恋、ちゃんと選んでいますか?意外に知らない恋愛の選び方、これからの「恋愛」の話をしよう。そんなあなたの恋のミカタ

 

意外に知らない恋愛の選び方

https://koinomikata.com/blog/20170718144310.html
大人になりきれない男性に共通しがちな特徴10選

大人になりきれない男性に共通しがちな特徴10選 | 恋のミカタ

恋のミカタ
大人になりきれない男性に共通しがちな特徴10選

子供っぽいと感じる男性がいます。 このような男性にはそうなる理由があるわけですが、その特徴について知るならこの点を理解できます。 ここでは10個の特徴を取り上げます。

  • 親が甘やかしてきた
  • 周りが甘やかしてきた
  • マザコン
  • すぐに逃げる
  • 子供の遊びが好き
  • 可愛いものが好き
  • 敬語が使えない
  • 返答できない
  • 無邪気
  • 決断ができない

1. 親が甘やかしてきた

両親(正面・座・茶碗)

子供の基本的な教育を行うのは親です。 そのため親がどのように子供に接してきたのかは、子供の将来に大きく影響します。 そして親が子どもを甘やかしてきた場合、子供は困ったことがあればすぐに親に頼るようになります。

このような考え方がいつまでもなされていると、責任を持てない大人に成長してしまうのです。 そのためこのような状況が子供っぽさを生じさせ、大人になり切れていない人間を作り出してしまいます。

2. 周りが甘やかしてきた

男女(男性拒否)

子供に大きな影響を及ぼすのは親だけではありません。 子供を取り巻く環境も大きく関係します。 たとえば両親が働いており、子供のお世話はおじいちゃんやおばあちゃんが行っているという家庭があります。

当然のことながらおじいちゃんやおばあちゃんは孫を可愛がります。 そのため孫のわがままを聞き入れてくれることも多く、このような状況が我慢のできない子供を作り出してしまいます。 またこうした状況が続くと社会に出てもわがままな性格から抜け出せず、結果的に大人になりきることができない人になってしまうのです。

3. マザコン

男女(シルエット・手繋ぎ・海)

母親が大好きな男性がいます。 そのような男性の多くは誰かに甘えたいという心理が働いているがゆえに、甘えることができる母親に頼ってしまうのです。

また母親も子供の甘えに応えてしまうために、このような状況が改善できないことも多々あるのです。 そのため母親にべったりだったり、何かと母親のことを気にする男性は、大人になり切れていないことがあります。

4. すぐに逃げる

男性(後ろ姿・黄昏れ・セピア)

嫌なことが生じると努力して解決するのではなく、すぐに逃げてしまう人がいます。 このような人も責任感のない人であり、大人としての対応ができません。 このような態度はどこかで改善しようとしなければ、いつまでたっても大人になることはできません。

また将来を大きく左右する重要な点でもあるために、現実と向き合うことの重要さを知るように努めるべきです。

5. 子供の遊びが好き

ゲーム

子供が好きな遊びやコレクションにはまる人がいます。 もちろん最近では複雑なテレビゲームや珍しいフィギュアなどが人気を得ており、これらにはまっている大人もたくさんいます。

このような人たちは趣味としてこれらにはまっているわけですが、これらが生活の中心となって他のことが疎かになっている男性がいます。 このような人も大人になり切れてない男性ということができます。

6. 可愛いものが好き

手アップ(バラ)

男性の中にもある種のキャラクターにはまっているという人がいます。 しかし度が過ぎてしまうと子供っぽさが際立ってしまいます。 このような男性も、大人になり切れていない男性と見られてしまいます。

普段はスーツで仕事をしているのに、普段着はキャラクターのプリントがなされているものばかり着ていたり、カバンを開けるとキャラクターグッズばかり入っていたりすると、そのギャップが激しいことから「大人になり切れていない」という印象を与えてしまうことになります。

7. 敬語が使えない

風景(森林2・太陽光)

言葉づかいは子供と大人を大きく隔てるものです。 もちろん最近では親のしっかりとした教育により、敬語を話す子供もいます。 しかし敬語を流暢に話せるのは、大人の特徴でしょう。

そのため敬語が上手に話せない男性は、大人になり切れていないと感じられてしまいます。 敬語は教育が大きく関係していますが、常識的な敬語はしっかりとマスターしておくべきです。 また目上の人や上司などには丁寧な言葉を使うよう、心がけなければなりません。 こうしたことができていなければ、子供っぽさが際立ってしまいます。

8. 返答できない

男性(座・暗・目線下)

尋ねられたことに対して、どう答えたらよいかがわからないという人がいます。 このような場合「わかりません」とはっきり答えるのが大人の対応です。 また状況によってはわかって当然と思える質問が投げかけられることもあり、このような質問に答えられない場合は「すみません」と謝るのが大人の対応です。

しかし気まずい思いが先立ってしまい、謝罪や返答ができなくなってしまう男性がいます。 このような男性は質問されると黙ってしまうのです。 このような状況も大人になり切れていないことを示しています。

9. 無邪気

女性(思考・口元に手3)

裏表がなく、嬉しいことがあると喜び、悲しいことが生じると泣くという性格の男性がいます。 このような男性は感情が豊かであり、無邪気です。 しかし大人はふさわしい状況で感情をコントロールできるために、このような無邪気さが大人っぽさを欠くこととなります。

もちろん状況によっては無邪気さが受け入れられることもありますが、ふさわしいときに感情をセーブできなければ大人として受け入れられないこともあります。

10. 決断ができない

男性(悩み10・サングラス・思考)

決断できない男性も大人っぽさが欠けていると見られてしまいます。 4つ目の項目で取り上げた「すぐに逃げる」と異なる点は、このタイプの男性は決断しなければならないことはわかっているものの、その能力がないゆえに戸惑ってしまうのです。

これはいわゆる優柔不断な態度と似ており、選択肢がたくさんあったりする場合にも生じます。

子供っぽいと感じる男性がいます。 このような男性にはそうなる理由があるわけですが、その特徴について知るならこの点を理解できます。 ここでは10個の特徴を取り上げます。


両親(正面・座・茶碗)

子供の基本的な教育を行うのは親です。 そのため親がどのように子供に接してきたのかは、子供の将来に大きく影響します。 そして親が子どもを甘やかしてきた場合、子供は困ったことがあればすぐに親に頼るようになります。

このような考え方がいつまでもなされていると、責任を持てない大人に成長してしまうのです。 そのためこのような状況が子供っぽさを生じさせ、大人になり切れていない人間を作り出してしまいます。

男女(男性拒否)

子供に大きな影響を及ぼすのは親だけではありません。 子供を取り巻く環境も大きく関係します。 たとえば両親が働いており、子供のお世話はおじいちゃんやおばあちゃんが行っているという家庭があります。

当然のことながらおじいちゃんやおばあちゃんは孫を可愛がります。 そのため孫のわがままを聞き入れてくれることも多く、このような状況が我慢のできない子供を作り出してしまいます。 またこうした状況が続くと社会に出てもわがままな性格から抜け出せず、結果的に大人になりきることができない人になってしまうのです。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!