恋、ちゃんと選んでいますか?意外に知らない恋愛の選び方、これからの「恋愛」の話をしよう。そんなあなたの恋のミカタ

 

意外に知らない恋愛の選び方

https://koinomikata.com/blog/20170824112650.html
不器用な男性に共通する20の特徴

不器用な男性に共通する20の特徴 | 恋のミカタ

恋のミカタ
不器用な男性に共通する20の特徴

不器用な男性と言えば、一般にネガティブなイメージで「効率が悪い人」や「要領が悪い人」を連想させますが、同時に、「まじめな人」や「一生懸命な人」といったポジティブなイメージも持ち合わせているようです。 今回はそんな不器用な男性に共通する特徴を挙げていきます。 「自分は不器用なのかもしれない. 」と思っているあなたも、この記事を読んでどれくらいあてはまるのかチェックしてみて下さい。

  • 自分の考えをうまく相手に伝えることができない
  • 友だちがあまり多くない
  • 自分のやり方でやる
  • マルチタスクができない
  • 頑固
  • 空回りしがち
  • 嘘をつけない
  • 恥ずかしがり
  • 決断が遅い
  • 中身は子ども
  • 女性経験が少ない
  • 気が利かない
  • 気分屋
  • 自分の好きなこと、やりたいことにはとことんこだわる
  • コツコツする作業を好む
  • マイペース
  • 仕事が丁寧
  • 憎めないヤツ
  • 呑み込みが遅い
  • 常に物事に対して真面目
  • まとめ

1. 自分の考えをうまく相手に伝えることができない

自分の考えをうまく相手に伝えることができない

不器用な男性は自分の考えを相手にわかりやすくまとめることが苦手です。 それが原因で、自分を理解してもらうことやコミュニケーション自体を諦めてしまいます。 職場であまり上手な人づきあいができないタイプです。

2. 友だちがあまり多くない

友だちがあまり多くない

不器用な男性は広く浅い人間関係ではなく、狭く深く人づきあいをする傾向があります。 誰とでもうまくやるということが苦手なため、気の合う人とじっくりつきあって、関係を築き上げていく方が向いています。

3. 自分のやり方でやる

自分のやり方でやる

不器用な男性は効率の良さよりも、慣れている方法や、自分がこう!と思った方法で物事を処理する傾向があります。 やり方について強制されるよりも、マイペースに作業ができる環境を好みます。

4. マルチタスクができない

マルチタスクができない

不器用な男性はひとつのことに集中する事はできるのですが、物事を同時進行で進めることを苦手としています。 自分のキャパ以上にやらなければいけないことが増えると、すべてが中途半端になってしまうこともあります。

5. 頑固

頑固

不器用な男性は他の人のアドバイスを受け入れることができません。 柔軟な思考が苦手なので、自分の価値観や考えを曲げることができないのです。 これによって他人と意見がぶつかってしまうこともあるでしょう。

6. 空回りしがち

空回りしがち

不器用な男性は相手の事を思いやる優しさもあるのですが、コミュニケーション能力に劣るため、情報不足で的外れな言動をしがちです。 決してわざとではないため、周囲の理解がある場合もあります。

7. 嘘をつけない

嘘をつけない

不器用な男性は嘘をつけません。 誠実であるという意味ではなく、不器用さゆえ嘘をついても表情やしぐさが挙動不審になるので、嘘が相手にバレてしまうのです。 バレる嘘をついても無駄と知っているので、嘘をつかないのです。

8. 恥ずかしがり

恥ずかしがり

不器用な男性は恥ずかしがりである傾向があります。 恥ずかしがりな性格のせいで、相手にうまく自分の気持ちを伝えることができないのです。 また自分から目立つような行動をとることも避けます。

9. 決断が遅い

決断が遅い

不器用な男性はうまく立ち回る器用さを持っていないため、決断が遅くなりがちです。 優柔不断とも言えるでしょう。

10. 中身は子ども

中身は子ども

不器用な男性は寡黙なので、大人っぽい雰囲気を醸し出している場合もあるのですが、一度話し始めると、実は考えが幼いということがあります。

11. 女性経験が少ない

女性経験が少ない

不器用な男性は自分から女性を口説くようなこともなく、また浮気をして嘘をつき通すようなこともできないので、1人の女性としっかり向き合う恋愛をするでしょう。

12. 気が利かない

気が利かない

不器用な男性は相手の考えや気持ちをくみとることができません。 決して優しくないという意味ではなく、相手の気持ちをくみ取る能力が弱いということです。

13. 気分屋

気分屋

不器用な男性は気分屋な性格であることが多いです。 そのときの気分によって行動するため物事を計画に進めることが苦手です。

14. 自分の好きなこと、やりたいことにはとことんこだわる

自分の好きなこと、やりたいことにはとことんこだわる

不器用な男性はこだわりが強いので、自分の好きなことややりたいことにはとことんこだわります。 不器用であっても、こうした特徴から周囲からは努力家と見られることが多いです。

15. コツコツする作業を好む

コツコツする作業を好む

不器用な男性は、ひとつのことに対する集中力はずば抜けているので、コツコツとした作業や単純作業を好みます。

16. マイペース

マイペース

不器用な男性は自分のペースで物事を進める傾向があります。 また、時と場合によって判断することが苦手で、周囲から融通が利かない人と思われることもあります。

17. 仕事が丁寧

仕事が丁寧

不器用な人は複雑なことやマルチタスクを苦手とする代わりに、一つの物事に対する集中力はずば抜けており、丁寧な仕事ができます。 このタイプの人は不器用であっても、仕事に対する丁寧さを周りから評価されているようです。

18. 憎めないヤツ

憎めないヤツ

不器用なことを自覚している人は、その分、他の人よりも頑張ろうとする熱意を感じるため、多少仕事が遅かったり、ズレた言動をしていても努力が見えるので、周りも不器用ながらに頑張っている人は応援したくなるのです。

19. 呑み込みが遅い

呑み込みが遅い

不器用な男性は一を聞いて十を知るタイプではなく、実際にやってみて理解をしていくタイプです。 これがあまりひどいと、周囲から話を聞かないヤツと評価されることもあります。

20. 常に物事に対して真面目

常に物事に対して真面目

不器用な男性は自分で不器用である事を理解しているので、要領や効率良くできない分、人よりも2倍、3倍頑張ろうとします。 そうした姿勢が、周囲の目からは「まじめ」と捉えられるのです。

まとめ

以上が不器用な男性に共通する特徴20選でした。 不器用といっても、不器用な男性には様々な特徴があることがわかりますね。 あなたはいくつ当てはまりましたか?

不器用な男性と言えば、一般にネガティブなイメージで「効率が悪い人」や「要領が悪い人」を連想させますが、同時に、「まじめな人」や「一生懸命な人」といったポジティブなイメージも持ち合わせているようです。 今回はそんな不器用な男性に共通する特徴を挙げていきます。 「自分は不器用なのかもしれない. 」と思っているあなたも、この記事を読んでどれくらいあてはまるのかチェックしてみて下さい。


自分の考えをうまく相手に伝えることができない

不器用な男性は自分の考えを相手にわかりやすくまとめることが苦手です。 それが原因で、自分を理解してもらうことやコミュニケーション自体を諦めてしまいます。 職場であまり上手な人づきあいができないタイプです。

友だちがあまり多くない

不器用な男性は広く浅い人間関係ではなく、狭く深く人づきあいをする傾向があります。 誰とでもうまくやるということが苦手なため、気の合う人とじっくりつきあって、関係を築き上げていく方が向いています。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!