恋、ちゃんと選んでいますか?意外に知らない恋愛の選び方、これからの「恋愛」の話をしよう。そんなあなたの恋のミカタ

 

意外に知らない恋愛の選び方

https://koinomikata.com/blog/20170715150338.html
結婚生活で毎月の生活費が足りない時の対処方法

結婚生活で毎月の生活費が足りない時の対処方法 | 恋のミカタ

恋のミカタ
結婚生活で毎月の生活費が足りない時の対処方法

結婚生活で毎月の生活費が足りない時の対処方法10選まとめて見ました。



  • 貯蓄を下ろす
  • 副業、アルバイト
  • 外食を控える
  • カード支払いを増やす
  • カードをリボ払いにする
  • 宴会幹事でカード支払い
  • 昼ごはんは抜き
  • 子供のお年玉を拝借
  • 奥さんの短期バイト
  • レジャーを控える

1. 貯蓄を下ろす

現金・札束

非常に残念ですが、貯蓄をおろすことも検討にいれます。

実際には結婚当初はこうしたトラブルもあります。

定期などどうしても下ろせないような、プランではなく、不測の事態に備えてすぐにおろせるようなマネープランを、最初は考えておいた方が得策だと思います。

2. 副業、アルバイト

女性(仕事4・微笑)

生活が厳しいときには、なんといっても週末の夜にアルバイトをすることがオススメだと思います。

もちろん、本業に影響があったり、副業規定にふれて本業に影響を与えるようなことがあっても決してなりません。

最近では源泉徴収にも現れないような短期的なアルバイトが探せばいくらでもありますので土曜日や日曜日だけでも毎月何日間か働けば足りなくなってしまった生活費を補うことがそれなりにできるのではないかと思います。

もちろん、それが分後になってしまわないようにバランスをきちんと考えましょう。

3. 外食を控える

男女(接近3)

それぞれの家庭にもよりますが外食を控えることでかなりの生活をうかすことができると思います。

特にとる子供を抱えているような家庭ではどうしても比較的安い外食に行っても出費が嵩んでしまうものです。

比較的ボリュームのあるものを自宅で食べるようにして外食を控えるようにしましょう。

家族1回あたりの外食代10,000円としたら1月2回我慢すれば20,000円のコストをおさえることになります。

4. カード支払いを増やす

クレジットカード

もともと、生活費を現金で賄っている場合に限った家族にお勧めの策は角角ほとんどの支払いをクレジットカードに変えてしまうことです。

クレジットカードで支払うからといって、金利がかかってくるわけではありませんので当月のお財布が厳しい場合にはクレジットカードで支払いをしてに支払いますことで生活費が非常に楽になってきます。

ポイントが付与されることなどを考えるとこれは非常にお得な対策だと考えられます。

5. カードをリボ払いにする

足アップ(男性・水飛沫)

最近の生活費のほとんどをクレジットカードで支払っていることが多いと思いますので実際のクレジットカードの支払いを一括支払いではなくリボ払いに変えることでキャッシュフローを少し良くすると言うのも手です。

もちろん、最終的には支払う必要があるお金なのでさほど変わらないと言う考え方もありますが、当月のキャッシュフローを良くするためにはこれも1つの手ではないでしょうか

6. 宴会幹事でカード支払い

男女(複数・飲み1)

サラリーマンであれば宴会の幹事を承る事はよくあると思います。

そんな時に家庭のお財布が厳しいときにはすべての支払いを自分自身のクレジットカードで支払って、参加者からは現金を受け取ることで当月の年金が足りない部分を補うと言うのも大きなポイントです。

もちろん、翌月には自分自身のクレジットカードから引き落としが来るのでそのお金を無駄に使うことは許されませんが当月の現金が足りないことに対しては日原ソリューションになりうるところだと思います。

7. 昼ごはんは抜き

女性(綺・黒背景・横顔)

働き盛りのサラリーマンには厳しいかもしれませんがどうしても当月のお財布が厳しい場合には、お昼を抜くと言うのも1つの手です。

仮に毎日まんこ人以上のお昼を食べている場合は1ヶ月で10,000円以上の節約につながります。

もちろんこれは体にとって良いことではないのでこれが常態化する事はまずお勧めできないとお考えください。

あくまでも短期的な対策と言うことであればこれも立派な節約術につながっていきます。

8. 子供のお年玉を拝借

プレゼント5・文字無しピンク

結婚していれば子供のお年玉を少しずつ貯めているのではないでしょうか。

子供に対して申し訳ないのですがボーナスで最終的に補填すると言うようなルールを決めておいて、子供のお年玉を拝借するというのも1つの手です。

外から借金をして、金利まで支払うことの不効率、合理性のなさを考えた場合には間違いなく、優れたソリューションだといえるのつだはないでしょうか。

実際には前述の通り、きちんと口座にお金を返しておけば、子供にバレないこともメリットのひとつです。

9. 奥さんの短期バイト

女性(胸元に手を当てる3・片手・暗)

奥さんが専業主婦であれば、短期アルバイトをしてもらうのも手です。

主計者である旦那さんが本業の副業規定で働けないとなれば、収入を得るためには、奥さんしかありません。

特に通常収入がないのであれば、少しでも働いてお金が入ってくれば、苦しい台所事情に間違いなく、プラスになってもマイナスに働くことはまずないといえるのではないでしょうか。

10. レジャーを控える

男性(旅行・背)

あと、これは家族全員に影響をあたえてしまいますが、遊興費を控えるというところです。

もちろん、旦那さんや奥さんの趣味に費やすお金はもちろん、多少家族全員のお出かけなども我慢してもらうわけです。

ひもじいかもしれませんが、これも度を越さないという前提であれば、家族のけっそ気を高めていくために非常にプラスに働く可能性もあります。

もちろん、これが常態化するようなことは家族の関係にも悪影響ですからないようにしましょう。


この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!