恋、ちゃんと選んでいますか?意外に知らない恋愛の選び方、これからの「恋愛」の話をしよう。そんなあなたの恋のミカタ

 

意外に知らない恋愛の選び方

https://koinomikata.com/blog/20170731172656.html
自分は悪くないのに怒られた時の対処法10選

自分は悪くないのに怒られた時の対処法10選 | 恋のミカタ

恋のミカタ
自分は悪くないのに怒られた時の対処法10選

自分は悪くないのに怒られてしまったときの対処法を知ることで解決に導きます。 自分は悪くないのに怒られた時の対処法を10選まとめました。

  • 証拠をつきつけること
  • 周りの人に証言してもらうこと
  • 怒られる理由をしっかりと聞くこと
  • 時系列で何をしていたのか説明すること
  • 他の人に謝るように言ってもらうこと
  • 悪くないのに怒られた噂を流すこと
  • 謝るまでボイコットすること
  • 怒ってきた人よりも上の立場の人に説明する
  • 本来怒られるべきだった人に釘を刺しておく
  • 納得のいくまで怒ってきた人と話し合うこと

1. 証拠をつきつけること

証拠をつきつけること

自分は悪くないのに怒られたときの対処法は、まずは証拠をつきつけることです。 証拠があるだけでも説得力がだいぶ変わってきます。 どれだけ虚偽の証言だったかを説明することにより、本当は自分は悪くないのに怒られてしまったことを証明できるのではないでしょうか。

証拠をつきつけられたら相手も何も言えなくなってしまうことから、商工まずは証拠をつきつけることです。 証拠があるだけでも説得力がだいぶ変わってきます。 どれだけ虚偽の証言だったかを説明することにより、本当は自分は悪くないのに怒られてしまったことを証明できるのではないでしょうか。 証拠をつきつけられたら相手も何も言えなくなってしまうことから、証拠を用意しておくことはとても大切なことです。

2. 周りの人に証言してもらうこと

周りの人に証言してもらうこと

自分は悪くないのに怒られたときの対処法は、周りの人に証言してもらうことが大切です。 証拠がなくて自分が悪くないのに怒られてしまったことを違うと言うことができなくて悩んでいる人は、その時間帯に一緒にいた人や自分の行動を把握している人も同席させて説明することで、悪くないのに怒られてしまったことを認めさせることができるのではないでしょうか。 証人になってもらうことで疑惑を払拭することができるので、常日頃から周りの人に接する態度をしっかりとしておくことが大切です。

3. 怒られる理由をしっかりと聞くこと

怒られる理由をしっかりと聞くこと

自分は悪くないのに怒られたときの対処法は、怒られてしまった理由をしっかり聞くことです。 怒っている内容一つ一つをよく聞くことによって、何が原因だったかを探すことができます。 原因を探すことにより自分は悪くないのに怒られてしまったことを認めさせることができるのではないでしょうか。 矛盾点をつきつけることでも、間違いを認めさせるためには必要なことと言えるでしょう。

4. 時系列で何をしていたのか説明すること

時系列で何をしていたのか説明すること

自分は悪くないのに怒られたときの対処法は、時系列で自分は何をしていたのか、怒ってきた相手に説明することが大切です。

ちゃんとした時系列を相手に見せることによって、その動きましょう後につながります。 自分が悪くないのに怒られてしまったときには、しっかりと自分の動きは相手に伝えることによって矛盾点を探し出すことが大切です。

5. 他の人に謝るように言ってもらうこと

他の人に謝るように言ってもらうこと

自分は悪くないのに怒られたときの対処法は、周りの人にあれは間違っていたことだから、しっかりと謝るべきだと言ってもらうことです。

自分で謝ってくださいと言えない相手の場合、他の人に協力してもらうことで、ちゃんと謝ってもらうことができます。 謝ってもらうだけでも気持ちは全然違うので、他の人に協力してもらってでも謝らせることが大切です。

6. 悪くないのに怒られた噂を流すこと

悪くないのに怒られた噂を流すこと

自分は悪くないのに怒られたときの対処法は、悪くないのに怒られてしまった噂を流すことが大切です。 その噂を本人が聞いたときに、心当たりが出てくるのではないでしょうか。 悪くないのに怒られてしまって、その後謝罪も何もない人は、周りの人から恐れられ嫌われてしまいます。 少し手荒な方法ではあるものの、しっかりとした効果を出すためにも必要なことです。

7. 謝るまでボイコットすること

謝るまでボイコットすること

自分が悪くないのに怒られてしまったときの対処法は、その人が謝ってくるまではボイコットすることです。 悪いことをしてないのにもかかわらず、泣き寝入りするのだけは良くないです。

それから間違って人を怒ってしまったにもかかわらず、のうのうと作業を続けているのであれば、それは自分にとっても相手にとってもマイナスにつながってしまいます。 相手を成長させてあげるためにも、謝るまで絶対に許さないといった姿勢を見せることが大切です。

8. 怒ってきた人よりも上の立場の人に説明する

怒ってきた人よりも上の立場の人に説明する

自分は悪くないのに怒られたときの対処法は、怒ってきた人よりも上の立場の人に事情を説明することです。 本人がとやかく言う位であれば、上の立場の人に事情を説明して上の立場の人に理解を示してもらうことが大切です。

9. 本来怒られるべきだった人に釘を刺しておく

本来怒られるべきだった人に釘を刺しておく

自分は悪くないのに怒られたときの対処法は、本来怒られるべきだった人に釘を刺しておくことです。 今回は私が代わりに怒られたけど、この月はそれだけじゃ済まされないよと釘を刺しておくだけで、自分の代わりに怒られている人がいたとしたら、黙って見ているわけにはいかないと思うのではないでしょうか。

10. 納得のいくまで怒ってきた人と話し合うこと

自分は悪くないのに怒られてしまったときの対処法は、自分が納得するまで悪くないのに怒ってきた人と話し合う事が大切です。 多少めんどくさい作業になってしまうかもしれませんが、しっかりと話し合いをすることで矛盾点を見つけたり、おかしな点を指摘することができます。

そういった一つ一つを見つけることで、間違えて送ってしまった人を成長させるため、他の人が危ない思いをしないため、などといった様々な事をつなげることができます。

自分は悪くないのに怒られてしまったときの対処法を知ることで解決に導きます。 自分は悪くないのに怒られた時の対処法を10選まとめました。


証拠をつきつけること

自分は悪くないのに怒られたときの対処法は、まずは証拠をつきつけることです。 証拠があるだけでも説得力がだいぶ変わってきます。 どれだけ虚偽の証言だったかを説明することにより、本当は自分は悪くないのに怒られてしまったことを証明できるのではないでしょうか。

証拠をつきつけられたら相手も何も言えなくなってしまうことから、商工まずは証拠をつきつけることです。 証拠があるだけでも説得力がだいぶ変わってきます。 どれだけ虚偽の証言だったかを説明することにより、本当は自分は悪くないのに怒られてしまったことを証明できるのではないでしょうか。 証拠をつきつけられたら相手も何も言えなくなってしまうことから、証拠を用意しておくことはとても大切なことです。

周りの人に証言してもらうこと

自分は悪くないのに怒られたときの対処法は、周りの人に証言してもらうことが大切です。 証拠がなくて自分が悪くないのに怒られてしまったことを違うと言うことができなくて悩んでいる人は、その時間帯に一緒にいた人や自分の行動を把握している人も同席させて説明することで、悪くないのに怒られてしまったことを認めさせることができるのではないでしょうか。 証人になってもらうことで疑惑を払拭することができるので、常日頃から周りの人に接する態度をしっかりとしておくことが大切です。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!