランドをしてしまうので、体臭と混じって、さらにひどいニオイを出してしまうことがあるです。

体臭は食生活でガラリと変わります。

肉や脂質の摂り過ぎは体臭を悪化させることがあるので、野菜中心のバランスの良い食事にしましょう。

そしてワキガなどが気になる場合は、美容皮膚科などに相談してみましょう。

口臭も影響することが多いので、定期的に歯科に通うことも大切です。

2. メイクが濃い人

メイクが濃い人

メイクが濃い目の人は、香水も強めにしてしまうことが多いです。

自分を盛りたい気持ちが強く、普段の自分を覆い隠すように濃いメイクをし、香水をたくさんかけてしまうのです。

メイクの香料や、ヘアスプレーの香料も混じってさらにキツイにおいになってしまうのがネックです。

自分をよく見せたいのであれば、化粧や香水は控え目な方が良いです。

ケバイ状態は、かえって多くの人に避けられてしまう場合が多いのです。

ですから、清潔感や上品さを出せる様なメイク方法を学びましょう。

服装についても同様で、ケバさはだらしなさも出してしまうので気をつけましょう。

3. 年配の人

年配の人

年配の人も強い香水をしがちな人がいます。

年をとるにつれて、加齢臭などの体臭が出てしまうのは仕方のないことです。

しかし、そうした老いを見せたくなくて、香水などで隠そうとしてしまい、かえって悪臭を出してしまうことがあるのです。

また、年配の方特有のおしろいの匂いや、整髪剤のにおいも混じることで、より独特なニオイを発してしまう場合があるのです。

また、年をとればとるほど、ニオイに鈍感になってしまうのも原因です。

ある程度は仕方ないと割り切り、香水でごまかすのではなく、体を清潔に保つことが大切です。

4. 若くてチャライ人

若くてチャライ人

若くてチャライ雰囲気の人も香水がキツイ場合があります。

香水もファッションの内であり、高級な香水をつければモテると勘違いしてしまうことも多いです。

キツイにおいでは、かえって人をとおざけてしまうので気をつけましょう。

香りもマナーの一つであることを学習しなければなりません。

むしろ、爽やかでほのかに香る程度が、ウケが良いので、清潔感のある香りを身にまといましょう。

5. ブランド指向が強い人

ブランド指向が強い人

ブランド指向が強く、全身ブランドを身にまとっているような人も、強い香水をつけている場合が多いです。

高級な香水というのは、量を間違えると、きつくなりやすいです。

また、大人向けの難しい香りも多いので、たくさんつけてしまうとかなりキツイ印象になってしまうのです。

香水というのはつければつけるほど良いものではありません。

時間や場所、体につける所を考えて、マナーを守って使うことが大人のたしなみなのです。

6. 自分も香るものを身につけない

自分も香るものを身につけない

香りというのは、混じると余計にひどくなる場合が多いです。

ですから、自分自身も強い香りのものを身につけないことが、マナーです。

香水は控えめにし、制汗剤もつけすぎず、メイクやヘアスプレーにも気をつけましょう。

また柔軟剤も服が擦れるとかなり香るタイプもあるので、人混みの中に行く時は気を付けた方が良いです。

何かを香らせることよりも、清潔感や爽やかさを重視しましょう。

7. 人混みを避ける

人混みを避ける

人が集まることで、ニオイは混じってしまいやすくなります。

周囲の温度があがるので、汗のニオイや、体臭なども出やすくなります。

そして、香水や、整髪料、化粧、柔軟剤などに含まれる香料も揮発しやすくなり、ニオイが広がり、混じってしまうのです。

混ざった香りが気になる、嗅ぐと頭が痛くなるような場合は、人混みを避けた方が無難です。

どうしても人混みの中を行かなければならない場合は、マスクなどをすることも大切です。

誰にも顔を見せなくていいのであれば、苦しくない程度にティッシュや脱脂綿で鼻栓をして、マスクで隠すのもおすすめです。

しかし、つけてることを忘れてしまうと恥ずかしい思いをするので気をつけましょう。

また、1日以内に外さないと、衛生上危険なので注意しましょう。

8. 雨の日はあまり出かけないようにする

雨の日はあまり出かけないようにする

雨の日や、湿気の強い日も、ニオイが広がりやすいです。

ですから、雨の日に香水をつけるのは基本的にNGなのです。

雨特有の湿ったニオイや、下水のニオイ、カビ臭さなども相まって、よくない印象を相手に与えてしまうことが多いのです。

部屋のニオイが気になる場合は、香りがきつくない消臭スプレーを使いましょう。

そして除湿器を回すなどして、湿気対策をすることも大切です。

また、体臭や汗の匂いも広がりやすいので、清潔に保つことが必要です。

まとめ

香水の香りというのは、きつくなりがちです。

TPOを考え、マナーを守って使うようにしましょう。

そして、気になるニオイは香りでごまかすのではなく、根本的な対策をし、清潔を保つことが大切なのです。


この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!