恋、ちゃんと選んでいますか?意外に知らない恋愛の選び方、これからの「恋愛」の話をしよう。そんなあなたの恋のミカタ

 

意外に知らない恋愛の選び方

https://koinomikata.com/blog/20170707153227.html
ヒモ候補生。彼女にたかる男性の心理

ヒモ候補生。彼女にたかる男性の心理 | 恋のミカタ

恋のミカタ
ヒモ候補生。彼女にたかる男性の心理

彼女にたかる男性の心理として考えられることをまとめて見ました。



  • 彼女が金づると思っている
  • お金をあまり持っていなくてたかってしまう男性
  • 彼女のほうが収入が上で甘えてしまう
  • 自立できない男性
  • 紐になるかも女性次第

1. 彼女が金づると思っている

お金

彼女のことを金づるとしか思っていないヒモ願望の男性は正直に言って女性から見ても男性から見ても最低だと思うので今すぐにでも別れたほうがいいと思います。

ですがもしそれで下手に釣り合っているとしたらそれは完全に共依存になっているのかもしれません。

お互いに依存するのはやめよう

この状態は心理的にあまりいい状態ではないと思います。

お互いに依存しあって生きているので彼女は男に、男性はお金に、それぞれ依存しあっていた場合お金が無くなった時点で関係が切れてしまうことも考えられます。

こんな関係の場合は要注意

あまりいい結果にならないし長く関係を続けても損するだけです。 お金だけでつながっている関係は幸せとは言えないと思うのです。

男性はあくまでお金を必要としているだけで彼女を必要としていないのです。

立場の対等な恋愛がおすすめ

男性は彼女を格下の格下としか思っておらず、下手すると2番目、3番目以下の女くらいにしか思っていない可能性があります。

本命の彼女にはたからず本命以下の彼女、どうでもいい彼女だからたかれる、それはあまりにも女性をバカにしているし薄っぺらい関係性だと思ってしまいます。

それはもはやヒモ願望があるとしか思えないし、そのような男性で関係性であれば誰も幸せにはならないと思うのです。

2. お金をあまり持っていなくてたかってしまう男性

男性

男性が草食男児過ぎている場合は、最近の男性は特に多い傾向があるのかもしれませんが、一昔前の「男が女性にお金を払う、食事代を持つ」という傾向が減ってきたというのも考えられます。

最近は割り勘カップルが増えている

女性には払わせない傾向が一昔前はよくありましたが、今の時代は賃金格差がより大きくなり、不景気もあり割り勘が当たり前になってきています。 そして男性でも月に20万円以下の稼げない人が増えてきています。 若い世代ならなおさらだと思います。

3. 彼女のほうが収入が上で甘えてしまう

女性

男性よりも彼女のほうが収入が上な場合は、上でも述べた草食男児に加えて収入が彼女のほうが上だった場合、とくにたかりやすくなるのではないでしょうか。

彼女が医療関係者(例えば看護師で働いて数年たっている場合とか)の場合は、男性よりも女性のほうが収入が上なんてこともよくあるようです。

なので彼女の収入を知るほどの仲になった場合、そして自分より彼女のほうが収入が格段に上だった場合は男性はたかりたくなるのかもしれません。

基本的にたからせないのがベスト

彼女もお金を出してしまうと、のちのちそれが癖になり何度も何度もお金をせびるようになってしまう可能性があり、へたすれば半ヒモ状態になってしまう可能性があるため彼女は決してその誘いにのってはいけないと思うのです。

男性にたからせてしまったら最後、男性がダメ男君になってしまうこともあるからです。 お金を出してもいいのは、結婚した後、月々のおこずかいを渡す時だけのほうが良いとおもうのです。

それまでは何があっても彼女は男性にお金を出さないほうがいいし、男性にたからせてもいけないと思うのです。

4. 自立できない男性

男性

大人になっても自立しきれなかった場合、例えば男性がものすごいマザコンで、甘やかされて育った場合、大人になっても甘え癖が治らず、母親に普通に物を買ってもらうのが当たり前のように彼女にたかってしまう可能性があります。

このような男性ははっきり言って究極のダメ男なのでたかってきた時点でそく別れたほうがよいと思います。 このような男性はなかなか見かけませんが、ごくまれにいることもあるので要注意です。

紐になるかも女性次第

足アップ(男性・歩行2)

結論から言うと、彼女にたかる男性心理として考えられるのは、かかわる女性がどういう人かですべて決まってしまうのかもしれません。 たかることを許してしまう女性がいると、男性がだめになってしまうし、男性の育った環境や状況などでもたかるかたからないかが決まってしまう場合があるのです。 すべては女性次第なのかもしれません。


この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!