恋、ちゃんと選んでいますか?意外に知らない恋愛の選び方、これからの「恋愛」の話をしよう。そんなあなたの恋のミカタ

 

意外に知らない恋愛の選び方

https://koinomikata.com/blog/20170914162640.html
格闘ゲームが強い人に共通する13の特徴

格闘ゲームが強い人に共通する13の特徴 | 恋のミカタ

恋のミカタ
格闘ゲームが強い人に共通する13の特徴

格闘ゲームですが、強い人には目立った特徴があるようです。 ストリートファイターは株式会社カプコンの登録商標です。



  • 勝負事が好き
  • 白黒をつけたがる
  • 粘り強い
  • 1人で時間を過ごせる
  • 向上心が強い
  • ゲームにプライドをもっている
  • ゲームにとにかく時間をかける
  • 瞬発力がある
  • 動体視力に優れている
  • 集中力が高い
  • 本番に強い
  • 周りに悪く思われても平気である
  • 空気を読めない
  • まとめ

1. 勝負事が好き

勝負事が好き

格闘ゲームが強い人は闘争心が強いです。 戦うということが好きなのです。 ゲームの世界だけの話かもしれませんが、勝負事というと燃える傾向にあるようです。

自分が勝つまでやろうと必死になることもあります。 闘争心が強いので、現実の世界でもスポーツをやらせると強さを発揮します。 周りの士気も上げてくれるので、ムードメーカーとしても一役買いそうです。

2. 白黒をつけたがる

白黒をつけたがる

格闘ゲームが強い人は、何事も白黒をつけたがる傾向にあります。 格闘ゲームは、対戦系であると勝ち負けがはっきりするので分かりやすいものです。 現実の世界でも、どっちが正しいかをはっきりさせようとしたり、勉強では答えがはっきり出る理系学問を好みます。

しかし、はっきりさせられるものばかりでもないのが社会というものです。 大人になると次第に曖昧さの中で生きる術を身に着けていきますが、子供時代は特に、はっきりしないことが気持ち悪くて仕方がないようです。

3. 粘り強い

粘り強い

格闘ゲームが強い人が粘り強いです。 負けることが嫌なので、負けを帳消しにしようとするように、勝つまでゲームをする傾向にあるようです。 それがゲーム以外の場でも発揮されます。

とにかく自分が納得するまで粘って取り組むのです。 良い方向にもっていけると大変大きな力を発揮します。

4. 1人で時間を過ごせる

1人で時間を過ごせる

格闘ゲームが強い人は、1人でも時間を過ごすことができます。 格闘ゲームは2人以上でやることの方が多いですが、格闘ゲームが強い人は、強くなるために1人で特訓したりします。

本人としては楽しんでやっているので、特別な練習ではないと思っているでしょうけれど、1人で過ごす時間も自然と増えます。 現実の世界でも、興味のあることに対しては1人で努力を続けることができる人でしょう。

5. 向上心が強い

向上心が強い

格闘ゲームが強い人は向上心が強い人です。 人の中で楽しむことに重点を置いている人は、皆で楽しむことが第一なので、決して自分が強くならなくてもよいと思っています。

むしろ自分が中程度以下であることで、周りとバランスがとれるとさえ思っている人もいます。 格闘ゲームが強い人はそういった人とは違う考えであり、単純に強くなりたいのです。 上があるのなら上を目指すという単純な思考ですが、物事に取り組むときにこれほど強い考えはありません。 まっすぐなのです。

6. ゲームにプライドをもっている

ゲームにプライドをもっている

格闘ゲームが強い人は、ゲームに一定のプライドを持っています。 ゲームが自分の生きる道なのです。 ゲームが強いということがアイデンティティにもなっているのです。

ですので、自分は格闘ゲームについては強くあり続けなければなりません。 特に小さい頃は友人と遊ぶと言ったらテレビゲームがメインだったりするので、ゲームが強い人は皆の中でかっこいい存在となるものです。

7. ゲームにとにかく時間をかける

ゲームにとにかく時間をかける

格闘ゲームが強い人は、当然ながらゲームに割く時間も相当なものです。 暇が出来たら格闘ゲームをする、休日は朝から格闘ゲームをやって過ごすなど、生活の中心が格闘ゲームとなっています。

熱中できることであり、自分がリラックスできることでもあるのです。 これが趣味の範疇であれば周りも何も言いませんが、生活の他のことをあまりに犠牲にするとしたら、ちょっと考えものです。

8. 瞬発力がある

瞬発力がある

格闘ゲームが強い人は瞬発力があります。 瞬時に動けるようでないと格闘ゲームが得意になれません。 こういった人は運動神経もよく、走るのも球技も全般的にできます。 ただし、現実の世界で運動が苦手な人でも格闘ゲームだけはなぜか強いという人もいるので、一概には言えない特徴です。

9. 動体視力に優れている

動体視力に優れている

格闘ゲームが強い人は動体視力がすごい場合が多いです。 目でキャラクターの動きを追うので、動体視力が鍛えられます。 いくら自分に瞬発力があっても、目の動きが遅かったら格闘ゲームは強くなれません。 動体視力の良さを生かして、例えば野球などでも一定の力を発揮できるかもしれません。

10. 集中力が高い

集中力が高い

格闘ゲームが強い人は一旦集中すると周りのことが見えなくなります。 集中力がすごいのです。 格闘ゲームは短時間で勝負が決することが多く、短時間の集中でよいのですが、その短い集中を断続的に行うことができます。

周りから話しかけられても反応しない場合もあります。 他のことにもその集中力が発揮できれば大きな成果を得られるでしょう。

11. 本番に強い

本番に強い

格闘ゲームが強い人は本番にも強い傾向があります。 家でやる場合はそうでもないのですが、ゲームセンターで格闘ゲームをするときは、周りに野次馬が集まってくる時もあります。

強い人どうしの対戦だと特に白熱した展開になり、観客が増えます。 こういった時でも普段と同じような力を発揮できるために強いのです。 むしろ野次馬がいた方が燃えてくるという人もいるかもしれません。
度胸もついていきます。

12. 周りに悪く思われても平気である

周りに悪く思われても平気である

格闘ゲームが強い人は、ゲーム中は特に周りのことが見えなくなるので、周りからどう思われても平気に思っています。

例えばゲームの結果に興奮しすぎて、多少変に見られても、本人は意に介さないのです。 ゲームに限らず、あることが好きで熱中して取り組むタイプには、こういう性質があるのかもしれません。

13. 空気を読めない

空気を読めない

格闘ゲームが強い人は、あるひとつのことしか見えていないことで、空気が読めない人のレッテルを貼られやすい傾向にあります。 格闘ゲームの話題になると饒舌になり、周りとの温度差があるにもかかわらず話し続けます。 あたかも周りの人もその格闘ゲームが好きであることが当たり前かのようにです。

こういった人はゲームだけでなく、他のことに対しても同じような対応をとります。 そして自分が興味のないことについては、まったく食いつかないのです。 話題に合わせることもしません。

まとめ

いかがでしたでしょうか。 格闘ゲームが強い人は、少年時代には友人達から憧れられる存在だったことが多いものです。 ゲームで身に着けた集中力などはその後にも活かすことができる力ですが、輪を乱すような性質も垣間見えるので、社会の中でバランスよく発揮していってもらいたいものです。


この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!