恋、ちゃんと選んでいますか?意外に知らない恋愛の選び方、これからの「恋愛」の話をしよう。そんなあなたの恋のミカタ

 

意外に知らない恋愛の選び方

https://koinomikata.com/blog/20170717143329.html
失敗してもめげない男性に共通する特徴10選

失敗してもめげない男性に共通する特徴10選 | 恋のミカタ

恋のミカタ
失敗してもめげない男性に共通する特徴10選

失敗してもそれにめげず、頑張る男性がいます。 そのような男性には共通する点が存在しますが、ここでそのうちのいくつかをご紹介したいと思います。



  • 努力家
  • 失敗に慣れている
  • 失敗から学ぶ
  • 友人から励まされる
  • 失敗をバネにできる
  • 過去の成功を思い出す
  • ストレス解消法を知っている
  • 慰め上手
  • 鈍感
  • 目標がある

1. 努力家

男性(調べる4・本・モノクロ)

とにかく努力しなければ物事は上手く運ばないと考える男性がいます。 そのような人は失敗してもめげることなく、成功に向かって努力を惜しみません。 恋愛に限らず、このような男性は様々な面で成功を見ることができます。

いわゆる頑張り屋さんタイプの人に見られる傾向ですが、このように努力している姿勢が女性の心を引くこともあります。

2. 失敗に慣れている

男性(楽3・髪触り・正面)

失敗することに慣れている男性も、めげずに何度もチャレンジします。 このような男性の中には、「どうせ成功するはずがない」というネガティブな考え方が先行し、失敗してもショックを受けない人がいます。

多くの場合、失敗によるショックが心に響き、その影響でやる気が起こらなくなるものです。 しかし失敗に慣れている人は、このような状況に陥ることがありません。 またこのタイプの男性は成功したときには大きな喜びを爆発させることも多々あります。

3. 失敗から学ぶ

男性(メモ・座)

「何事も勉強になる」と考え、失敗したことからも何かを学べるという積極的な考え方をしている男性がいます。 このような男性も失敗してもめげません。 中には失敗したことを冷静に分析し、失敗してしまった理由を分析します。 このような考え方は成功につながるために、非常に重要です。

しかし先にも述べたように、多くの人は失敗したショックによってその理由を分析することはできません。 そのためこのタイプの人は、いつでも冷静な人です。

4. 友人から励まされる

男性(後ろ姿・複数・街歩き)

友達が多く、人気者である人がいます。 このような人は失敗しても友人が励ましを与えてくれます。 その結果、次のステップを踏むことができ、再び物事にチャレンジすることができるのです。

このタイプの人は励ましに応えようとする姿勢が見られるために、それなりの努力を払って失敗によるショックを振り払おうとします。 それに友達の励ましという後押しが加わって、前進することができるのです。

5. 失敗をバネにできる

足アップ(波打ち際)

「今回は失敗してしまったものの、この次は頑張ろう」という気持ちを持てる人がいます。 そのような人は失敗をバネとして次のステップに進むことができます。 このような人は「これで終わりではない」という現実的な見方ができる人です。

もちろんよく考えればこのような考え方ができるわけですが、失敗というショックに押しつぶされてしまい、冷静に物事を考えられなくなるのが一般的です。 こうした状況に陥ることなく、現実的な見方ができる人はでき落ち着きのある人です。

6. 過去の成功を思い出す

男性(楽・モノクロ)

失敗したショックを打ち消すことが上手な男性がいます。 そのような人も失敗してもめげずに次のステップに進むことができます。 そして失敗によるショックを打ち消すための一つの方法は、過去の成功を思い起こすことです。

「自分はこんなにすごいことをやり遂げたのだから、今後も活躍できる」という気持ちを培うことができるのです。 もちろん過去の栄光にいつまでもしがみつくことは良くありませんが、このように上手に気持ちを切り替えることができるというのは良いことです。

7. ストレス解消法を知っている

男性(旅行・背)

失敗によるショックはストレスとなり、モチベーションの低下を招きます。 そのためこのストレスを解消できれば失敗によるショックを和らげることができ、次のステップに進むことができるわけです。

失敗してもめげずに次のステップにすすれる人の多くは、自分の感じているストレスを上手に発散できる人です。 そのため趣味を持っている人や心を落ち着かせる方法を知っている人は、失敗にめげることはありません。

8. 慰め上手

男性(考える・明)

上記でも述べたように、友人などから失敗を慰められ、それによって立ち直ることのできる人がいます。 そして自分で自分を慰め、失敗してしまったことをめげる必要はないと感じさせることのできる人もいます。

たとえば「自分はよく頑張った。 結果的に失敗してしまったけれでも、自分が払った努力は素晴らしかった」と自分に言い聞かせ、慰めるのです。 このような方法が功を奏す場合、失敗をめげることなく次のステップに進むことができます。

9. 鈍感

足アップ(ローラースケート)

「鈍感な人は幸せ」とよく言われますが、自分が失敗したことに気づかない男性もいます。 このような人は失敗しても容易に次のステップに進むことができます。 鈍感な人はストレスをあまり感じません。 そのため健康面では大きなメリットであるといえます。

しかし場合によっては周りの人から空気の読めない人というレッテルを貼られてしまったり、失敗から学んでほしいと感じられてしまうことがあります。 そのためあまりに鈍感な人は、周りの人のことをもう少し考えてあげる必要があります。

10. 目標がある

手アップ(遠くへ手をかざす・男性)

しっかりとした目標がある人は、失敗してもそれをめげずに前進します。 このような人は「めげている時間などない、目標に向かって前進するのみ」という考え方をしています。

そのため失敗によるショックを感じるものの、それによってモチベーションが低下することをどうにかして阻止するのです。 こうした考え方ができる人は精神的に強い人です。 そのため一度行うと決めたことは最後まで行ったり、責任感の強い人であるのが一般的です。


この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!