恋、ちゃんと選んでいますか?意外に知らない恋愛の選び方、これからの「恋愛」の話をしよう。そんなあなたの恋のミカタ

 

意外に知らない恋愛の選び方

https://koinomikata.com/blog/20170904162802.html
こそこそしている人の特徴や心理、性格13選

こそこそしている人の特徴や心理、性格13選 | 恋のミカタ

恋のミカタ
こそこそしている人の特徴や心理、性格13選

恥ずかしくていつも隠れてしまう、自分の行動に自信がない、そんなこそこそしている人の特徴についてまとめました。



  • 恥ずかしがり屋
  • 人見知り
  • 自分に自信がない
  • 優柔不断
  • 自意識過剰
  • 秘密主義でミステリアス
  • 強い者にまかれる
  • 八方美人で嫌われたくない
  • ネガティブで卑屈な性格
  • コミュニケーション能力が低い
  • リーダーシップに欠ける
  • 自己中心的な性格
  • 冷静に物事を考えられない
  • まとめ

1. 恥ずかしがり屋

恥ずかしがり屋

こそこそと行動している人は、恥ずかしがり屋です 自分の行動に自信がなく、何をするにも羞恥心が先行してしまいます。 自分の好きなものや、自分自身を相手に知られることを嫌がる人もいるでしょう。 知られて喜ぶよりも、知られたら嫌われるのではないか、弱みを握られるのではないか、という猜疑心や、恐怖心に囚われている人もいます。

人前にたって、話したり、気持ちを伝えたりすることが苦手で、「私なんか…」というように、引っ込み思案で卑屈な態度をとってしまいがちです。 真っ赤になって、あがりやすい人もいるでしょう。

2. 人見知り

人見知り

こそこそと行動している人は、人見知りです。 初対面の人や、初めての環境に慣れず、すぐに緊張してしまうタイプです。 なかなか友人が作れず、馴染めない人も多いでしょう。 友人になってからも、他人行儀になってしまったり、打ち解けるのに時間がかかったりと、コミュケーションが苦手な人も多いです。

内弁慶の人も多く、深い仲になると、いきなり遠慮がなくなり性格ががらりと変わる人もいます。 逆に、新しい環境に入るとネコを被っておとなしくなる場合もあるでしょう。

3. 自分に自信がない

自分に自信がない

こそこそ行動している人は、自分に自信がない場合が多いです。 何をするにしても、他人の目が気になり、胸を張って行動することができません。 特に、新しいことにチャレンジする場合は、恐怖や不安が先行しやすく、一歩前へ踏み出すのに、時間がかかる人が多いでしょう。

また、自分に自信のないので、自分の意見を公に伝えることができません。 「嫌われたらどうしよう」「非難を受けたらどうしよう」 とネガティブな気持ちになり、口を閉ざしてしまうことが多いのです。 信頼できる友人に自分の意見を託すようなことも多いでしょう。

4. 優柔不断

優柔不断

こそこそ行動している人は、優柔不断な場合が多いです。 何をすべきか、何を選ぶべきか、迷ってしまい、なかなか決断できない事が多いです。 スーパーやお店などで、なんども商品をとったり戻したりして、うろうろすることも多いので、店員やお客さんに不審がられることもあるでしょう。

また、車の運転でも、車線を変更したり、主要道に合流する時に、タイミングがはかれない時もあります。 熟考するタイプとも言えますが、素早い判断が必要な場面では、上手く行動できないことが多いです。

5. 自意識過剰

自意識過剰

こそこそ行動している人は、自意識過剰な場合が多いです。 常に、多くの視線に当てられている、自分の行動は監視されている、というような思いこみが強く、ついビクビクしてしまいます。

過去に、いじめられたり、馬鹿にされたりしたトラウマ強く残っている場合も多く、衆人の視線に恐怖を感じてしまうこともあるのです。 買い物も人がいない時間を狙ったり、人混みを避けたりと、沢山の人がいる環境嫌う場合も多いです。

6. 秘密主義でミステリアス

秘密主義でミステリアス

こそこそ行動している人は、秘密主義です。 自分について、多くを明かすことを避け、表面的な付き合いしか望まない人もいます。 「腹を割って話そう」という言葉を嫌い、そうした人間を信用していない場合も多いです。 警戒心が強く、心を開く人は限られています。

感情を表出されることが少なく、無表情に近いような無愛想な人もいるでしょう。 しかしながら、実際は繊細で細やかに気を配れる人も多いのです。 ミステリアスな雰囲気が漂いやすく、そうした空気を魅力的だと感じる人もいるでしょう。

7. 強い者にまかれる

強い者にまかれる

こそこそしている人は、強い者にまかれるタイプです。 自分の弱さや、心許なさを自覚していることも多いので、自分より強い存在の後ろに隠れたり、取り巻きになったりします。

守ってもらえるなら、支配され従ってもよいと思う人もいるのです。 中には、そうした威力を盾にして利用する、虎の威を借る狐のような、ズル賢い人もいます。 ボスに従う姑息な腰ぎんちゃくと思われることも多く、場合によってはボスよりも嫌われることがあるでしょう。

8. 八方美人で嫌われたくない

八方美人で嫌われたくない

こそこそしている人は、八方美人な性格の人も多いです。 とはいえ、行動は消極的な性格なので、自分から愛されアピールをすることはありません。 逆に、目立たない事で、自分を守り、無難に日々を過ごそうとしているのです。

誰かに目をつけられるのが怖くて、びくびくとしていることも多いでしょう。 誰からも好かれたいというよりも、誰も敵にしたくない性格なのです。

9. ネガティブで卑屈な性格

ネガティブで卑屈な性格

こそこそしている人は、ネガティブです。 自分の行動や発言に自信が持てず、目立つ行動をすれば誰もが自分を非難するであろうと、卑屈になっていることが多いです。

普通にしていることができず、必要以上に怯え、自己防御に走ります。 そうした気疲れゆえに、勉強がままならなかったり、仕事が上手くできなかったりと弊害も多いです。 結局周りの足をひっぱってしまい、嫌われることが多くなってしまいます。

10. コミュニケーション能力が低い

コミュニケーション能力が低い

こそこそしている人は、コミュニケーション能力が低いです。 自分の気持ちをはっきりと伝えられずに、いつも隠してしまいがちです。

また、相手の想いに応えることもできず、会話も苦手で、途切れやすいです。 自分の内側に思考がのめり込みやすく、意思伝達できないまま自己完結してしまう場合が多いのです。 それゆえに友人や仲間が少なく、孤独であることも多いでしょう。

11. リーダーシップに欠ける

リーダーシップに欠ける

こそこそしている人は、リーダーシップに欠けます。 まず、先頭に立って行動するということに羞恥心を覚えやすいので、周りを引っ張っていくことができません。 そして、自分に自信がなく、責任感も足りないので、仕事を周囲に押し付けがちで、自分は何もできないということも多いです。 それゆえに、信頼を失いやすく、リーダーには不向きな性格と言えるでしょう。

12. 自己中心的な性格

自己中心的な性格

こそこそしている人は、実は自己中心的とも言えます。 周囲の愛情や思いやりをまっすぐに受け取ることができず、「自分はダメな人間なんだ…」「本当は誰からも愛されない…」 という自己否定ばかりしてしまいます。

そうした卑屈さと、自己肯定のなさは、相手の想いを裏切ることと一緒なのです。 遠慮もすぎれば、それは無礼な行為にしかなりません。 感謝して喜び、享受することも大切なのです。

13. 冷静に物事を考えられない

冷静に物事を考えられない

こそこそしている人は、冷静な性格とは言えません。 常に、感情が先行し、恐怖や不安にとらわれがちで、自分をコントロールすることができないのです。

びくびくしてばかりいると、パフォーマンス力は一気に下がります。 自信を持って、自分を客観的に評価し、反省と行動を繰り返すことで、成長し、向上することができるのです。

まとめ

こそこそしている人は、遠慮がちで慎ましいように見えますが、本当は臆病で自分本位な性格なのです。 メンタルトレーニングをし、自己肯定と反省のできる人なることで、過度な怯えや羞恥心から脱却することができるでしょう。


この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!