恋、ちゃんと選んでいますか?意外に知らない恋愛の選び方、これからの「恋愛」の話をしよう。そんなあなたの恋のミカタ

 

意外に知らない恋愛の選び方

https://koinomikata.com/blog/20170630153137.html
無口、口数が少ない男性の心理や特徴10選

無口、口数が少ない男性の心理や特徴10選 | 恋のミカタ

恋のミカタ
無口、口数が少ない男性の心理や特徴10選

女性に比べると、男性はあまり話をしないかもしれません。 しかし彼氏があまりに口数が少ないと、心配になる女性もいます。 では無口である男性の心理についてお伝えしたいと思います。

  • 日本語が下手
  • 恥ずかしい
  • よく考える
  • 話を聞くのが好き
  • 自信がない
  • 優しい
  • 一緒にいることが幸せ
  • 周りのものに関心がある
  • 話すのが面倒
  • 体で表現するのが得意

1. 日本語が下手

男性(メモ・座)

正しい言葉づかいがわからず、話をするとわけの中らない文法になってしまうことを恐れて無口になる男性がいます。

これは付き合い始めた頃に多く見られることで、「変な日本語を使って彼女に馬鹿にされたくない」とか「かっこいいところを見せたい」といった心理が働くことによります。

ボロが出るくらいなら話をしないほうが良いと感じ、無口を貫くのです。 しかしこのようなケースでは時間が経つにつれて話をしてくれるようになりますので、それほど心配する必要はありません。

2. 恥ずかしい

男性(暗・遮光窓際)

付き合い始めた頃はなんとなく恥ずかしさが先行してしまい、なかなか話ができないという男性がいます。

もともと男性は女性に比べると話すことが苦手であるために、付き合い始めた初々しいカップル間での会話が弾まない原因が男性にあるというケースは多々あります。

このような状況も時間が経てば改善されていきます。

3. よく考える

男性(考える・明)

何事もよく考えてから行動する人の中には、無口になる人もいます。 このような人はただ言葉を発するのではなく、そのときの状況にマッチしたベストな言葉を探します。

しかし場合によってはそのような言葉がスムーズに出てこないこともあります。 こうした状況では考える時間が多くなるために、無口になる時間も長くなります。

考えている表情が怒っている表情にも見えてしまうことがあり、女性の中には「自分の彼氏は無口でいつも怒っている」という印象を持ってしまう人もいます。

4. 話を聞くのが好き

男性(綺・爽・明)

自分が話をすることよりも、誰かの話を聞くのが好きであるという男性もいます。 このような男性は口数が少ないのが一般的です。

とりわけこれまでの人生の中で自分が中心となって話をするのではなく、リーダー的存在の話を聞く集団の中で育ったような場合、彼女と一緒にいても無口になることが多々あります。

このような人は話をしっかりと聞いてくれるために、無口ではあっても彼女に大きな関心を抱いてくれます。

5. 自信がない

男性(調べる4・本・モノクロ)

自分の話などつまらない、聞かせる価値などないと思ってしまう人もいます。 このような自信のなさは無口を生じさせます。

こうした男性に対し、女性は自信を持たせてあげることで無口を改善できます。 ちょっとした笑い話に反応してあげたり、「その話、もっと聞かせて」というなら、男性は自信を持つことができます。

6. 優しい

男性(楽1)

言葉選びが上手ではなく、変なことを言って相手を傷つけたくないと感じる男性の中にも、無口な人が多くいます。

このような人は女性の話しかけに対しては反応しますが、自分から話しかけることはあまりありません。

また言葉を発しても一言で会話を終わらせようとしたリ、「今変なこと言った?」と聞き返すこともあります。

このような優しさは女性にとっては嬉しいものです。 しかしもっと彼氏と話がしたいと思う女性は、それほど神経質にならずに話をしても問題ないことを彼氏に告げることができます。

7. 一緒にいることが幸せ

手アップ(繋ぎ11・恋人繋ぎ)

幸せの感覚は人それぞれ異なります。 ある人は好きな人とたくさんのことを話すことで幸せを感じるものです。

しかし中には好きな人と一緒にいるだけで幸せであると感じる人もいます。 このような感覚の持ち主は付き合っている人と一緒にいると幸せをかみしめたいために、無口になることがあります。

そのため話しかければ笑顔で返答してくれることも多く、彼氏がこのタイプの無口であるなら女性は彼氏が能動的に参加できる会話うことができます。

8. 周りのものに関心がある

男性(綺・座・明)

デート中に無口になる男性がいます。 もちろんデートはお付き合いしている男児が共に一緒にいる時間を楽しむ機会です。

しかし中には周りのことに大きな関心を示し、それが無口を生じさせることがあります。 一緒に訪れた観光地に目を奪われ、景色に夢中になってしまったり、美しい自然や星空などに感動して声が出ないという人もいます。

こうした状況は男性に多く見られるために、デート中に彼氏が無口になると感じる女性がたくさんいます。

9. 話すのが面倒

手アップ(書類メモ2)

これまで見てきたように、話しをするのが得意な人もいれば、そうでない人もいます。

話が得意ではない人にとって見れば、話題を探したり相手に不快な思いをさせない言葉を選ぶことは決して容易ではありません。

このような作業を面倒だと感じ、無口を貫く人もいます。 これまで人と話をする機会があまりなかった人や、無難な選択肢をチョイスすることに徹する人に見られる状況です。

10. 体で表現するのが得意

男女(ハグ・外)

言葉を発しなくても、ジェスチャーによって自分の思いを伝えることができます。 たとえば彼女の肩をそっと抱き寄せたり、目が合った時にニコッと微笑むなら、彼女を安心させることができます。

このような行動は場合によっては言葉で何かを告げることよりもしっかりと思いが伝わることがあります。 そのためこうした表現方法が得意な男性は、無口であることがあります。

しかししっかりと話し合いを持つべき場では自分の意見を述べることができるために、言葉を発することに抵抗を感じているわけではありません。 状況を見極め、ふさわしく行動しているのです。

女性に比べると、男性はあまり話をしないかもしれません。 しかし彼氏があまりに口数が少ないと、心配になる女性もいます。 では無口である男性の心理についてお伝えしたいと思います。


男性(メモ・座)

正しい言葉づかいがわからず、話をするとわけの中らない文法になってしまうことを恐れて無口になる男性がいます。

これは付き合い始めた頃に多く見られることで、「変な日本語を使って彼女に馬鹿にされたくない」とか「かっこいいところを見せたい」といった心理が働くことによります。

ボロが出るくらいなら話をしないほうが良いと感じ、無口を貫くのです。 しかしこのようなケースでは時間が経つにつれて話をしてくれるようになりますので、それほど心配する必要はありません。

男性(暗・遮光窓際)

付き合い始めた頃はなんとなく恥ずかしさが先行してしまい、なかなか話ができないという男性がいます。

もともと男性は女性に比べると話すことが苦手であるために、付き合い始めた初々しいカップル間での会話が弾まない原因が男性にあるというケースは多々あります。

このような状況も時間が経てば改善されていきます。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!