恋、ちゃんと選んでいますか?意外に知らない恋愛の選び方、これからの「恋愛」の話をしよう。そんなあなたの恋のミカタ

 

意外に知らない恋愛の選び方

https://koinomikata.com/blog/20170807154130.html
毎日飲み歩く嫁の対処方法10選

毎日飲み歩く嫁の対処方法10選 | 恋のミカタ

恋のミカタ
毎日飲み歩く嫁の対処方法10選

お酒が好きで毎日飲み歩く嫁にどのように対処するべきかについて述べています。



  • 寂しいことを伝える
  • 子供のことを考えるように伝える
  • お金のことを話し合う
  • 家飲みを勧める
  • 自分も飲み歩きを止める
  • 早く帰宅する
  • 健康について語る
  • おつまみを作る
  • 友人を招待する
  • 一緒に飲み屋に行く

1. 寂しいことを伝える

寂しいことを伝える

妻が毎日家を留守にして飲み歩くと、夫は妻と一緒にいる時間が少なくなってしまいます。 そのため夫は寂しい思いをしてしまうことがあります。 こうした思いを素直に妻に伝えることができます。 妻は自分が必要とされていることがわかると嬉しくなるものです。 その結果、自分の行動を夫のために変化させようと考えるのです。

2. 子供のことを考えるように伝える

子供のことを考えるように伝える

子供がいる場合、妻の飲み歩きは子供にも大きな影響を与えます。 子供が小さな場合は飲み屋に一緒に連れていくために、幼い頃から飲み屋の雰囲気に慣れてしまいます。 このような状況が生じると子供も将来飲み歩くようになってしまうかもしれません。 また子供がある程度大きいと、子供を家に残して飲み歩くようになる妻もいます。

このような場合、子供に寂しい思いをさせてしまうことになりかねません。 こうした子供への影響について話し合い、頻繁に飲み歩くことが良くないということを夫は妻に伝えることができます。

3. お金のことを話し合う

お金のことを話し合う

飲み屋で毎日お酒を飲むとお金がかかります。 そのためそうした費用について話し合うなら、妻は飲み歩きによって出費がかさんでいる事実について知ることができます。

少しのお金であっても毎日支払いが必要となるのであれば、それは高額な費用へと発展します。 しかしこうした事実に気づくことのできない人もおり、誰かに指摘されて初めて気づくことがあります。 そのため夫はこの点を妻に伝え、出費を抑えるために飲み歩きを止めるよう、促すことができます。

4. 家飲みを勧める

家飲みを勧める

お酒が好きな妻に、いきなりお酒を止めるように勧めることは容易ではありません。 またそのようにするなら妻の機嫌を損ねてしまうこともあります。 そこで夫は妻に家飲みを勧めることができます。 家飲みであるなら飲み屋でお酒を飲むよりも費用は安くなります。 そのため節約に貢献しつつも妻はお酒を飲むことができるのです。

5. 自分も飲み歩きを止める

自分も飲み歩きを止める

妻に飲み歩きを止めるように言っておきながら、夫が飲み歩きを行っていると説得力がありません。 そのため夫も飲み歩きを止め、その後妻にも進めることができます。 このようなことを行うなら妻は夫が真剣であることを知り、飲み歩きを止めようという気持ちになります。 また夫婦で飲み歩きを止める場合、飲み代が極端に少なくなるために家計に余裕が出ます。 そして飲み歩きを止めることの大きなメリットを知ることになるのです。

6. 早く帰宅する

早く帰宅する

夫の仕事が忙しく、寂しい思いをしている妻がいます。 そのような妻の中には飲み歩きによって寂しさを紛らわしている人もいます。 このような妻の気持ちを考慮し、夫はなるべく早く帰宅する努力を払うことができます。

もちろん仕事が本当に忙しいときは残業をしる必要があり、早めの帰宅は難しいかもしれません。 しかし同僚に食事に誘われたり、残業しなくてもよい場合はすぐに帰宅して妻と一緒に時を過ごすべきです。

7. 健康について語る

健康について語る

飲み歩きが健康被害を招くことがあります。 まずお酒の飲み過ぎは体によくありません。 またお酒を飲むときに食べるおつまみが肥満を生じさることがあります。

こうした状況について夫婦で話し合い、毎日飲み歩くことが健康被害を招くことを伝えることができます。 このような話し合いを持ち、まずは妻の飲み歩きの回数を減らすように心がけます。 このような習慣が改善されれば、徐々に家飲みでも満足できるようになります。

8. おつまみを作る

おつまみを作る

飲み歩きが好きな女性は、お酒だけではなくおつまみの美味しさに引かれていることもあります。 このような状況を踏まえ、夫は自宅でお酒を用意し、尚且つ自分で美味しいおつまみを作って妻に振舞うことができます。

そうすることで家飲みでも美味しいお酒やおつまみが楽しめることを妻に伝えることができます。 このようにするためには美味しいおつまみの作り方を勉強する必要がありますが、このような努力は妻の心を動かします。

9. 友人を招待する

友人を招待する

飲み歩きが好きな女性の中には飲み屋の雰囲気が好きであるという人もいます。 このようなことを考慮し、夫は妻の友人を自宅に招き、一緒にお酒を飲むことができます。 大勢でお酒を飲むことは非常に楽しいものです。

そのためそうした雰囲気を自宅でも味わうことができれば、飲み屋ではなく家飲みでも満足できると感じる女性がいます。 このような方法も妻が毎日飲み歩くという状況の改善に役立ちます。

10. 一緒に飲み屋に行く

夫は妻に「一緒に飲み屋に行こう」ということができます。 そのときには妻と一緒にお酒が飲みたいことをきちんと伝えるようにします。 そうしなければ妻は自分が飲み屋に行く回数を減らすために、夫はこのようなことを言っていると感じてしまうからです。

夫婦で楽しくお酒を飲むことができれば、妻は夫と一緒に時を過ごすことの楽しさを改めて知ることになります。 そして夫が時間を取れるときに一緒に飲み屋に行きたいという思いが強くなり、友達と頻繁に飲み屋を訪れるという状況を改善することができます。


この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!