恋、ちゃんと選んでいますか?意外に知らない恋愛の選び方、これからの「恋愛」の話をしよう。そんなあなたの恋のミカタ

 

意外に知らない恋愛の選び方

https://koinomikata.com/blog/20170819154524.html
サル顔の人の特徴

サル顔の人の特徴 | 恋のミカタ

恋のミカタ
サル顔の人の特徴

サル顔の人によくある性格、特徴10選をまとめてみました。



  • 小柄で運動神経が抜群
  • 耳が大きく地獄耳をアピールしてくる
  • 太閤秀吉をリスペクトしている
  • キツネ顔に対して対抗意識が強い
  • 猫背気味な人が多い
  • 猿グッズを集めていることが多い
  • 異性の理想が高め
  • バナナが好き、もしくは好きをアピール
  • ゴリラ顔に親近感を持ち過剰に親しげ
  • 隠れサル顔を見抜いて報告してくる

1. 小柄で運動神経が抜群

小柄で運動神経が抜群

サル顔の人は顔がサル顔であるがゆえに、自分自身も猿のように身軽でありたいと願います。

なので、小さな頃から運動神経が抜群な人が多く、小柄な人が多いのも特徴です。

顔がサル顔なのと、運動神経や体つきは別物なのですが、不思議と機敏な小柄サル顔さんが多いのです。

小学生などに多く、愛嬌のひとつとして小猿なんて言われることもあります。

2. 耳が大きく地獄耳をアピールしてくる

耳が大きく地獄耳をアピールしてくる

サル顔の人は耳が大きな人が多いです。

耳は顔のパーツですから、耳が大きだけでサル顔と認識されやすいのです。

逆に言うと、顔の作りは美形なのに耳が大きいがためにサル顔認定されてしま不幸な人もいます。

耳が大きな事はチャームポイントにもなります。

その特性を生かして、地獄耳アピールなどして、その場の雰囲気を和ませるのが上手です。

3. 太閤秀吉をリスペクトしている

太閤秀吉をリスペクトしている

サルといえば、その代表格に太閤秀吉がいます。

サル顔の頂点にいるのが豊臣秀吉です。

身分が低かった秀吉は、その機敏な動きであまたの合戦に勝利しました。

また猿と呼ばれて上司であった織田信長にも可愛がられました。

こうしたエピソードが大好きで、自分もいつかサル顔の頂点に躍り出たいという、素晴らしい大望を持っている人が多いです。

4. キツネ顔に対して対抗意識が強い

キツネ顔に対して対抗意識が強い

サル顔はなぜかキツネ顔に対抗意識があります。

キツネといえば、狸ですから、なぜそこにサル顔が?と思われるかもしれませんが、サル顔にとって、キツネ顔は洗練されたものに映ります。

キツネ顔は隙がなくツンとした印象です。

おどけなくても、自ら自虐に走らなくとも周囲から容認されている姿に、無性に腹立たしさを覚えます。

その分かりやすい性格がサル顔を人気者にしています。

5. 猫背気味な人が多い

猫背気味な人が多い

猿は画像などみると、猫背ですね。

それがゆえに猿なのです。

サル顔認定されてしまう人は同様に猫背で、うつむき加減が似合います。

例え顔のサル要素が50%未満でも、猫背であるとそれだけで猿度がupしてしまうのです。

自分はサル顔だな・・というコンプレックスから猫背になったのかもしれませんが、それが余計にサル顔の特徴を際立たせています。

シャイなサル顔はそれはそれで、可愛いものです。

6. 猿グッズを集めていることが多い

猿グッズを集めていることが多い

サル顔の人の中でもポジティブな明るいサル顔さんは、自分によく似たものを集めるのが好きです。

また明るい性格のサル顔には、友人や家族から猿グッズをプレゼントされる機会も多くなります。

ネクラなサル顔の場合は、それだけでいじめだと認識し、そこから先には進めないものですが、明るいサル顔の人の場合は、周囲の期待に応えるように自ら猿グッズを集めていき、次第に自分自身の趣味にまで昇華させていきます。

7. 異性の理想が高め

異性の理想が高め

サル顔は自分の顔に自信がありません。

とくに子供の頃はその事で悩んだ事があるかもしれません。

だからなのか、理想は高めです。

自分がサル顔である以上、恋人や結婚相手には人間として認識される顔を望むものなのです。

豊臣秀吉も生前は多くの側室を持ちました。

その側室の特徴は名門の出であり、見目麗しい容姿の姫君ばかりでした。

サル顔の芸能人の発言をみても、同じように高嶺の花狙いの人が多いのが特徴です。

8. バナナが好き、もしくは好きをアピール

バナナが好き、もしくは好きをアピール

バナナは栄養価が高く、腹持ちが良いためサル顔でなくともバナナが大好物である人は多いと思います。

しかしサル顔はそんなバナナであるからこそ、バナナはサル顔のソウルフードであると認識しています。

サル顔がバナナを食べるとき、口さがない人間がはやし立てる事がありますが、わざと猿っぽい動きをして周囲を笑わせながらバナナを食してしまう・・悲しいサル顔のさがなのです。

そのサービス精神は賞賛されるべきです。

9. ゴリラ顔に親近感を持ち過剰に親しげ

ゴリラ顔に親近感を持ち過剰に親しげ

サル顔にとってゴリラ顔というのは、仲間です。

同じようにからかいの対象になる姿であるので、自分の日々周囲から受けているダメージと同様のものを感じていると、勝手に慮っているからです。

実際は、ゴリラ顔の人がサル顔の人と同じように感じているのかは不明ですが、取り敢えず仲間意識が高く、ゴリラ顔にはフレンドリーに近づいて行きます。

相手に対して、ゴリラ顔であることをいじることも多く、そのデリカシーのなさからときに人間関係に亀裂を生じさせますが、それでも明るいサル顔なので概ね人間関係は良好です。

10. 隠れサル顔を見抜いて報告してくる

サル顔の特徴のひとつに、顔の産毛の毛深さがあります。

しかし女性なら多くの人が顔の産毛の処理はしています。

なのでサル顔と認識されていない場合も多いものです。

それをいち早く察知して自分と同じサル顔であることを、報告したくなるのがサル顔の性格です。

そんなサル顔に苦笑いしながらも、どこか憎めないなと穏便にすむのもサル顔の人徳によるものです。

邪気がないのが良いのです。


この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!